【りんご流 月経痛の治し方】

【上級編】
 1.布ナプキンのススメ
  @はじめに
  A布ナプ、どこが良いの?
  B布ナプはエコ♪
  C布ナプの洗濯
  D布ナプの購入
  E布ナプを使ってみて
  F布ナプを洗うのは?
  G紙ナプの心配
  H紙ナプの落とし穴
  I布ナプの長所まとめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2005年11月16日(水)

@はじめに

「布ナプキン?ありえな〜い」と
ちょっと引いちゃう人もいると思うけれど、
私も全部を布ナプにしてから、まだ半年ほど。

数年前に知った時には、
考えられない!と思い、
紙ナプキンと違って洗うことを考えただけで、
頭がクラクラしました。

だから、今の貴女がもしそうなら、
すぐ始めなくてもいいと思います。
ただ、ちょっと「やってみてもいいかも?」と思えた時に、
後押しできれば、うれしいです。


今は娘と二人で“布ナプ派”になりました。
私が使い始めた頃に、軽く勧めると、
「量があるからゼッタイ無理!」と
強く言っていた小6の長女が、
量の少ない時に試しに使い始めたら、
だんだん嵌ったようで、
『布ナプの方がイイの』と
今は家にいる時は布ナプを使い、
量が減ると外でも布ナプを使い、
ちゃんと自分で下洗いをするようになりました。
(今は忙しいから無理しないで
紙ナプにしたら、と言っているのに・・・)


明日からは「布ナプ、いけるかも?」と
思えるお話ができればと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A布ナプどこがよいの?

ズバリ、肌につけている快適さが違います。

mixiの布ナプキンのコミュニティを読むと、
(mixi:SNS=ソーシャルネットワークのひとつ。会員数100万人突破8/1時点)
紙ナプでかぶれで困った経験から
布ナプを試してみようと思う方が多いようでした。


布ナプの使用に慣れてくると、
「よくもまぁ今までこんな野蛮なものを使っていたなぁ」
・・・なんて、これまでの紙ナプの便利さへの
感謝も忘れて思ってしまうほど。

洗濯物もロクにたたまない娘が
布ナプを洗うのも、
どうも「こっちが気持ちイイ」からのようです。

布ナプは
とにかく着けていても快適♪です。

「漏れない?」という不安が次にくると思いますが、
その心配はいらないと思います。
紙ナプの進化ほどではないのかもしれませんが、
布ナプも進化していると思います。
ホントに大丈夫なんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2005年11月18日金曜日 11:00

B布ナプはエコ♪

私が布ナプが好きな一番の理由。
『ゴミがでない』

毎回の月経の度に、
「あ〜あ・・・こんなにゴミ出しちゃって」と
思うことはありませんか?

毎回、紙ナプのゴミをまとめる時、
胸がチクチク痛みました。
月経の度に出るゴミに
申し訳ないと思っていました。

仕方ないとは思いつつ・・・
ゴミに捨てていました。

でも、布ナプは洗って何回でも使えます。
ゴミ、ゼロ。

(^ ^)ウ(^。^)レ(*^o^)シ(^O^)イ

すごく得した気分。

ケチな私にはこのお得感が快・感♪

月経の苦痛がひとつ、減りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2005年11月22日火曜日 10:30

C布ナプの洗濯

拒絶反応を示す方はコレが一番の理由では?

今までポイッと捨てればよかったのに、
面倒だし、大体、洗濯なんかして落ちるもの?
・・・って思いますよね。
私もそう思ったんです。

その心配を払拭したのは、りんごの患者さんであるJさん。
たまたま話題に出したら、
なんと使い始めて3年以上という大先輩。
『ぜんっぜん!ヘーキですよ(^▽^) 』
・・・(・_・) えー?・・・←私

だってJさんは、
りんごの患者さんの中でも、
5本の指には入るぐらいの超多忙なキャリアウーマン。
日に12時間ぐらい普通に会社にいるような方です。
それなのに3年以上も布ナプオンリーだと言うのです。

