English Lesson Plan 25th                                                   Dec 14 , 2004
1 language Focus  
 Sh! Be quiet! / Sorry. / That's okay.     チャンツ ”Christmas Colors    Christmas Sounds”
2 Function
 
   静かにしてもらいときの会話を英語で言うことができる。   
クリスマスチャンツを楽しむ
3 Materials Needed
  
テープChristmas Colors    Christmas Sounds』 (Carolyn Graham 著 『HOLIDAY JAZZ CHANTS』オックスフォード
   大学出版局より)  
 
  フラッシュカード(このチャンツに出てくる色、物等をカードにしたもの
   英語絵本『Santa's Busy Night』(by Michael Rex   SCHOLASTIC)

  Min                                 Contents                 Notes
     1 ゲーム  What's this?
 
アルクのサンプル教材「スクールバス」から『What's this?』を行なう。子供たちを指名し、スマートボードにタッチさせながらすすめる。

スマートボードを前面に置き、全員が見えるようにして行なう。
     
 2 Conversation   
Sh! Be quiet! / Sorry. / That's okay.
 ALTと担任で会話を見せる。その後、一文ずつ練習する。


鈴を手にして、大きな音でわざと騒がしく鳴らす。会話をはじめるきっかけとする。
       5
 3 Activity  会話リレー
 列ごとに鈴を一つ渡し、上の会話をしてからその鈴をバトン代わりに渡していく。

ALTと担任はなかなか言えない子供たちのサポートをする。
     4 Book    『Santa’s Busy Night』
 
1ページに一つの単語が出てくる簡単な絵本。解説を加えながら読み進める。
ツリーの下に置いてある、ミルクとクッキーについてALTから解説してもらう。
  10  5 Chants   チャンツ Christmas Colors    Christmas Sounds
1. 「クリスマスの歌をみんなで歌ってみよう。と 本時のめあてを知らせる。
2.カードを見せリピートさせる。歌詞の順に子供たちにカードを1枚ず つ手渡す。
3.教師が歌う。教師が指差したらカードを持っている子供はそのカー ドを頭上に掲げて他の子供に見せる。
4.もう一度歌う。このときは、そのカードの言葉を、カードを掲げると同時に言わせる。
5.テープを流す。聞くことだけに集中させる。カードはあげさせる。
6.もう一度テープを流す。「カードの言葉を言えたら言ってみよう。」と促すCDbQ2を聴かせる。



テンポよく進める。少しでも言おうとしたらほめる。(この部分をテンポよく進めるには、教師がこのチャンツの歌詞をすべて覚え暗誦できる様にして置くこと。)
   10  6 クリスマスツリーの塗り絵  (ALT)
 
『Color triangles in red.』と言う具合に、塗る形と色をえいごで指示してすすめる。

塗りおえた絵は廊下の壁に掲示する。

   aack