----------------------------------------------
すごい!大正解!!
stephanie3
2000年3月19日11時28分
松本様、さすがです!!
そうです。私のほしいものは【誰も聞いたことのない音階を奏でるオルガン音源】です。初めて読んだときから、一体どういう音階なのか、気になって気になって仕方がありませんでした。

土屋先生
廃棄されていないかと心配しているのですが、押し入れの奥にでもしまいこんでいらっしゃいませんか?

松本様も興味をもたれているようなので、もしお持ちであれば、松本様に何か演奏していただいて、それを録音し、謝礼にしていただけると、私は本当に嬉しいのですが。しかし、これを喜ぶのは私だけかしら?(ちょっと心配)


----------------------------------------------
惜しい
kenji_ts
2000年3月20日2時51分

驚きの正解! これだけの直観をこんなことに浪費するのは惜しい。

オルガンは、音源の部分を自作した。当時は、音源ICがなく、発振回路を作り、この周波数を分割して12音を出す装置を単純なICを組合せて作った。これをパソコン(当時はマイコンといっていた)のキーボードで制御するものだった。ちゃんとした鍵盤を中古で買おうと物色していたところだった。理論的には正確に12音階ができるはずだったが、実際に鳴らしてみると、ドレミファがドレミファに聞こえなかった。日本の空気が合っていないのかと思う。鍵盤を買ってなかったのが、不幸中の幸いだった。これは数年前、マイコンとともに妻の手により処分された。


----------------------------------------------
オルガン
Homei_Mat
2000年3月20日7時3分
土賢さま
そのオルガンがちゃんとしたドレミファに聞こえなかったのは、オルガンが土屋菌に感染したからです。感染する前は、きっと素晴らしい音程だったのでしょう。

ところで、もう無いというのは、寂しいですね。わたしも20年前に使っていたバイフェイズというエフェクターを、妻の手により、5年ほど前処分されたのですが、最近プレミアムが付いて、もっていれば結構高く売れたらしい。くやしい!!!!

stepanie3さま
オルガンのほうでしたか。あなたさまのことですから、てっきり会社のプリンターを壊して仕事ができなくするように『プリンター破壊ソフト』を所望されたのだと思いましたが。


----------------------------------------------
残念だわ・・
stephanie3
2000年3月20日10時11分
もう無いと思うと、何でも価値のあるもののように思えてしまいます。
ただ「知りたい」と思っていただけのものなのに、あると思っていた銀行の預金残高がゼロになった人と電車で乗り合わせたような気分になってしまいました。

それにしても土屋先生といい、松本様といい、家庭のなかでどのくらいの権限をお持ちか、この書き込みからもよくわかりますね。

松本様、実は会社のプリンターは既に絶不調なのです。
レーザープリンターはソーター機能がうまく働かないし(どこのトレイに排紙されるかわからない)カラープリンターに至っては、うまく印刷できると「どうして印刷できたのか?」と首をかしげる状態がつづいています。
「プリンター破壊ソフト」を導入すれば正常に戻るかもしれませんね。
しかし、その結果、爆発でもしたら、弁償できずにクビになる可能性もあるので非常に悩むところです。


----------------------------------------------
200GET!
himawarihimawari
(女性/大阪)
2000年3月20日17時20分
すいませんねぇ・・・意味のない、ナンバーゲット投稿で。

それにしても、よくぞここまで続いたものです。

いつぞやも書きましたけれども、「土屋トピック」というのは、
ここ、一年半ほど、時々は現れるのですが、すぐに消滅するトピックだったのです。土屋先生を褒め称え、尊敬の言葉が満ちあふれる、土屋教徒のトピックでした。ひとめ、先生に見せて差し上げたかった(100%お世辞)。

今回のこのトピックは大ヒット。常にこのカテゴリのトップに君臨し続けています。
これからも、この勢いで続きますよう。書くことがなくなったら、「あ」とか「い」だけでもいいですよね。


