English Lesson Plan 56th                                                    Oct. 18, 2005
  
 ◎この授業は『「ENGLISH  TIME 1」』(外山節子著 2002年 オクスフォード大学出版局)を主教材としている。
    テキスト→「ENGLISH  TIME 1」、CD→「付属CD」、ポスター→付属ポスター、を指すものとする。
1 language Focus
  Colors( black, orange, white,gree ) Holloween(Black cat,Orange pumpkin,White ghost.etc)
2 Function
 
   ハロウィーンに関する色を英語で言うことができる。
3 Materials Needed
  
 CD『Halloween Colors』『Witches, Whitches』(Carolyn Graham 『 HOLIDAY   JAZZ  CHANTS』オクスフォード大学出版局より)
  フラッシュカード(Black cat, Orange pumpkin,White ghost. Black, Orange,White,Green,等のチャンツに登場する11個の
  物と色のカードを用意。)

  Min                                         Contents                         Notes
  7
 1 Chants    『Halloween Colors』
「今日はハロウィンの歌を練習するよ。」とめあてを言う。その後、以下のような手順で、進める。
@歌の順番にカードを取り出して見せ、英語で言わせる。
A取り出したカードは、子供たち一人に一枚ずつ持たせる。
B1番の歌詞の8枚のカードが出たら、「先生が言ったカードを挙げてください。」と言い、教師はアカペラで一番を歌う。カードを持った子供たちにそれを挙げさせる。
C「今度は、カードを挙げながらその言葉を言ってください。」と言い、教師はアカペラで一番を歌う。カードを持った子供たちにそれを挙げさせて同時に言わせる。
D「今度は、みんなも一緒に言ってください。」と同様に一番を歌う。このころになると、たくさんの子供たちが一緒に歌ってくれる。
E「2番があります。」といって、2番の歌詞に登場する3枚のカードを取り出す。
F2番も、1番と同じように練習させる。
G「テープに合わせて歌ってみよう。」とCDをかけ、一緒に歌う。カードを持った子供たちには、歌詞に合わせてカードを挙げ下げしてもらう。


歌を正確に歌うことが主たる目的ではない。厳密に言葉を指導するよりも、リズムに乗って楽しく言葉を唱えさせることが大切。
「自分で言えそうなところだけ言っていいんだよ。」と積極的に声を出すことを促す。
歌おうとしている子供たちを、できるだけほめること。
   5
 2 Dance   『Witches Witches』        
「とても簡単なダンスです。先生のまねをして一緒に踊ってみよう。」と、まねをさせて練習する。
@横を向いてゴーゴーのような格好で踊る。
A横を向いてゾンビのような手の格好をして歩く。
B正面を向いて、両手を開きふらふらさせて、クラゲのお化けのポー ズを取る。
 一回練習をしたら、すぐにCDを流して一緒に踊る。


まず、教師自身が楽しく、オーバーアクションで踊る。少しでも動い子供たちは大いにほめて終わる。

 Back