English Lesson Plan 2nd                                                    Apr 23 , 2003

   ◎この授業は『「ENGLISH  TIME 1」小学校英語サポートパック』(外山節子著 2002年 オクスフォード大学出版局)
     を主教材としている。プランの中で、「テキスト」「CD」とある場合は「ENGLISH  TIME 1」「ENGLISH  TIME 1 付属CD」
     を指すものとする。
1 language Focus
 (1) My name is ○○.
 
 (2) Hello Taro. / Hello Akari. /(Hand shaking)/ Bye./Bye.
2 Function
   (1)
簡単なあいさつと自分の名前を英語で言うことができる。  
   (2) 自分の名前を英語で言うことができる。
3 Materials Needed
 
指人形、CD、ギター(伴奏用。 なければ他の楽器でも可。)
ぬいぐるみ

  Min                                         Contents                         Notes
      2
 1 Chants  
   Classroom Language (CD bP)
   教師は子供たちの前に椅子を置き座る。「Listen and do the action.」と言ってからCD1を流す。
 CDのチャンツに合わせ、教師はジェスチャーをする。子供たちにも一緒に動作をするように促す。

2回目であるので、余計な説明はせずに、CDに合わせて子供たちと一緒に動作をする。
       2
 2 Greetings
Hello Taro. / Hello Akari. /(Hand shaking)/ Bye./Bye.
 子供たちに英語ですぐに話しかけ挨拶をする。

できるだけたくさんの子供たちに話しかけ1対1で対話できる回数を増やす。
少しでも会話できたらほめること。間違えてもかまわないで発言できたことを大いにほめてやる。
       3  3 Greetings
 My name is ○○.
 指人形で『My name is Jhonson.』と名前を言う様子を見せる。次に、教師が自分の胸を指差し『My name is Kuni.』と名前を言って見せる。次に手のひらで「どうぞ。」という感じで、子供たちに各自の名前を言うように促す。@教師A子供たちB子供たち一人一人、の順に何回か繰り返す。


ここもできるだけ、たくさんほめること。声が小さくても、多少間違えても発言できたことを大いにほめてやる。
      3
 Song   
  The Hello Song
 
原曲は『みんなでLet's Go 1A』(仲田利津子著 2002年 オクスフォード大学出版局)より。
 教師のギターの伴奏に合わせて歌わせる。歌詞の中で名前を入れる部分は、学級の子供たち名前を入れて歌う。

1回目であるので、無理に歌わせるようにはしない。教師は伴奏しながら大きな声で歌う。子供たちが少しでも一緒に歌えたらほめる。 ギターがなければ、他の楽器かCDを流す。それもない場合はアカペラでもよい。
    3
  
 
 5 Greetings 
Hello. / Hi. /(Hand shaking)My name is ○○.My name is △△./ Bye./Bye.
  2,3で練習した会話を合体する。@一人の子供を前に出し、あいさつをする様子をデモンストレーションする。A何回か繰り返し言わせ練習させる。B席を立ち歩き回り、3人の相手を見つけあいさつをする。


教師は会話がなかなか出てこない子供たちをサポートする。
   7 6 Game
    爆弾ゲームをする

 全員が輪を作るようにして座る。1個のぬいぐるみを爆弾に見立てて、「My name is ○○.」と自分の名前を言ったら隣の子供に手渡していく。教師はその間「The Hello Song」の1番を歌う。一番が終了したときに、ぬいぐるみを持っていた子供が×(バツ)と言うゲーム。
当たった子供はみんなの前で大きな声で自分の名前を言う。

ゲームのやり方はできるだけ、、教師のジェスチャーと英語とで説明する。
ゲームがエキサイトしすぎ、言い方が雑になったら、「これは自分お名前をしっかりと言う練習なのだよ。」と日本語で注意を与える。

  表紙に戻る