[CD] [シングル] [アルバム] [オリジナル曲] [ざねっち] [カラオケ] [図書室] [トップに戻る]


藤圭子カバー曲リスト
(全176曲、EP・LP時代)

○印はCD化された89曲(CDディスコグラフィー参照)

→CD・BOX「コンプリート・シングル・コレクション」収録
→CD・BOX「聞いて下さい私の人生」(BVCK-37085〜90)収録
→CD選書HIT・COLLECTION(BVCK-37032)収録
→CD選書POPS・COLLECTION(BVCK-37033)収録
→ファーストアルバム「新宿の女」(CD選書はBVCK-38056)収録

[ア]  [カ]  [サ]  [タ]  [ナ]  [ハ]  [マ]  [ヤ]  [ラ]  [ワ]
  [歌謡浪曲]

★「新宿の女」私の好きな曲ランキング編へ★

ア行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(ア)
哀愁の街に霧が降る 山田真二(日本ビクター)1956 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
会津磐梯山 福島県民謡 シングルEP「みちのく小唄」のB面曲
愛ひとすじ 八代亜紀(テイチク)1974 「命火」
赤い靴 童謡、1921、野口雨情作詞、本居長世作曲 「聞いて下さい私の人生」
赤坂の夜は更けて 西田佐知子(日本グラモフォン)1965 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
アカシヤの雨がやむとき 西田佐知子(日本グラモフォン)1960、当時を代表する曲で、多くの歌手達によってカバーされている 「藤圭子演歌を歌う」、全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
赤と黒のブルース 鶴田浩二(日本ビクター)1955 全集(7)「巷歌」、「藤圭子ブルースを唄う」、「黒い花びら」
浅草しぐれ 海津栄(徳間音工)1982 「蝶よ花よと」(リバースター)
朝日のあたる家 アニマルズ(東芝)1964 「藤圭子リサイタル」
熱海の夜 箱崎晋一郎(東芝音工)1969 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」、「哀愁酒場」
熱海ブルース 由利あけみ(日本ビクター)1939 「圭子の人生劇場」、「藤圭子ブルースを唄う」
あなたのブルース 矢吹健(テイチク)1968 「新宿の女」、「藤圭子ブルースを唄う」
網走番外地 高倉健(テイチク)1965、(但し、「藤圭子演歌を歌う」と「藤圭子オン・ステージ」以外は「圭子の網走番外地」というタイトルで石坂まさを作詞のオリジナル。CD収録曲も「圭子の網走番外地」) 「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子オン・ステージ」(以下「圭子の網走番外地」収録アルバム…「圭子の人生劇場」、「知らない町で」、「演歌の旅 緋牡丹博徒」、全集(3)「任侠」、「聞いて下さい私の人生」、「緋牡丹博徒」)
雨がやんだら 朝丘雪路(CBSソニー)1970 全集(6)「恋心」、「女の意地」
雨のしのび逢い クールファイブ(RCAビクター)1974 「命火」
雨のブルース 淡谷のり子(日本コロムビア)1938 全集(7)「巷歌」、「藤圭子ブルースを唄う」、「藤圭子演歌の世界」、「黒い花びら」
逢わずに愛して クールファイブ(RCAビクター)1969 「新宿の女」、「夜とあなたが」
あんたがたどこさ わらべ唄 「圭子のわらべ唄」
(イ)
池袋の夜 青江三奈(日本ビクター)1969 「藤圭子演歌を歌う」
潮来笠 橋幸夫(日本ビクター)1960 「藤圭子演歌を歌う」
命かれても 森進一(日本ビクター)1967 「新宿の女」
いっぽんどっこの唄 水前寺清子(クラウン)1966 全集(7)「巷歌」、「黒い花びら」
(ウ)
うしろ姿 矢吹健(テイチク)1969 全集(6)「恋心」、「女の意地」