----------------------------------------------
「あ」
qten_evc
2000年3月20日17時27分
「い」。


----------------------------------------------
出た
himawarihimawari
(女性/大阪)
2000年3月20日19時6分
qten_evcさん、初めまして。

こういう書き込みが増えると、このトピックの品位が向上しますね。

行間から、言いたいことが、よく読みとれます(行間ないけど)。


----------------------------------------------
祝 200件突破
gazoh
(22歳/男性/札幌市)
2000年3月20日19時21分
まさかこのトピが、200件をこえるなんて思いませんでした。この調子だったら、『やっぱり沢木耕太郎!』のトピの件数を越える日も、あっという間ですね。
今日(3月20日 春分の日)いったい先生は、何してたんでしょうか?原稿に追われてたんでしょうかねぇ〜このトピが今後益々、質(?)と量ともに充実したトピに、なっていってほしいもんです。

特に意味は無いんですけど、個人的に面白いと思ったので、載せてみました。ひょっとしたら、土屋病患者かもしれません。
http://www5.airnet.ne.jp/hiro_k/Report/repo_top.cgi


----------------------------------------------
サーバ応答せず。
Aertsen
(29歳/男性/京都市)
2000年3月21日8時11分
 ギターもよくされる先生に、このようなことは釈迦に説法、あるいは学生に授業、のような気がしますが電子オルガンの調性は整数比の自然律だった、ということはないのでしょうか。あるいは「ドレミファ」と声が出ることを期待されていた、ということは。
 そもそも、その「誰も聴いたことのない音階」という矛盾した物件は、どの本に出てるのか分からずにおります、stephanie3さま。土屋ファンの一人として、記憶力のなさは誰にもひけを取らないつもりです


----------------------------------------------
音階
Homei_Mat
2000年3月21日8時59分
考えてみると、私たちが正しいと思っているドレミファは、平均率のドレミファで、これは言ってみれば一番正しくないドレミファなので、もしかすると、土賢氏のオルガンは、純正調かピタゴリアンだったのではないでしょうか。和音を弾いたときとってもきれいだったと言うことはなかったでしょうか?もっとも和音がでなかったかもしれませんが。いずれにしても、そのオルガンの方が、正しい音階をもっていた可能性はあります。


----------------------------------------------

stephanie3
2000年3月21日9時3分
れも聴いたことのない音階を奏でるオルガン音源ですが、「われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う」に収録されています。お確かめください♪

それにしても、百年後・・・の件が土屋先生によってどのように検討されているのかが気になりますね。過去ログから察するに、今日は文春の締切日で、文章をひねりだされているころなのでは、と思いますが。


----------------------------------------------
二百回とオルガン
kenji_ts
2000年3月21日22時36分

二百件続いたという事実をどう受け止めるべきだろうか。もしこの掲示板が建設的なものだったら、二百回は続かなかっただろう。こう考えると、人間性について教えられるような気がする。この掲示板に書きこみをする者が人間性をもっているとしての話だが。

オルガンは、ちゃんと本で調べて分割比(たぶん平均律だった)を決めたから、その本が間違っていないかぎり、ちゃんとした音階に聞こえたはずだ。可能性としては、@わたしの音感が鋭すぎて、普通なら完璧な音階と聞こえるものが、わたしにはデタラメに聞こえた、A参考にした本が平均値と偏差値の解説書だった、B発振回路が不安定だった、など。


----------------------------------------------
存在しない本の名前
stephanie3
2000年3月22日20時39分

Aertsenさん、例のものは発見できましたか?「趣味は楽しい」の項です。探すのが面倒くさくて探していない方へ
文庫だとp116ですよ。

さて、聴いたことのない音階に思いを馳せているうちに、自分が「土屋先生がでっちあげた本」の名前シリーズが好きなのだということを思い出しました。(日頃全く忘れているところが他の人のファンと違うところです)個人的に一番好きなタイトルは「手編みとマントヒヒのいろいろ」(ツチヤの軽はずみ)なのですが、こういうタイトルをみると、なぜか自分でも作りたくなってしまいます。