『アルカリウォッシュ(洗剤)につけておけば、
きれいに落ちますよぉ〜全然大丈夫ですよ (*^▽^*)』
それは生協でも買えると教えてもらいました。

ホントカヨ・・・?
彼女ができるなら、
私がやらないのは超ズボラみたい。
私なんてほとんど家にいるわけだし。
大体、考えてみれば
オムツを何十枚も毎日洗っていた時もあったのだから、
月経の時期ぐらいはできるはず。

やっぱり知人のお奨めは一番強力ですね。
私は、Jさんの
『ぜんっぜん!ヘーキですよ(^▽^) 』の
力強い声に励まされて、
布ナプの購入に踏み切ったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2005年11月28日月曜日 9:30

D布ナプの購入

「いいお産の日」イベントや
「マザリングフェスタ」で布ナプの販売を
見たことはあるけれど・・・、
実際にどこで買えるの??

これも患者さんのJさんにお勧めのショップを教えてもらいました。
ネットショップなので、手軽に購入できます。
いろんなお店がありますが、
実際に私が買ったことのある2つのショップを
ご紹介します。
かわいらしくてすぐ欲しくなるかも(=^_^=)
↓↓↓        ↓↓↓
ブルーベルさん   アンダンテさん

まだ近くのスーパーやドラッグストアで
売っているものではないので、
ネットショップで購入される方が多いようです。

手作り派の方も結構多いようです。
(私はできませんが)

購入する時は、初心者には
「羽つき」のスナップタイプがやはり便利です。
ハンカチみたいに折って使うタイプは、
価格がお手ごろで、干す時にも目立たず良いです。
でも、トイレでうっかり落としそうになるので要注意です(^.^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2005年11月29日火曜日 9:30

E布ナプを使ってみて

かわいい布ナプを準備して、
いよいよ布ナプデビュー♪

あと心配はズレない?モレない?

なのだけれど、
布ナプ歴3年目のJさんに引き続き、
患者さんで布ナプ歴1年目のZさんの存在を発見。
二人が『大丈夫』というので、
買ってみて、使ってみたのですが、
ズレとモレについて、
全く問題はありませんでした。
紙ナプと同じぐらいの気遣いで大丈夫でした。

筋腫のある方は月経血量が多いから、
心配という方も多いと思うのですが、
Zさんは、筋腫があるからこそ、
月経量を自分で確認するために
布ナプを始めたそうです。

便も自分で確認すると健康チェックになりますよね。
それと同じで、
自分の月経血がどんな月経血だったかを確認するには、
布ナプは向いていると思います。

そして、『昔の女は出来ていた』にもあったように、
なるべくトイレで月経血を出そうと意識するようになります。
(昔の女性は紙ナプなんてありませんから、
尿と同じで月経もトイレで出していたのです。)
これは身体の機能を高めることにもなります。

ちょっと前までのナプキンなしでいられるのは難しいけれど、
ナプキンを減らす、ぐらいのことならできそう・・・
使って6ヶ月。
少しずつ布ナプにつける月経血を減らしています。
月経にチャレンジしながら、
自分の身体に向き合うのは楽しいです(*^・^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2005年11月30日水曜日 22:30

F布ナプを洗うのは?

洗うのは大丈夫かなぁ?
落ちるのかなぁ?

やはり心配だったのですが、
思ったよりもそれほど大変なことではありません。
確かに、ポイッと捨てるよりは、
ちょっと手間ではあります。

でも、すぐなら落とすのもそれほど大変ではありませんし、
大変でもアルカリウォッシュに一晩つけておけば、
キレイに落ちます。

自分でも意外だったのは、
洗う作業に“癒し”も感じることでした。

こんなに血が出るって、
身体も大変なんだろうナー。
今月もどうもありがとう・・・なんて、
身体に感謝の念が湧いてきました。

カラダに向き合う、
自分の体に感謝する、
ほんの少しの時間を持てて、
それがとても良いことだと感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2005年12月5日月曜日 9:00