うすなさけ 中条きよし(キャニオン)1974 「命火」
うそ 中条きよし(キャニオン)1974 「命火」
裏町人生 上原敏/結城道子(ポリドール)1937 「圭子の人生劇場」
怨み節 梶芽衣子(テイチク)1972 「演歌の旅 緋牡丹博徒」
(オ)
大利根月夜 田端義夫(ポリドール)1939 全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
奥飛騨慕情 竜鉄也(バップ)1980 「螢火-右・左-」(CBSソニー)
お座敷小唄 松尾和子/マヒナスターズ(日本ビクター)1964 「藤圭子演歌を歌う」
おばこマドロス 野村雪子(日本ビクター)1956 全集(4)「港灯」、「藤圭子演歌の世界」、「南国土佐を後にして」
おふくろさん 森進一(日本ビクター)1971 「夜とあなたが」
おもいで酒 小林幸子(ワーナーパイオニア)1979 「さよなら藤圭子」
女ですもの 矢吹健(テイチク)1973 全集(6)「恋心」、「女の意地」
女の意地 西田佐知子(ポリドール)1965 全集(6)「恋心」、「女の意地」
女のためいき 森進一(日本ビクター)1966 「藤圭子演歌を歌う」
おんなの宿 大下八郎(日本コロムビア)1964 「遠くへ行きたい/演歌の旅」、全集(5)「憂愁」、「藤圭子演歌の世界」、「霧の摩周湖」、「涙唱!」
おんな道 浜真二(東芝音工)1970 全集(7)「巷歌」、「黒い花びら」、「哀愁酒場」
カ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(カ)
かえりの港 藤島桓夫(マーキュリー)1955 「さよなら藤圭子」
かえり船 田端義夫(テイチク)1946 全集(4)「港灯」、「藤圭子演歌の世界」
籠の鳥 千野かほる作詞、鳥取春陽作曲、1923 「圭子の人生劇場」
カスバの女 エト邦枝(テイチク)1955 「新宿の女」、「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子オン・ステージ」、全集(7)「巷歌」、「黒い花びら」
かぞえうた(ひとつとや) わらべ唄 「圭子のわらべ唄」
かもめ町みなと町 五木ひろし(徳間音工)1972 全集(4)「港灯」、「南国土佐を後にして」
唐獅子牡丹 高倉健(ポリドール)1966 「演歌の旅 緋牡丹博徒」、全集(3)「任侠」、「藤圭子演歌の世界」、「緋牡丹博徒」
川は流れる 仲宗根美樹(キング)1961 全集(1)「故郷」、「南国土佐を後にして」
(キ)
祇園小唄 藤本ニ三吉(日本ビクター)1930 「圭子の人生劇場」、全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
傷だらけの人生 鶴田浩二(日本ビクター)1970 「演歌の旅 緋牡丹博徒」、全集(3)「任侠」、「緋牡丹博徒」
北国の春 千昌夫(徳間音工)1977 「涙唱!」
北国行きで 朱里エイコ(ワーナーパイオニア)1972 「遠くへ行きたい/演歌の旅」
北航路 森進一(日本ビクター)1974 「命火」
ギター仁義 北島三郎(日本コロムビア)1963 「聞いて下さい私の人生」
北の螢 森進一(ビクター音産)1984 「蝶よ花よと」(リバースター)
北の宿から 都はるみ(日本コロムビア)1975 「さよなら藤圭子」
君恋し ニ村定一(日本ビクター)1928、フランク永井(日本ビクター)1961 「圭子の人生劇場」
君こそ我が命 水原弘(東芝音工)1967 全集(6)「恋心」、「夜とあなたが」、「女の意地」
兄弟仁義 北島三郎(クラウン)1965 全集(3)「任侠」、「藤圭子演歌の世界」、「緋牡丹博徒」
兄弟船 鳥羽一郎(クラウン)1982 「蝶よ花よと」(リバースター)
今日でお別れ 菅原洋一(日本グラモフォン)1969 全集(6)「恋心」、「女の意地」
京都の夜 愛田健二(日本グラモフォン)1967 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