「この夏の白色レグホン」

会の名称のときもそうだったのですが、自分で考えるものには「くだらない」以外の感覚がもてなくて、面白いのか、腹立たしいのか、さっぱりわかりません。思いついたときはちょっと楽しい、ような気がするのですが。うーん。


----------------------------------------------
ノイズなのか手編みなのか。
Aertsen
(29歳/男性/京都市)
2000年3月22日22時2分

 はい、発見できましたStephanie3さま。ありがとうございます。先生はノイズを作り出す才能がおありのようですので、もしかすると例の電子オルガンも求める周波数以外の全ての周波数成分が出ていたのではないかと思いました。もはや素人業とは思えません。人間性(の有無)が疑われる当掲示板も、先生の作り出されたノイズの一つかもしれません。奥様に処分される日も近い。


----------------------------------------------
ノイズ
Homei_Mat
2000年3月22日22時29分

今や音楽界はまともなものは受け入れられず、ノイズがもてはやされています。その意味では、この掲示板はもっともナウイ(久しぶりに聞いた?)掲示板でありますが、一番の敵は、『奥様』でしょう。わたしも含め、これの扱いには、世の男性諸君、悩みが多いのでは無かろうか?


----------------------------------------------
正弦波だけではつまらない kenji_ts
2000年3月23日2時12分

stephanie3のいうように、「手編みとマントヒヒのいろいろ」とか「この夏の白色レグホン」とか「アインシュタインとホルスタイン」など、名前を考えるのは楽しい。こういう遊びの中から、思わぬ真理が・・・思った通りのくだらなさが生まれる。

Aertsenのいうように、この掲示板が処分されるならまだいい(処分してほしいと思うほどだ)。わたしそのものが処分されなければよしとしなくてはならないだろう。

ほうめいの奥様は、彼にはもったいないほどの美人だ。その奥様に「悩みが多い」といっているとバチが当たると思う。CDが売れてないのがバチだ。

わたしに関する掲示板が他にもできたことを知った。
エキサイト掲示板トップ > カルチャー > 教養 > 土屋 賢二先生の本を読む会
だ。http://www.excite.co.jp/boards/folder?id=13:4
まだ、けがれていない掲示板だ。


----------------------------------------------
美人? Homei_Mat
2000年3月23日
6時40分
土賢氏の逆説的論法を十分理解しているはずのわたしの妻が、CDのライナーにもある同様の表現を、真に受けてしまったというのも悩みの一つです。

もっともバチはあたっているのでしょう。土賢氏と知り合ってしまったというのが、最大のバチでしょう。

エキサイトの掲示板はまだ汚染されていないようですね。先生が登場すれば、すぐ汚れますよ。汚しましょうか?


----------------------------------------------
Exciteからこんにちは
mJoh_san
(女性/高知)
2000年3月23日14時23分
はじめまして。Exciteで掲示板:『教養』:「土屋賢二先生の本を読む会」を作った者です。Yahoo!の掲示板の紹介を受けまして、お邪魔しております。

土屋先生、Excite掲示板の紹介をして下さっていたのですね。ありがとうございます。ここの発展ぶりはすごいですね。Excite掲示板は始めたばかりでまだまだ書き込みが少なく、寂しい限りです。題名が行けないんでしょうか。知らない方が見ると宗教関係と間違えられたりして・・・。

土屋先生の本についてですが、私にとって土屋先生のエッセイは、笑いを提供してくれるだけでなく、新しい物の見方を示し、感動を与えてくれるものなのです。感激のあまり、涙を流したことさえあります。

Homei_Mat様
土屋先生のご登場についてですが、掲示板がもっとにぎやかになってから、先生をお迎えしたく思います。Yahoo!とExciteで、まったく違う性質の掲示板になれば面白いですね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


