4年1組   第11時間目の英会話授業     2002,9,6

 

 2学期第1時間目の授業である。

 久しぶりの英会話授業でもあり、1学期の復習を兼ねた授業でもある。

 内容は『English TIME 1』の追試である。

 

1 Warm-Up  and  Review   (5分間)

 『Classroom  Language

 CDを流して動作を真似させる。教師も子供たちに面して座りCDに合わせて動作を行う。

 子供たち、全然違和感なく動作を行う。

 CDに録音されている英語の指示のリズム音も小気味がよく、リズミカル。

 

 『The Alphabet

  これもすぐにCDを流していっしょに歌わせる。

 教師はアルファベットのポスターを黒板に張っておき、いっしょに歌いながら、歌に合わせて文字を一つずつ指差していく。

 カラオケバージョンも続けて歌わせる。子供たち大きな声で歌ってくれたので大いにほめた。

 

 ここまでは何回かやっている授業の流れ。教師が余計な事を言わなくても子供たちはすんなり動いてくれる。

 

2 Introduce  the  Language     (3分間)

   Good morning.

      Hello!  How are you?

      Fine, thank you.

 指人形を使い、教師が一人2役を演じ、会話の紹介をする。そして、説明をする。

 『これは簡単な挨拶ですね。「おはよう、こんにちは、調子はどう? うん、いいよ、ありがとう。」という感じだ。』

 続けてCDを流し、教師は口パクで指人形とのやり取りをやってみせる。CDの会話は3回ほど続けて聞かせた。

 『真似して言ってみよう。』と教師の後について、何回か真似をさせる。

 

3 Practice  the  language   (7分間)

 教室を2つに分けて、交互に言わせてる。

 教師対全員、隣同士等パターンを変えて何回か練習させる。

何人かの子供を前に出して教師とやり取りさせる。

 

途中で「Fine」と「Not  fine」の違いを説明する。

教師のジェスチャーで「元気」「元気がない」を表現する。子供たちすんなりと理解してくれたようだ。

慣れてきたところで、席を立たせ『Let’s  practice 3 times!』と指示。

教師は会話が苦手な子供の所へ行き、補助をする。小さい声でも言えたらたくさんほめてやる。

子供たちガヤガヤと教室内を歩き回り練習をして席につく。

 

声の小さかった子供3人を前へ出して、教師との会話をしてもらう。

3人とも自信をつけてきたようだ。みんなの前でもしかっりと言えることができた。

 

4  Review   (5分間)

気分転換もかねて復習。

りんご、バナナ、ポテト、にんじんのフラッシュカードを出して『What?』と聞いていく。

Bananas!』と子供たち複数形にするのも思い出して答えてくれた。

ついでに『Do you  like  apples?』『Yes I do.』『No I don’t.』のやり取りも聞いてみたが子供たちすんなり答えていた。

続けてYum! Yum! Yum!をCDに合わせて歌う。

この歌を歌うのは確か2回目。でも子供たち一生懸命歌ってくれた。

カラオケバージョンもしっかり歌っていた。

 

5 Activity  (5分間)

 4人グループを作り、順番を決めさせる。

 1→2→3→4の順に、この時間に練習した会話をやり取りしていく。

 一つの班にやらせてみて、進め方を理解させる。

 4→3→2→1の順もやらせる。

 次のような説明も忘れずに付け加ええる。

 これは、速さを競うゲームではありません。みんなで協力して、今日練習した言葉を言えるようになるためのゲームです。忘れちゃったという人には、班のほかの人たちが教えて応援してあげてください。

 全員がいえた所で、ご褒美だよと、小さなシールを全員に配った。

 

6 Finish the lesson  (2分間

 『今日、練習した会話をもう一度言ってみよう。』とCDのあとについてリピートさせる。

       表紙に戻る