霧のエトランゼ シルビア・リー(日本ビクター)1973 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
霧の摩周湖 布施明(キング)1967 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
銀座カンカン娘 高峰秀子(日本ビクター)1949 「藤圭子演歌を歌う」
(ク)
くちなしの花 渡哲也(ポリドール)1973 「命火」、「哀愁酒場」
暗い港のブルース ザ・キングトーンズ(ポリドール)1971 全集(4)「港灯」、「藤圭子ブルースを唄う」、「南国土佐を後にして」
クラリネットをこわしちゃった 元はフランスの童謡で、1963年頃シャンソン歌手の石井好子さんが翻訳して紹介 「聞いて下さい私の人生」
黒い花びら 水原弘(東芝音工)1959、(第1回レコード大賞受賞曲) 「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子オン・ステージ」、全集(7)「巷歌」、「黒い花びら」
(コ)
布施明(キング)1967 全集(6)「恋心」、「女の意地」
恋のドライブ 城千景(日本ビクター)1970 「知らない町で」
恋のハレルヤ 黛ジュン(東芝音工)1967 「藤圭子リサイタル」、全集(6)「恋心」、「女の意地」
恍惚のブルース 青江三奈(日本ビクター)1966 「夜とあなたが」
湖愁 松島アキラ(日本ビクター)1961 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
この愛に生きて クールファイブ(RCAビクター)1972 「遠くへ行きたい/演歌の旅」
この胸のときめきを 元々はカンツォーネを、ダスティー・スプリングフィールド、エルビス・プレスリーらがカバーし、1970年に日本でも大ヒット 「藤圭子リサイタル」
ゴンドラの唄 松井須磨子、1915、吉井勇作詞、中山晋平作曲、のちに黒澤映画「生きる」(1952年公開)の挿入歌としても話題に 「圭子の人生劇場」
サ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(サ)
盛り場ブルース 森進一(日本ビクター)1967 全集(7)「巷歌」、「藤圭子ブルースを唄う」、「黒い花びら」、「哀愁酒場」
さすらい 克美しげる(東芝音工)1964(75年に同名のオリジナル曲あり) 全集(3)「任侠」、「緋牡丹博徒」
放浪船 森進一(日本ビクター)1972 全集(4)「港灯」
さらば友よ 森進一(日本ビクター)1974 「命火」
ざんげの値打ちもない 北原ミレイ(東芝音工)1970 「藤圭子リサイタル」
淋しいから 中尾ミエ(日本ビクター)1966 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
(シ)
叱られて 童謡、1920、清水かつら作詞、弘田龍太郎作曲 「聞いて下さい私の人生」
下町育ち 笹みどり(クラウン)1965 全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
忍ぶ川 川中美幸(テイチク)1984 「蝶よ花よと」(リバースター)
島のブルース 三沢あけみ/マヒナスターズ(ビクター)1963 全集(1)「故郷」、「藤圭子ブルースを唄う」、「南国土佐を後にして」
島原の子守唄 宮崎耿平が1950年頃に作った新民謡、後に古関裕而らに見出され、1957年、古関の編曲で島倉千代子(日本コロムビア)が歌う 「圭子のわらべ唄」
十三夜 小笠原美都子(テイチク)1941 全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
