講談とは? 神田陽子プロフィール 日本講談協会 写真館 ミニ講談中継 スケジュール リリース リンク
講談とは?
500年の伝統芸、リズムをつけて話す、自分のことばで話す、一息で長く話す、大きな声でしっかりはっきりと、
張り扇をたたきながら、遅速・緩急・高低56通り、肺や声を鍛えることで「あっ出ちゃった」ということがある、
地名・人名はボカシてはいけない・・・等

講談は落語と並ぶ日本の話芸。
ところで講談と落語の違いは何?というと、落語が台詞を中心とした演ずる話芸であるのに対し、講談は説明の入る、伝える話芸であるということ。
落語がウソの世界の面白い話に徹しているのに対して、講談は事実のフリをして話を面白く伝えるということです。
共に元祖はお寺の説教の技法にあり、拍子木や釈台は仏具と共通しています。
元々説教というのは仏の話を面白く分かりやすく話し教えるというものであり、それを笑わせる話として特化したものが落語、伝える話として特化したものが講談ということになります。

講談とは寄席で演じられ、喜びと悲しみ、笑いと涙を語る、わが国独特の伝統話芸です。
本来「講釈」とも呼ばれて、軍記や政談、世話物などさまざまなジャンルに分類することができます。
人生の教訓、皮肉、転機、生きる知恵が盛り込まれたものが多い事も特徴です。


色々な文献、サイトにて上記のような内容などが数多く書かれていますが、講談は決して難しいものではありません。
色々な解釈はあると思いますが、一度知って頂ければその深み、面白さにやみつきになると思います。
演目としては忠臣蔵や怪談などの時代物が多い為、古風な言葉遣いや台詞回しもあります。
しかし新たな試みで現代物の演目などにもどんどんチャレンジしており、新たな講談・親しみやすい講談を目指し、
神田一門皆それぞれがひと工夫もふた工夫もして講演を行っています。


最近の高座では若い方の姿を見受けることも多々あり嬉しい限りでございます。
見て・聞いて・その雰囲気を体で感じていただき、素直な反応をしていただければ、それが私共の励みになります。

一度高座に来ていただき、少しの元気と少しの勇気を是非皆様にお分けしたいと考えております。