----------------------------------------------
文春ネタバレ(?)注意。
Aertsen
(29歳/男性/京都市)
2000年3月23日19時11分
 Exciteの掲示板、確かにけがれてないと思いました。特に、まだ土屋読者ではない方の発言が。その方もこれから先生の本を読むらしいので、心配です。田舎育ちの娘を、東京に送り出す親の隣人の飼い猫の心境です。
 Homeiさまも悩みを抱えていらっしゃるとのことですが、私も三十の声を聴くようになり(幻聴ではなく)結婚をせかす親からのプレッシャーを感じる昨今です。結局のところ結婚はするべきなのでしょうか。先生の御意見を仰ぎたいところです。それに従うかどうかは、男らしく(または女らしく)自分で決める所存です。
 文春のエッセイは来週に続くのですね。「前回までのあらすじ」が楽しみです。先生が三角座りで体育を見学しておられる様子が、ありありと浮かびました。


----------------------------------------------
まったく違う掲示板?
Homei_Mat
2000年3月23日21時29分

mjoh_sanさま
土屋氏に対する認識が甘い!
彼が登場すると、またたくまに土屋菌が繁殖し、参加者全員が菌に犯され、この掲示板のような惨憺たる有様になります。まったく違う掲示板になどなりようがありません。

もっとも菌に犯されたこの掲示板の誰かが、そちらに行っただけで、相当の被害がでるとも思われます。そうなるのも時間の問題でしょう。覚悟してください。


----------------------------------------------
君は読んだか
kenji_ts
2000年3月24日2時5分

諸君、mJoh_sanのことばを読んだか。「私にとって土屋先生のエッセイは、笑いを提供してくれるだけでなく、新しい物の見方を示し、感動を与えてくれるものなのです。感激のあまり、涙を流したことさえあります」何度も読み返して恥じ入ってもらいたい。ここに良識が生きていたのだ。
 この掲示板を見て、Exciteの方を「まったく違う性質の掲示板」にしたいという気持ちは痛いほど分かる。「まったく違う性質」の意味が分かるか。ほうめいらよ。要するに、わたしおよび諸君の書きこみを断る、といっているのだ。何と気高いことか。だが、まったく違うものになりすぎて、「聖書を読む会」などになってしまわないかが、心配だ。


----------------------------------------------
結婚すべきだ
kenji_ts
2000年3月24日2時22分

Aertsenへ。
 残念ながら、次回には「前号までのあらすじ」はない。楽しみにしている人がいるとは知らなかった。いつか、「次号のあらすじ」を書いてみたい。

結婚については、ためらわず何度もしなさい、といいたい。結婚しないと、重要なこと(人生の苦悩、絶望、閉塞感など)を知ることができない。人間性についても、人間がいかに傲慢になりうるか、どこまで愚かになりうるかを何も知らないまま終わる可能性がある。結婚しない人生は、ダイオキシンの入っていないコーヒーのようなものだ。

美人妻をもつバチ当たりのほうめいの意見を聞きたい。


----------------------------------------------
認識
Homei_Mat
2000年3月24日8時51分

土賢ほどの方でも、自分のことに関して正しい認識を持つのは難しいのだと言うことがよくわかりました。わたしの妻が勘違いするのも無理ありません。mjoh_san氏も土賢ファンであることをお忘れのようです。その言葉の真意は、土賢ファンなら、きちんと理解していると思いますよ。(少なくともわたしは)

Exciteへの書き込みは、すでに終えました。わたしのすぐあとに、aertsen氏が来ていましたので、『聖書を読む会』にはもうならないでしょう。

aertsenさま
結婚は、土屋氏の意見にまったく同感です。人は苦労をしてこそ、一人前になるのです。
結婚は修行と言ってもよい。ぜひ艱難辛苦をなめてください。それを乗り越えた暁には、より立派な土屋教信者になっていることでしょう。


