第六回 駿河梅花文学賞 作品募集のご案内

昔から内外の詩人に愛されてきた梅は、長くきびしい寒さをしのぎ、春にさきがけて清雅な香りを放ちながら、凛然と開花します。当大中寺の梅園も、明治三十一年に造成されて以来、平成十年度をもって丁度百年をむかえました。そこで、これを記念して「駿河梅花文学賞」を設け、清新芳醇な魂の表現として詩歌を公募し、顕彰して、きたるべき詩の世紀を切りひらくための一助としたいと思います。どうか、ふるってご応募下さい。
 
梅花文学大賞 (1冊)30万円
◎賞
平成14年10月1日から平成15年9月30日までに刊行された詩集・句集・歌集を対象とします。公募はいたしません。第五回は四元康祐氏『世界中年会議』が受賞されました。
 
梅花文学賞
一般の部 各種目につき入賞2作品、それぞれに賞状および3万円
児童生徒の部 各種目につき入賞2作品、それぞれに賞状および商品券1万円。及び(株)リコー賞。
(高校生以下)
両部門、秀逸の各種目10作品に対し賞状および記念品。商品券3千円(大人を除く)。また以上の秀逸から選ばれた作品に対し産経新聞社賞、静岡新聞・SBS静岡放送賞が贈られます。

◎応募規定
種目 現代詩(50行以内) 1編 選考委員 那珂 太郎 高橋 順子
短歌 3首 選考委員 春日井 建 笠原 淳
俳句 3句 選考委員 真鍋 呉夫 種村 季弘
HAIKU(英語俳句) 3句 選考委員 加島 祥造  
B4判400字詰め原稿用紙をご使用下さい。(ワープロ可)
氏名(ふりがな)・年齢・生年月日・住所・職業・(学校名・学年)・所属結社・電話番号を明記下さい。
応募作品は未発表のものに限ります。返却は致しません。梅花文学賞の出版権は大中寺に帰属します。

◎応募期間 平成15年5月1日〜9月30日(当日消印有効)
◎投稿料 1種目1口(現代詩は1篇、短歌は3首、俳句・英語俳句は3句)につき2,000円
(定額小為替または現金書留)を添えて送って下さい。
(何口でも可、ただし高校生以下は無料)
◎送付先 〒410−0006
静岡県沼津市中沢田457 大中寺「梅花文学賞」事務局
E-mail : baika@daichuji.com
http://www.daichuji.com
◎入選発表 平成16年2月初旬の静岡新聞紙上に掲載し、入賞者に直接通知いたします。
◎贈賞式 平成16年2月11日(水)・大中寺(当日は梅見の会が催されます)
◎主 催 駿河梅花文学賞実行委員会
◎後 援 沼津市教育委員会・産経新聞社・静岡新聞社・SBS静岡放送・(株)リコー
◎協 賛

花のハナモリ・匠処藤・お茶の山二園・敷島食品・ギャラリータケイ
勝沼醸造・綾市商店・ホテルセタスロイヤル

▲ この頁のトップに戻る ▲