G紙ナプの心配

布ナプを使い始めた方に、
かぶれでお困りの方も多いそうですが、
紙ナプキンが怖い、ということをおっしゃる方もいます。

私はそちらの専門でないので、
以下は“井戸端のおしゃべり”レベルとして読んでください。

あのスッーと吸収し、
モレない、ムレない(実際にムレる人は多いようです)
現代の社会生活には欠かせないように思う、
進化した紙ナプキン。
あの優れた製品には様々な化学的な物質が含まれている。
それらのものが粘膜を通して
私達の身体に吸収され、
それがより婦人科疾患を増やしている。
・・・そういう見方をする方もいらっしゃいます。

病気が人体に入ってくるルートは、
主に身体に開いている穴(口腔、鼻腔、膣口、肛門)からです。
この中では、口腔が一番使う頻度が高いのですが、
人の身体は非常によく出来ていて
口腔から入った毒類は、
強い胃酸などによって人体の奥まで入りにくくなっています。

しかし膣口については、
外敵に対する防御力が弱いそうです。
適温でかつ湿度が高い場所で、
外敵からは快適な環境です。
ショーツを履くのは身体によくない(ムレるから)という
お国もあるそうです。
(海外に住む知人はおばあちゃんに教えられたから夜は履かない、
という話を聞いたことがあります)

考えてみると、日本で
紙ナプキンが一般的に誰でも使うようになって、
まだ40年ぐらい??でしょうか。
紙ナプが高機能になってまだ15年ぐらいだと思います。

今の婦人科疾患の増加は、
紙ナプと無縁とは言えないかもしれません。
(もちろんそれだけとはないと思いますが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2005年12月5日月曜日 13:00

H紙ナプの落とし穴

買って使って捨てるだけ。
毎月毎月“捨てる”行為が私には苦痛でした。
それでも、なかなか布ナプの利用は、
思いつきませんでした。
紙ナプの利用が“当たり前”で
布ナプは無理だと思いこんでいたからです。

買って使って捨てるだけ。

そうやってずっと過ごしていると
気にしなくなるのではないでしょうか。
月経も来ちゃったから出してるだけ。

「痛いけど、いつもそうだから」
「月経血にカタマリがあるけど気にしない」
「いつ来るか全然わからないけど別にいいや」
・・・そんな風に、月経に対して
無関心になりやすくなっていないでしょうか。

でも・・・そうやって、
気にしてもらえなかった女性生殖器が、
限界を超えてしまい、
多くの女性達に訴えているのかもしれません。
現在40歳以上で子宮筋腫が
4人に一人あると言われています。
婦人科疾患を抱える女性は年々増加傾向にあります。

冷え、ダイオキシン、ストレス、
電磁波(携帯電話や電磁調理器)・・・
原因はひとつではないこともきっと多いでしょう。

月経と向き合うために、
自分の身体から出したものを観察してみる。
ナプキンを洗ってみる。

試してみた方から、
とても楽しいことだとわかるように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2005年12月7日水曜日 18:00

I布ナプの長所まとめ

【かぶれが少ない】
肌の弱い方に特におすすめです。
紙ナプキンよりも肌にやさしいと、
使った人には好評です。

【経済的】
長女の月経が始まったら、
紙ナプキン代が倍では済みませんでした(^.^;;;
(心配で何度もトイレに行くせい?)
でも、布ナプなら最初のイニシャルコストは発生しますが、
繰り返し使えるので、とても経済的です。

【環境に優しい】
ゴミ、ゼロです。
1回の月経でも結構な量のゴミになりますね。

【観察できる】
洗う必要があるので、
どうしても自分の月経血を見ることになります。
何を食べたか、どういう生活をしたかで、
月経血は変わります。
生活を振り返るきっかけにできます。

自分の月経を見直すために、
とても役に立つ布ナプは、
長所がたくさんあります。

「面倒かもだけど、ちょっと試してみようかな?」と
思って実践する貴女は、
“上級者”に昇級です☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
布ナプのススメ編 終了

上級者編 2(2006年春予定)へ

トップへ戻る