----------------------------------------------
教養の定義
stephanie3
2000年3月24日9時1分

土屋先生、本当によかったですね。ただでさえ少ない土屋ファンのなかに、mJoh_sanさまのような方がいらっしゃって。mJoh_sanさまが土屋先生の著書を全て読破し、この掲示板の過去ログを読まない間のこととはいえ、先生の心の支えになることは間違いありません。先生のためにも清らかな掲示板を継続させてください、と思ったら、もう、非常に不吉な影が2体もあらわれているじゃありませんか?前途多難ですね。

それにしてもexciteのカテゴリは難しいですね。「教養」に分類されていることに疑問をかんじ、その他のカテゴリを開けてみたのですが、「おけいこごと」「芸術・美術」「趣味」そのうえ「哲学」と無関係なカテゴリばかりです。「無意味」「蛇足」「他山の石」を「教養」だと解釈していいのでしょうか?


----------------------------------------------
オアシス
mJoh_san
(女性/高知)
2000年3月24日17時2分

Excite掲示板への書き込みが増え、誠に嬉しゅうございます。こちらの掲示板の過去ログは大量でしたが、頑張って一通り目を通しました。皆様の、土屋先生を愛する気持ちがひしひしと伝わってきました。土屋先生もとっても楽しそうですもの。私も頑張って、Excite掲示板が土屋先生にとって心のオアシスになるよう愛情溢れる掲示板にしていきたいです。土屋先生、待っててくださいね。

Excite掲示板には、チャットルームを設けてありますから、そちらの方もどうぞご利用下さいませ。


----------------------------------------------
妻からの伝言
Homei_Mat
2000年3月24日19時46分

わたしの愚妻より、土賢様に伝言を頼まれましたので、掲載いたします。

『私に美人という形容が付いて非常に困惑しています。思い出してみると、土屋先生には2回ほどお会いしましたが、2回とも目が開いているかどうかもはっきりしないような薄暗いライブハウスの中でした。そういえば、土屋先生もとてもハンサムでした。ただ、亭主と一緒にいるときは「美女と野獣」と表現されているだろうと思います。』

このような伝言を、「載せといてね!」とほざくような愚妻であります。悩みはつきないのであります。


----------------------------------------------
教養とは何か
kenji_ts
2000年3月24日23時37分

たしかに、奥様をお見かけしたのは薄暗いところだったし、しかも、ほうめいのピアノを聞かされたときだった。たぶん、ほうめいの横にいたから美人に見えたのかもしれない。そういえば、ほうめいの横にあった椅子も美しく見えた。しかし、わたしがハンサムに見えたのは、ほうめいの横にいたためではない。

Exciteへの書き込みが本会(会の名称を忘れてしまった)会員によってなされたことは残念だ。せめて向こうでは、ネコをかぶり通してほしい。

stephanie3の指摘通り、教養の中身は本質的にあいまいだ。これを身につければ教養になる、という明確な線がない。しかし本会の書きこみが教養の一部にはならないことはたしかだ。本掲示板が、文学や芸術に無関係なのと同じだ。


----------------------------------------------
ダイオキシンの入っていない女性求む。
Aertsen
(29歳/男性/京都市)
2000年3月25日2時25分
 勿体なくも御両名よりアドヴァイスを頂戴し、ありがとうございます。今度からは、思い切って意中の女性に「僕の一回目の妻になって下さい」と打ち明けようと思います。それにしても、こと結婚に関しては先生とほうめいさまが一致団結しておられることが非常に不気味です。おそらく、気のせいでしょう。
 Excite掲示板の方には、いたずら書きはしないようにします。すでに閉鎖を決めておられるかもしれませんが…。全く違った掲示板にするためには、リンクはまずかった。ネット上ではなく駅の掲示板に書くしかないかもしれません。


