婦人科疾患についての想い

月経を面倒で辛くて痛い、
赤ちゃんが欲しくても授からない、
出産は痛くて辛く、
40歳代前後では内膜症や子宮筋腫を持ち、
50歳代では更年期障害で悩まされる・・・
そんな女性は年々増えています。

子宮なんてあるだけ面倒ではないかしら?
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
ちょっと考えて下さい。

人類の高度な技術と知識をも
凌駕する自然の力を秘めている
一番賢い臓器が子宮ではないでしょうか。


その素晴らしい子宮が、
なぜ貴女を苦しませる必要があるのでしょう?

もし、貴女に辛い症状があるとしたら、
それは子宮が貴女の身体を守るために、
教えてくれているのではないでしょうか。

このままでは危ない、と。

生命を生み出す子宮は、
母体を守る力が最も強いのではないでしょうか。

そんな身体に誠実な子宮に、
薬で症状を抑えたり、
人工的な排卵を誘発したりして、
それは身体を騙そうとしていることならないでしょうか。

薬局で買う薬やサプリメントを飲むより、
病院で処方される薬を飲むより、
高度な不妊治療を受けるより、
手術を受ける前に・・・
貴女ができることがあると私は思います。

誰も全部はできませんが、
できることから一緒に始めてみませんか。

きっと、まだ大丈夫。
貴女の子宮はとても賢いのです。


*病院への通院を否定しているのではありません。
みなさん婦人科で経過をみたり定期検診を受けています。

私も身体のことがわからずに、子宮腺筋症になりましたが、
身体の賢さを思い出し、身体を助ける努力をしました。
その結果、1年で症状も病態もなくなりました。
(詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい)



トップに戻る