DbUtilsメモ

DbUtilsはApache JakartaプロジェクトのサブプロジェクトであるJakarta Commonsで開発が進められているコンポーネントで、JDBCをベースにしたDBアクセス用ユーティリティの集合体、といった感じものです。これまでDbUtilsはSandboxの方に入っていましたが、2003/11末(2003/11/25?)2003/11/11に1.0がリリースされました。

2003/12/13訂正
The Jakarta Site - News and Status(http://jakarta.apache.org/site/news.html)で確認したら2003/11/10に1.0のリリースがアナウンスされていました。

★DbUtilsのホームページ
Commons DbUtils - JDBC Utility Component(http://jakarta.apache.org/commons/dbutils/)


現在この分野ではO/RマッピングやDAO(Data Access Object)が脚光を浴びてますが、このDbUtilsはそれらとは違います。上記ホームページには、DbUtilsはSmall/Transparent/Fastを念頭において設計されており、O/Rマッピングツール, DAOフレームワークではない、とあります。実際使ってみると、導入が簡単で、JDBCを知らなくてもSQLを知っていれば、DBをアクセスするプログラムコードが書けそうです。そのくらいJDBCをラップしたコンポーネントになっています。

このメモの内容

以下、サンプルコードを書きながら試した内容をまとめておきます。興味がある方はご覧ください。
1. 検索処理の概要
2. 更新処理の概要
3. ヘルパークラス群
4. 独自のResultSetHandlerを作ってみる-MyArrayPageHandler-
5. 独自のResultSetHandlerを作ってみる-MyArrayPageHandler-(その2)

リソース

注意・その他


HomeMail to kikuta@da2.so-net.ne.jp 最終更新:2003/12/26