English Lesson Plan 025th                                                   Nov 6 , 2003
◎本授業は『「ENGLISH  TIME 1」』(外山節子著 2002年 オクスフォード大学出版局)を主教材としている。テキスト,CD,ポスター等は同テキストの付属各教材を指す。
1 language Focus   This is a ○○.    That's a ○○.
                          Nature ( tree, butterfly, flower, cloud, bird, lake)

2 Function     
   近くにあるものと、遠くにあるものを英語で言うことができる。
3 Materials Needed
 
  フラッシュカード(tree,butterfly,flower,cloud,bird,lake) 『「ENGLISH  TIME 1」』の別売りカードブックをコピーしたもの。
    フラッシュカード(1週間の曜日)

  Min                                 Contents                 Notes
     3  1 Greetings 
Good morninng.     Hello.    How are you? / Fine,thankyou.等簡単な挨拶で、子供たちにすぐに話しかける。
 


   5  2 Cards   The days of a week     曜日 
What day today? と曜日も聞く。フラッシュカードを見せながら、今日の日を確認する。何回かリピートさせる。
日曜から土曜までを教師の手拍子に合わせて言う。二人組を作ったりして変化を付ける。

教師の口元を見せ、Thの発音にも気をつけさせる。
     3 Nature      自然の物 
 
1. フラッシュカードを見せリピートさせる。
 2.テキストを配り、6ページを開かせる。
 3.CDbQ0をかけ、単語をリピートさせる。
 4.CDbQ2を聴かせる。(次に出てくる言葉を予測させながら聞か   せる。)
テンポよく進める。少しでも言えるようになったらほめる。
     5 Conversation  
  This is a ○○.    That's a ○○.
 1.CDbQ3を聴かせ、遠くの物と、近くの物の言い方の違いを理   解させる。
 2.CDbQ4を使い、何回も繰り返し練習する。

できるだけテンポよく進める。
     6 Game      じゃんけんカードゲーム 
 
1. 2人組みを作らせ、Natureのカード6枚を各組に1セット配る。
 2.教師と子供一人でゲームのやり方をやってみせる。          @一人に3枚のカードを分ける。 
  Aそれぞれ、机の手前に3枚並べる。
  B並べたら、相手とじゃんけんをする。
  C勝ったら、相手のカードを指差して「That's a ○○.」と言う。
  D正しく言えたら、そのカードを裏返しにする。
  E早く相手のカードを裏返しにしたほうが勝ち。
 3.ゲームをやらせる。
 4.相手を変え、何回もやらせる。
ゲームの説明も、じゃんけんもできるだけ英語行う。ジェスチャーを交えれば、子供たち理解できる。

ゲーム中は、各ペアを見て、正しく言っているかどうかを確認する。
   5   Song   『This Is a Flower』CD25
フラッシュカードを歌に出てくる順番に黒板に貼り、それを指差しながら歌わせる。何回か繰り返す。

少しでも歌えたらほめる。

  戻る