English Lesson Plan 040th                                                   Feb 6, 2004
1 Focus    『The Biggest Fish in the Sea 』  --- a chant based on Swimmy by Leo Lionni ---
                          (    For elementary schools      By Setsuko Toyama     ) を元に『スイミーのチャンツ』を楽しむ。
3 Materials Needed
 
 絵カード(スイミー、スイミーの姉妹、スイミーの兄弟、大きな魚, くらげ、いせえび、海草、岩、うなぎ、イソギンチャク) 
 シナリオ(絵カードの縮小版を、登場する順に、B4版1枚にプリントしたもの) シナリオ(日本語版 絵本からセリフを書き出したもの)   BGM用のCD
  Min                                 Contents
     5  1  Dance 『海は僕らの生命』( 川原木孝浩 作)
 Swimmyのチャンツの最後には、フィナーレとして全員でダンスを踊る予定。その振り付けを、この河原木氏作曲の歌に合わせて、有志の子供たちが作ってくれている。そのお披露目。(まだ半分しかできていなかったけどね。)
    5  2  Chant  (海草、岩、うなぎ、イソギンチャク)
絵カードを見せながら、教師の後について言う。慣れてきたらBGM用のCDにも合わせて歌って見る。
  Hi !     Hello!   Nice to meet you !
    5  3 Chant  (最初から通して)
教師の後についていってみる。何回か繰り返す。プリントを配り、そこに描かれた絵カードを手助けにする。
   10  4 せりふ決め
このチャンツを、一人ずつのせりふとして言い、全校で6年生を送る会で保護者の前で発表することを告げる。どのせりふを言いたいかを決めさせる。
練習タイムもとる。まだ言えなくても、自分の言いたい言葉でいいと、選ばせる。自信のない子は私のところに来させ、個別に教える。
   10  5 オーディション
せりふ@から決めていく。複数の子供がいた場合は、全員お前でまず言わせて、その後にじゃんけんで決めさせた。
気持ちを込めて言っている、子供たちを大いにほめる。
    5  6 Chant  (最初から通して)
決まったせりふをみんなで通していってみる。 できるだけ教師は手助けする。少しでも言おうとしたらほめることを忘れない。
    5  7 読み合わせ(日本語版シナリオ)
チャンツに加えて、英語だけでは理解できないお年寄りのために、日本語版のお話もすることを告げる。
絵本から転記したお話をみんなで読む。○読みする。

 Back