■ 俳句 選評 ■
種村 季弘

 全体として今年の応募作は、大人も学生も、どうも説明的な、そうでなければ様式の枠内にこじんまり収まった句が多く、ポエジーに乏しいような気がします。