出世街道 畠山みどり(日本コロムビア)1963、藤圭子の歌の原点にしてデビューにつながった曲。小学4年の頃、浪曲師の父の代役ではじめて唄う。後に中学3年の時「アザミの唄」の作曲家八洲秀章の目に留まり、薦められて上京した。 「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子リサイタル」、「藤圭子オン・ステージ」、全集(7)「巷歌」、「藤圭子演歌の世界」、「黒い花びら」
城ヶ島の雨 奥田良三(ポリドール)1939、北原白秋作詞、梁田貞作曲 「聞いて下さい私の人生」
知りすぎたのね ロス・インディオス(ポリドール)1968 全集(6)「恋心」、「女の意地」
知床旅情 加藤登紀子(ポリドール)1970、森繁久弥が60年に自ら作詞、作曲で世に出した名曲 全集(1)「故郷」、「南国土佐を後にして」
人生劇場 楠木繁夫(テイチク)1938、村田英雄(日本コロムビア)1959 「圭子の人生劇場」、「藤圭子演歌の世界」
(ス)
好きだった 鶴田浩二(日本ビクター)1956 「藤圭子演歌を歌う」
すきま風 杉良太郎(CBSソニー)1976 「螢火-右・左-」(CBSソニー)
鈴懸の径 灰田勝彦(日本ビクター)1942 「圭子の人生劇場」
棄てるものがあるうちはいい 北原ミレイ(東芝音工)1971 全集(7)「巷歌」、「黒い花びら」
すみだ川 東海林太郎/田中絹代(ポリドール)1937 全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
(セ)
船頭小唄 栗島すみ子、1921、野口雨情作詞、中山晋平作曲 「圭子の人生劇場」
タ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(タ)
他人船 三船和子(ミノルフォン)1966 「涙唱!」
旅姿三人男 ディック・ミネ(テイチク)1939 全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
旅笠道中 東海林太郎(ポリドール)1935 全集(2)「艶姿」、「藤圭子演歌の世界」、「明治一代女」
旅の終りに 冠二郎(日本コロムビア)1977 「螢火-右・左-」(CBSソニー)
誰もいない 菅原洋一(日本グラモフォン)1968 全集(6)「恋心」、「女の意地」
誰もいない海 トワ・エ・モア(東芝音工)1970 「聞いて下さい私の人生」
(テ)
大田(テジョン)ブルース 内田あかり(CBSソニー)1984(同時期、青江三奈も競作) 「蝶よ花よと」(リバースター)
(ト)
東京流れもの(曲のみ) 竹越ひろ子(キング)1965、(但し、詞は石坂まさをのオリジナル) 「新宿の女」、「演歌の旅 緋牡丹博徒」、全集(3)「任侠」、「緋牡丹博徒」
東京ブルース 西田佐知子(日本グラモフォン)1964 「藤圭子リサイタル」
遠くへ行きたい ジェリー藤尾(東芝音工)1962 「遠くへ行きたい/演歌の旅」、全集(1)「故郷」、「聞いて下さい私の人生」、「南国土佐を後にして」
遠くはなれて子守唄 白川奈美(ワーナーパイオニア)1971 「遠くへ行きたい/演歌の旅」
通りゃんせ わらべ唄 「圭子のわらべ唄」、「さよなら藤圭子」
どじょっこふなっこ 東北地方のわらべ唄、1961 「圭子のわらべ唄」
ナ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(ナ)
長崎から船に乗って 五木ひろし(ミノルフォン)1971 全集(4)「港灯」、「南国土佐を後にして」、「さよなら藤圭子」
長崎は今日も雨だった クールファイブ(RCAビクター)1969 「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子オン・ステージ」
長崎ブルース 青江三奈(日本ビクター)1968 「新宿の女」、「藤圭子ブルースを唄う」
長崎物語 由利あけみ(日本ビクター)1939 「圭子の人生劇場」
長良川艶歌 五木ひろし(徳間ジャパン)1984 「蝶よ花よと」(リバースター)
啼くな小鳩よ 岡晴夫(キング)1947 「藤圭子演歌を歌う」
浪花節だよ人生は 細川たかし(日本コロムビア)1984(同時期木村友衛らも競作) 「蝶よ花よと」(リバースター)