----------------------------------------------
閉鎖はしません
mJoh_san
(女性/高知)
2000年3月25日14時32分
皆様のExcite掲示板に関する書き込みを見ていると、自分のお人よし加減を笑われているようで、少し悲しくなりました。私はただ純粋に、自分の好きな土屋先生のエッセイを話題に、楽しくやりたかっただけなのに…。Yahoo!掲示板とのリンクだって、インターネットに慣れていない私にとっては、世界が少し広がったようですごく嬉しかったのに…。
Excite掲示板は、マイペースで育てていこうと思っています。温かく見守ってください。私は悪戯書きにも寛容ですから、ときどき遊びに来てくださいませ。


----------------------------------------------
え!?
stephanie3
2000年3月25日18時26分

mJoe_sanさん、exciteの掲示板をうまく運営してくださいね。本件はあちらにも書き込みしますね。それともう一度、この掲示板の書き込みを読まれては如何でしょう?参加者が名求会会長(私は覚えています)から、どれだけボロクソに言われているかを読めば、元気もでますよ。私が覚えている限りでも「カス」「不毛」「低レベル」と、書きたい放題です。

土屋先生へ
怒るのはまだ早い。実は私、今日、大型書店の哲学書のコーナーに置いてあった「棚哲」を、エッセイのコーナーに移してきました。結構距離があったので、万引き犯に間違えられないか、びくびくしました。ちなみに「棚哲」は(なぜか)置いてあったのですが、「猫ロボ」は(思ったとおり)置いてありませんでした。


----------------------------------------------
あららら
Aertsen
(29歳/男性/京都市)
2000年3月25日19時54分

 mJoh sanさま、悲しくならないで下さい。私の書き込みがまずかったようで、反省しております。単なる冗談ですので、もちろん閉鎖はしないで下さい。闖入した我々のせいで、誰も寄ってこなくなってしまったかと思ったためです。私はゆっくり時間の流れる掲示板も好きですし、あなたの真面目な感想にもパソコンの前で頷いております。
 どうも、うまく書けません。土屋掲示板で建設的な意見を書くことに抑圧があるのか。


----------------------------------------------
笑い者にしていません
kenji_ts
2000年3月26日2時23分

mJoh_san さん
名窮会会長として断言しますが、この掲示板に書きこんでいる連中には、あなたの「お人よし加減を笑う」者はいません。たしかに品性はないかもしれません。繊細さにも欠け、愚かです。哲学者に対する敬意もありません。それにたぶん貧乏で、恵まれない生活を送っています。しかし、全員、笑い者になるようなことこそすれ、人を笑い者にするような知恵のある者はいません。そう確信しています。

あなたの掲示板の成長を楽しみに見守っています。


----------------------------------------------
書店の見識
kenji_ts
2000年3月26日3時6分

Aertsenよ。ダイオキシンのない女は、女とはいえない。コーヒーのないコーヒーのようなものだ。そういう者を相手にして何になる。せいぜい幸福な生涯を送ることができるだけだ。ほうめいは「苦労しないと一人前になれない」といっているが、ほうめいを見ても分かる通り、苦労したからといって一人前になれるわけではない。一人前になるために結婚するのでなく、何の期待も抱かず、純粋に苦労するために結婚しなさい。

stephanie3よ。移動してくれてありがとう。欲をいえば、万引きを疑われる覚悟があるのだから、万引きしてくれてもよかった。
「猫とロボット」を出したときは、娯楽書のコーナーに置かれるのを心配したが、「棚から哲学」が哲学のコーナーに置かれることは予想しなかった。だが、わたしは誤解されるのには慣れている。それに、「棚から哲学」が哲学のコーナーに置かれたのは誤解だが、棚に置かれていた点では誤解ではないから、まだいい方かもしれない。


