ドイツ軍の初期の快進撃を支えた38(t)です。第一線を退いた後も車体は自走砲に重宝しました。

キットはだいぶ前に頂いたものです。小さな箱組みがちゃんとできて素敵なのに、分厚いキャタが残念なキットです。

でも見方によっては、デフォルメちっくで可愛かったりします。
部品が少ないから簡単に組みあがり、直ぐに塗装に入れて病みつきになりそうです。

キャタの調整程度しかしてませんが、キューポラまわりは手を入れるべきでした。

ターレットのナンバーが大きすぎる? 調べてみたら実車もこんなものでした。字の形もそっくりで フジミのキットを見直しました。





隠し味にピンクのパステルを。影の部分に少しばかり。冷たい感じの車体色にはどこかに暖色を。単調さを補ってみました。

作品が小さくて、僕のコンパクト・デジカメではシャープな画像が撮れません。腕のせい?

Nov.05.2007