なみだ恋 八代亜紀(テイチク)1973 「命火」
涙のかわくまで 西田佐知子(日本グラモフォン)1967 全集(6)「恋心」、「女の意地」
涙の酒 大木伸夫(日本グラモフォン)1964 「哀愁酒場」
なみだの操 殿さまキングス(ビクター音産)1973 「命火」
南国土佐を後にして ペギー葉山(キング)1959 「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子オン・ステージ」、全集(1)「故郷」、「南国土佐を後にして」
(ネ)
ネリカン(練鑑)ブルース 作者不詳だが1960年頃守屋浩が吹き込んでるらしい?また1959年には法務省から製作、販売中止の要請も受けている。 「演歌の旅 緋牡丹博徒」、全集(3)「任侠」、「藤圭子ブルースを唄う」、「緋牡丹博徒」
ハ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(ハ)
波止場女のブルース 森進一(日本ビクター)1970 全集(4)「港灯」
波止場町 森進一(日本ビクター)1972 「遠くへ行きたい/演歌の旅」、全集(4)「港灯」
花いちもんめ わらべ唄 「圭子のわらべ唄」
花と蝶 森進一(日本ビクター)1968 「新宿の女」、「夜とあなたが」
浜辺の歌 歌曲、1916、林古渓作詞、成田為三作曲 「聞いて下さい私の人生」
(ヒ)
ひとり酒場で 森進一(日本ビクター)1968 全集(7)「巷歌」、「黒い花びら」、「哀愁酒場」
ひとり寝の子守唄 加藤登紀子(キング)1969 全集(7)「巷歌」、「黒い花びら」
緋牡丹博徒 藤純子(RCAビクター)1969 「演歌の旅 緋牡丹博徒」、全集(3)「任侠」、「緋牡丹博徒」
琵琶湖周航の歌 加藤登紀子(キング)1971、元歌は大正7年制定の旧制三高ボート部寮歌 全集(1)「故郷」
(フ)
舟唄 八代亜紀(テイチク)1979 「螢火-右・左-」(CBSソニー)
(ホ)
星の流れに 菊池章子(テイチク)1947、「リンゴの唄」と並んで戦後を代表する曲。当初、淡谷のり子が歌う予定だったが退廃的な歌詞に難色を示し、菊地章子が代わりに唄って大ヒットとなる。 「新宿の女」、「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子オン・ステージ」、全集(7)「巷歌」、「藤圭子演歌の世界」、「黒い花びら」
骨まで愛して 城卓矢(東芝音工)1967 「夜とあなたが」
マ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(マ)
マイ・ウェイ 布施明(キング)1978、フランク・シナトラによる1969年の大ヒット曲のカバー 「聞いて下さい私の人生」
(ミ)
みちづれ 牧村三枝子(ポリドール)1978 「さよなら藤圭子」、「螢火-右・左-」(CBSソニー)
みちのくひとり旅 山本譲二(キャニオン)1981 「螢火-右・左-」(CBSソニー)
港が見える丘 平野愛子(日本ビクター)1947 「藤圭子演歌を歌う」
港シャンソン 岡晴夫(キング)1939 「さよなら藤圭子」
港の別れ唄 クールファイブ(RCAビクター)1971 全集(4)「港灯」、「南国土佐を後にして」
港町ブルース 森進一(日本ビクター)1969 全集(4)「港灯」、「藤圭子ブルースを唄う」、「南国土佐を後にして」
宮城の子守唄 宮城県民謡? 「圭子のわらべ唄」
(メ)
明治一代女 新橋喜代三(ポリドール)1935 全集(2)「艶姿」、「藤圭子演歌の世界」、「明治一代女」
夫婦鏡 殿さまキングス(ビクター音産)1974 「命火」
夫婦坂 都はるみ(日本コロムビア)1984 「蝶よ花よと」(リバースター)
(モ)
もずが枯れ木で 1935年、サトウハチロー作詞、徳富繁作曲。反戦的メッセージを秘めた素朴な唱歌。戦後、歌声運動の中で全国に広まる。石原裕次郎もカバー。 「圭子のわらべ唄」、「さよなら藤圭子」
