愚弁 (現在、愚弁のサイトは無いのでとりあえず紹介です。)


 

愚弁

谷口和仁(唄、パフォーマンス)が主宰するユニット。
谷口のパフォーマンスは現代詩を主軸にしつつ
パンクであり、舞踏であり、繊細にして過激。
その谷口をまわりがサポートしたり、つぶしたり。
メンバーは流動的だが
最近はほとんどの場合

谷口和仁(唄、パフォーマンス)、カリマタM(fl,ss,voice)、立岩潤三(ds,perc)
時々 糸賀 淳(ds) になります。

高円寺のSHOWBOATを中心に都内、横浜のライブハウスで活動中。
たまに名古屋、関西方面へも出かけます。

愚弁ビデオ情報
ビデオ、愚弁ライブU〜そこから祖国はみえますか〜(\1000)

『70年代のロックやジャズっぽい演奏とともに谷口が歌唱込みのヴォイスと
舞踏込みの全身パフォーマンスを披露する。
中原中也、友川かずき、藤原信一郎などを参考詩として
言葉を昔のあぶらだこも思わせるヴォイスで発し、
顔と肉体の伸縮も使って”凡人のあがき”を全身全霊で表現。
セピア色の画質も生々しさを際立たせる。』
愚弁ライブU ミュージックマガジン10月号より

ビデオ、愚弁ライブV〜生き残ったからだ掻いでゐる(山頭火)〜(\1000)

問い合わせ 044−754−9174(骨骨レコード)


トップ・ページにもどる。