トップページへ

2011年11月6日更新  

行政処分のほうは
 

おおよその流れは以下のとおりです。
処分の執行まで、基本的には、
運転者がキップにサインしたかどうか、
違反容疑は事実かどうか、
といったことは関係ありません。

 

 

取り締まりが行なわれる

※キップ審査の係を経て……。

 

 

点数が警察のコンピュータに入力される

※もみ消しの多くは書類がここへ行く前に抜くそうだ。
※「刑事処分の結果が出るまで点数は入力しない」旨言われ、
実際入力されないケースもたまにある。

 

 

累積が処分の基準に達していたら
「処分するから出頭せよ」と通知する
※90日以上の免停および免取り処分の基準であれば、
意見の聴取についての通知をする。
「意見の聴取」で処分が
軽減されることもある
※処分の通知がくるまでの期間については、こちらを。
※「
違反者講習
」の対象者には、その講習の通知をする。
※処分は「違反した」者を対象としているが、

取り締まりの警察官が作成した書類に不備がなければ、
行政処分においては「違反した」と認定する。

 

 

運転者の出頭を得て処分を執行
※30日、60日の停止処分については、
処分執行後、希望者は直ちに、
いわゆる短縮講習(「
停止処分者講習」)を受けられるのが普通。
※「意見の聴取」があったときはその場で執行。
いわゆる短縮講習は後日となるのが普通か。

 

 

不服があれば行政不服審査法にもとづき「不服申立」
これは無料。
このページ参照。
 

 

不服申立の結果に不服なら裁判
※処分の取消を求める裁判は、
訴状に貼る印紙が1万3000円。プラス予納郵券6000円分。
裁判所は“現金予納”を勧めてます。
※損害賠償を求める裁判で訴額が5万円までなら、
印紙は1000円。プラス予納郵券6000円分。

 

FAQの目次へ  FAQの最初のページへ