----------------------------------------------
返信
Homei_Mat
2000年3月26日7時2分

mjoh_sanさま
先生の仰る通りです。早くあなたのダイオキシンが活性化してくると良いですね。

Aertsenさま
苦労が多いほど小さな幸福を大きく感じることができるのです。

土賢さま
わたしは一人前ではなく二人前食べます。

stephanie3さま
もしどこかで私のCDを発掘したら、スマップかモー娘の隣に移動させてください。


----------------------------------------------
そうしたいのはやまやまなのですが。
stephanie3
2000年3月26日10時19分

>もしどこかで私のCDを発掘したら、スマップかモー娘の隣に移動させてください。

峰明様の「ALL OF YOU」をネットで購入した後も、 どこかに置いてあるのではないかと常に気にしているのですよ。しかし、今のところ発見できません。「つちのこ」と、どちらが先に発見できるか、微妙なところです。万が一、発見できたとき、移動させやすいように「LOVEマイシン」(愛のストレプトマイシン)や「故意の箪笥西都」(意味不明)に改題してくださると嬉しいのですが。改題ついでに曲もそれ風(愛のストレプトマイシンを感じるような曲)にしてくださると、売れないばかりか大恥をかいたうえ、一族郎党から見放されるでしょう。(多分)


----------------------------------------------
投稿が反映されるかもしれません
strath
2000年3月26日19時10分

お久し振りでございます。

現土屋独裁体制を打倒すべく、地下に潜伏すること幾星霜。案の定というかなんというか、わたしは当初の潜伏目的もすっかり忘れ、うっかり地上に出てみますとと・・・なな、なんと新しい土屋掲示板が!! さ、更に、とても土屋会長が書いたとは思えない、まるで人が変わったような優しい書き込み!! わたし、ほんと見直しました。と言っても、会長ご自身のことではなく、その書き込みをですが。是非、わたくしめにも優しいお言葉をかけていただきたいものです。
「これから毎週文春は送ってあげるよ」
とか
「わたし名義のクレジットカードをあげよう」
とか(笑)。


----------------------------------------------
また締め切りですね。
Aertsen
(29歳/男性/京都市)
2000年3月26日23時9分

 結婚については、先生から強く勧められた、ということだけ肝に銘じます。それでよろしいでしょうか。結婚しても。別に強迫しているわけではありません。
 形而上学的なダイオキシンは、繊細なMJohさまなどは比較的少なそうな気がしますが、それも私の若さゆえの誤解なのでしょう。一方、本物のダイオキシンは誰でも含有しているそうですので、女性は食べないことにしています。
 ところで本が、一応は棚に置いてあったのは確かに結構でした。本に棚が置いてあった場合、移動が難しいと想像されます(佐藤先生のお宅のように)。哲学のところにあったということは、書店の人は中身を読んでいないと思われます。信用できる書店かもしれません。「猫ロボ」は東京池袋まで行って苦労して入手しましたが、途中までで実家に忘れてきたのを思い出しました。


----------------------------------------------
採点が大変 kenji_ts
2000年3月27日2時17分

strathがいない間に、多少品性が向上する気配が感じられたが、また逆戻りだ。strathよ。「わたし名義のクレジットカードをくれ」というが、そういうムシのいいことをいうんじゃないっ! わたしだって、自分のキャッシュカードをもたせてもらってないのだ。

Aertsenのいう通り、今夜が締め切りだ。採点もしなくてはならない。こんな書きこみをしている場合ではないのだ。


----------------------------------------------
差異点が対辺
strath
2000年3月27日10時32分
土屋会長、
わたしの書き込みが、この掲示板を本来の品性に戻したとお誉めの言葉をいただき、大変恐縮しております。まだまだ未熟者ゆえ会長ご自身の「土屋な」品性には到底及びませんが、いち土屋者として今後とも精進させていただく覚悟です。これは個人的なことになりますが、キャッシュカードでさえ持たせてもらっていない会長の「賢二的」なご夫妻の関係を知るたびに、わたしと妻の現在の関係も満更ではないと少し生きる勇気が湧いてくることを慎んでご報告させていただきます。