違反キップへのサイン

 

「争うこと=キップへのサイン(&押印。以下同)を拒否すること! 」
「サインした=もう争えない。争ってもダメ!」

 という迷信がそうとう根強くはびこっているように思われる。
 迷信は捨てよう。

 サインは、その書類に書かれた内容を認めるかどうか、ってこと。
 キップのサイン欄には、
「私が上記違反をしたことは相違ありません。事情は次のとおりであります」
 というふうに小さく印刷され、「事情」を簡記する狭いスペースがある。
 そこにそのままサインだけすれば、
「違反したことを認めた。言うべき事情はなかった」
 ということになるのである。

 こういう手続きでは、「主張が首尾一貫している」とか「主張が転々と変遷して借信できない」とかいう言い回しがよくつかわれる。
 たとえば、測定値について争いがあるのに、「違反したことは相違ありません」という欄にサインすれば、あとで、
「あんた、現場では容疑速度を認めてるじゃないか。いまさらナニ言ってんだね。いよいよ免許取り消しになるとわかって、急にゴネたくなったの?」
 なんて言わせる余地を当局に与えてしまう。それは運転者の不利になる。
 したがって、もしも運転者が取り締まりに何らかの不服があり、あとで正式裁判で争おうと思う(思うかもしれない)なら、サインはすべきではない。

 サインするかどうかは任意(運転者の自由)であり、かつ、応じるか断るかの二者択一ではない。
 「私が上記違反を……」の部分を二重棒線で消すなどしてからサインすることもできる。
 また、容疑は事実だけど何か不服があるという場合、「事情は次のとおり……」のあとに自分で不服の要旨を書き入れることもできる。

 そういうことを知らず、また知っていても「サインしないと帰さない」「他の違反でもキップを切る」などと警察官から言われ、命じられるがままキップにサインしてしまうケースは多い。「サインしちゃったらもうダメだ」という迷信もあるようだ。
 しかし、サインしたら争えないとか、あとで争っても勝てないとか、そういうことは必ずしもない。
 サインしたけれど「不起訴」(
FAQ「(3)検察庁」参照)になった人はたくさんいる。サイン欄にどう対処するかで、不利になることもあるけれど、それのみで結果が決まるわけではないのだ。
 もちろん、主張がどうだろうが、キップを始め一切のサインに応じない、というやり方をとり、結果、不起訴になる人もいる。

 サインを断っても、あとで反省して反則金を払う(あるいは略式で罰金を払う)ことはできる。
 ただ、都道府県によっては、サイン拒否=否認事件との扱いなり、サインを取れなかった警察官は否認事件用のメンドウの書類の作成を強いられることになるようだ。

 サインのことについては、念のためFAQ「黙秘権」も見ておいてね。

 

トップページへ  FAQの目次へ  FAQの最初のページへ