English Lesson Plan 17th                                                    Oct. 5, 2004
  
 ◎この授業は『「ENGLISH  TIME 1」』(外山節子著 2002年 オクスフォード大学出版局)を主教材としている。
    テキスト→「ENGLISH  TIME 1」、CD→「付属CD」、ポスター→付属ポスター、を指すものとする。
1 language Focus
  Animals    Colors( black, orange, white,gree )
2 Function
 
   動物の名前、ハロウィーンに関する色を英語で言うことができる。
3 Materials Needed
  
 CD、『CHILDREN'S JAZZ CAHNTS   OLD AND NEW』(Carolyn Graham著 2002年 オクスフォード大学出版局)
  
ハロウィーンのコスチューム
  CD『Halloween Colors』(Carolyn Graham 『 HOLIDAY   JAZZ  CHANTS』オクスフォード大学出版局より)
  フラッシュカード(Black cat, Orange pumpkin,White ghost. Black, Orange,White,Green,等のチャンツに登場する11個の
  物と色のカードを用意。)

  Min                                         Contents                         Notes
     5
 1 Chant  『Hi, How Are You?』  
1回目はCDを流してただ聞かせてうたう。
モデルになる子どもを前に出し、教師との掛け合いをやってみせる。
2回目はクラス対教師でジェスチャーをつけて歌う。

チャンツは『CHILDREN'S JAZZ CAHNTS   OLD AND NEW』(Carolyn Graham著 2002年 オクスフォード大学出版局)より。
    3
 2 Chant  『Monkeys Swing 』 
CDを聴かせクラス全員で振りを付けて歌う。
教師がアカペラで歌って見せる。黒板にチャンツに出てきた動物の絵を描く。


楽しく動けた子供たちを大いにほめる。
    7
 3 Activity   動物ジャンケンゲーム   (ALT) 
動物の絵カードを黒板に貼る。魚、ウサギ、鳥、サル、人。教室を歩き回り友達とジャンケンをして勝ったら魚から一段階ずつ昇格し、人になっていくというゲーム。

説明は英語で行なう。担任とのTTでやってみせ、理解させる。
   5
 4 Talking about Halloween          (HRT,ALT)
ハロウィンについて知っていることを発表する
ハロウィンについて何か知っていることはありますか?」とたずね、子供たちの発言を引き出す。


できらだけたくさんのことについて発表させる。
  7
 5 Chants    『Halloween Colors』
「今日はハロウィンの歌を練習するよ。」とめあてを言う。その後、以下のような手順で、進める。
@歌の順番にカードを取り出して見せ、英語で言わせる。
A取り出したカードは、子供たち一人に一枚ずつ持たせる。
B1番の歌詞の8枚のカードが出たら、「先生が言ったカードを挙げてください。」と言い、教師はアカペラで一番を歌う。カードを持った子供たちにそれを挙げさせる。
C「今度は、カードを挙げながらその言葉を言ってください。」と言い、教師はアカペラで一番を歌う。カードを持った子供たちにそれを挙げさせて同時に言わせる。
D「今度は、みんなも一緒に言ってください。」と同様に一番を歌う。このころになると、たくさんの子供たちが一緒に歌ってくれる。
E「2番があります。」といって、2番の歌詞に登場する3枚のカードを取り出す。
F2番も、1番と同じように練習させる。
G「テープに合わせて歌ってみよう。」とCDをかけ、一緒に歌う。カードを持った子供たちには、歌詞に合わせてカードを挙げ下げしてもらう。


歌を正確に歌うことが主たる目的ではない。厳密に言葉を指導するよりも、リズムに乗って楽しく言葉を唱えさせることが大切。
「自分で言えそうなところだけ言っていいんだよ。」と積極的に声を出すことを促す。
歌おうとしている子供たちを、できるだけほめること。
   5
 6  Activity   お化けに変身        
担任の用意したコスチュームを代表の子供たちを前に出して、身につけさせる。

次の時間への意欲づけを図る。
  1  6 Greetings 
 See you. と子供たちに言いながら手を振る。そして授業を終える。

子供たちもSee you! と挨拶してくれたら、大いにほめる。

 Back