治療について

りんご鍼灸院の治療は鍼灸治療です。
すなわち鍼を刺してお灸をします。
そして理想は「私が行きたい鍼灸院」です。

☆よく受ける質問をあげてみました☆

1.「鍼って痛くない?」


一番多い質問です>笑

『鍼は刺されても感じないこともあります』

蚊に刺されても気づかないことが多くありませんか。
それと同じで鍼を刺してもわからないことが多いです。

でも、蚊に刺されている瞬間がわかる時もあります。
それと同じで、痛い時もあります。

私の使う鍼はほぼ髪の毛と同じ細さです。
鍼の直径は0.18〜0.2mmです
それを0.3〜0.5mm身体に入れます。

(ぎっくり腰などの疾患や必要がある時に
太い鍼(0.24)を5cmほど入れることがあります)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.「お灸って熱いんでしょ?」


次に多い質問です。

『チクッと熱く感じます』

鍼と違い、感じない、ということはないと思います。
チクッと感じるようにお灸をしていますから。

私のお灸はお米の粒と同じぐらいのお灸です。
艾(モグサ)をひとつひとつ指でお米の粒にして置いていきます。
それを燃やして燃えきる前に取っています。
・・・わかりますか・・・?

体感してみないとわからないのですが、
一応お伝えするためにトライしてみました↓


@まず皮膚に紫雲軟を麺棒で塗ります。

(紫雲軟=花岡青洲の作った軟膏です)

Aその上に指で捻ったお灸を載せます。


B線香で火をつけて燃やします。


Cもぐさに火がつきました!

指で消しに向かっています。

D指で火を消します。

艾が燃えきらないうちに火を消しているので
上半分は燃えていますが、下は燃えずに残っています。
痕が残ったり、やけどの心配もありません。

このお灸を一人1回の治療で250〜300壮程度行います。
(初診の患者さんは少なめに行います)
ひとつひとつに治るように気持ちを込めて
載せて、燃やして、消しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのほかによくある質問は・・・

「それじゃあ指が熱いんじゃありませんか?」

『熱いですよ?素手ですもの』 
>笑

でも、ほんの一瞬、指で空気を遮って消すので、
実はそう熱くありません。
ただいつも、指に消した後のヤニが黒く残っています。
(私は鍼灸師の勲章だと思っていますが、
子どもが「ママの指のコゲ、取れないの?」と時々言います)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「このお灸、とっても大変じゃないですか?」
これは患者さんにも聞かれますが、
同業の方からは必ずというほど聞かれる質問です>笑

『大変とか、面倒とは全く思いません』
・・・だからできるのでしょうが、
患者さんを治療する時に、
一度も面倒だと思ったことはありません。
あまりにも度々聞かれるから、よ〜く考えてみたら・・・
確かに自分には面倒であまりやりません。(^^;


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「もっと簡単なお灸でもいいんじゃないの?」

『これが一番効くと思っているからです』
広く浅くお灸の成分が身体に沁みこむ
とてもいい方法だと思っています。

お灸もワンタッチ灸と呼ばれる簡便なものがたくさんあります。
(たまたま手元にあるものだけでもこれぐらい)

載せて火をつけるタイプのお灸です。
煙も匂いもほとんどないタイプもあります。
(患者さんがお家で簡単にできてとても便利です)

今はこのワンタッチ灸も使わず
電気であたためる温灸器を使う鍼灸院も多くなってきました。
電気なら、患者さんもお灸の煙くさくならないし、
部屋は汚れないし、空気もクリーンといいことづくめ。
また、鍼灸師がお灸を使いたくても、
都心では、近隣から煙や匂いの苦情や
ビルの規制などでお灸を燃やせない鍼灸院もあります。

世の中こんなに便利になり
何でもすぐ手に入るように見えるけれど、
本当にそうなのでしょうか。
料理も治療も同じで
かけた手間と時間と愛情の差はあるように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「なぜこのたくさんのお灸が効くと思ったの?」

『私の月経痛に一番効果があったから』です。

子どもを3人産んでも月経痛が辛かった私は、
(当時まだ身体を冷やしすぎていました)
鍼灸専門学校時代から先生方に聞いたり、
本で調べたり、いろいろ試しました。
鍼と灸、ツボの場所、その度実験していました。
痛みが2〜3時間収まる方法は他にもありました。
しかし、即効性と持続力を断トツに
感じたのがこのお灸でした。

時々、他の治療を取り入れたりしますが、
このお灸をやめることはないように
今は思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の理想

最初に「私の行きたい治療院」と書きました。
それは
治療は痛くも熱くもなく、気持ちよく、
きれいで清潔なアメニティで、
価格はリーズナブル、
治療者は親切で丁寧、
身体についての質問に、きちんと答えられて、
大事にしてくれる治療院です。

そして適当な期間で通院すれば、
いつも元気に過ごせて、
仕事がバリバリでき、
遊びもばっちり楽しめて、
楽しく明るく生活できる身体を創る力を持てる。

そんな治療院を目指しています。

治療室の様子
をちょっと覗いて見る

戻る