ヤ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(ヤ)
矢切の渡し ちあきなおみ(日本コロムビア)1976、細川たかし(日本コロムビア)1983 「蝶よ花よと」(リバースター)
柳ヶ瀬ブルース 美川憲一(クラウン)1966 「新宿の女」、「藤圭子ブルースを唄う」
山口さんちのツトム君 川幡啓史(日本コロムビア)1976、斉藤こず恵(フィリップス)1976 「聞いて下さい私の人生」
山寺の和尚さん わらべ唄 「圭子のわらべ唄」
(ユ)
有楽町であいましょう フランク永井(日本ビクター)1958 「藤圭子演歌を歌う」
雪が降る アダモ、1964 「聞いて下さい私の人生」
湯島の白梅(婦系図の歌) 小畑実/藤原亮子(日本ビクター)1942 「圭子の人生劇場」、全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
夢追い酒 渥美二郎(CBSソニー)1979 「涙唱!」
夢は夜ひらく(曲のみ) 園まり(日本グラモフォン)1966、藤田功(=曽根幸明)&愛真知子(テイチク)1966、バーブ佐竹(キング)1966、緑川アコ(クラウン)1967
最も成功した競作曲。それぞれ異なる詞が与えられ、以後も多くの歌手が自分の持ち歌としている(ちあきなおみ、青江三奈、八代亜紀など)。「圭子の夢は夜ひらく」はそれらの中で最もヒットし、藤圭子の代表曲となっている。CD収録曲も当然ながら「圭子の〜」である。
「新宿の女」、「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子リサイタル」、「藤圭子オン・ステージ」、「演歌の旅 緋牡丹博徒」、全集(8)「出発」、「聞いて下さい私の人生」、「歌謡劇場」、「ビッグ・ショー」、「さよなら藤圭子」
(ヨ)
宵待草 高峰三枝子(日本コロムビア)1938、(元歌は1917年、竹久夢二作詞、多(おおた)忠亮作曲) 「聞いて下さい私の人生」
ラ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(ラ)
ララバイ東京 田辺靖雄(日本ビクター)1968 全集(5)「憂愁」、「霧の摩周湖」
(リ)
リンゴの唄 並木路子(日本コロムビア)1946 「藤圭子演歌を歌う」、「藤圭子オン・ステージ」
リンゴの花が咲いていた 佐々木新一(キング)1966 全集(1)「故郷」
リンゴ村から 三橋美智也(キング)1956 全集(1)「故郷」、「藤圭子演歌の世界」
(ル)
流転 上原敏(ポリドール)1937 全集(2)「艶姿」、「明治一代女」
(ロ)
浪曲子守唄 一節太郎(クラウン)1963 全集(3)「任侠」、「藤圭子演歌の世界」、「緋牡丹博徒」
ワ行
曲名 元歌の歌手(所属)発売年など 収録LP
(ワ)
別れの朝 ペドロ&カプリシャス(ワーナーパイオニア)1971 「遠くへ行きたい/演歌の旅」
別れの一本杉 春日八郎(キング)1955 全集(1)「故郷」、「藤圭子演歌の世界」、「南国土佐を後にして」、「涙唱!」
別れの波止場 春日八郎(キング)1956 全集(4)「港灯」
《 補 遺 》
歌謡浪曲
曲名 作詞/作曲/編曲 収録LP
滝の白糸 室町京之介/岡千秋/森岡賢一郎 「ビッグ・ショー〜演歌・浪曲・おんなの涙」
刃傷松の廊下 藤間哲郎/桜田誠一/池多孝春 「歌謡劇場」
番場の忠太郎 藤間哲郎/桜田誠一/池多孝春   〃
大利根仁義 藤間哲郎/猪俣公章/池多孝春   〃
石松三十石船 門井八郎/佐伯としを/市川昭介   〃
涙の荒神山 藤間哲郎/市川昭介/池多孝春   〃
花の浜松屋 藤間哲郎/曽根幸明/市川昭介   〃
お吉物語 藤田まさと/陸奥明/池多孝春 「歌謡劇場」、「さよなら藤圭子」
妖艶八百屋お七 岩瀬ひろし/六つ見茂明/市川昭介 「歌謡劇場」

[NHW-Libraryトップ] [New Hikki's World] [新宿の女]

Copyright(C) 2001-2002, NHW-Library. All Rights Reserved.