English Lesson Plan 018th                                                   Oct  7 , 2003
◎本授業は『「ENGLISH  TIME 1」』(外山節子著 2002年 オクスフォード大学出版局)を主教材としている。テキスト,CD,ポスター等は同テキストの付属各教材を指す。
1 language Focus
 Colors ( Black,Orange,White,Green)
2 Function
 
   ハロウィーンに関係した色を英語で言うことができる。
3 Materials Needed
 
ビデオ(ハロウィンの様子を表したもの。この時間ではスヌピーのシリーズのものを使用したが、類似のものでよい。)
  テープ
『Halloween Colors』(Carolyn Graham 『 HOLIDAY   JAZZ  CHANTS』オクスフォード大学出版局より)
  フラッシュカード(Black cat, Orange pumpkin,White ghost. Black, Orange,White,Green,等のチャンツに登場する11個の
  物と色のカードを用意。)

  Min                                         Contents                         Notes
    2
 1 Greetings 
Good morninng.     Hello.    How are you? / Fine,thankyou.等簡単な挨拶で、子供たちにすぐに話しかける。

できるだけたくさんの子供たちに話しかけ、教師に挨拶するように言う。る。
      3
 2 Activity     Rock,Paper,Scissors.  じゃんけん
教師対子供たちでじゃんけんで楽しむ。

くどく説明せずに、ジェスチャーを交えてテンポよく進める。
      10  3 Video     ビデオ
子供たちが変装し、各家庭を回りお菓子をもらっているハロウィーンのビデオを見せる。見せる前に「このビデオに出てくる子供たちはいったい何をしているのだろう?」と聞いてから見せる。


ビデオを見れば、子供たちはすぐに「ハロウィンだ!」と気づく。
   5
 4 Talking about Halloween
ハロウィンについて知っていることを発表する
ハロウィンについて何か知っていることはありますか?」とたずね、子供たちの発言を引き出す。


できらだけたくさんのことについて発表させる。
  7
 5 Chants    『Halloween Colors』
「今日はハロウィンの歌を練習するよ。」とめあてを言う。その後、以下のような手順で、進める。
@歌の順番にカードを取り出して見せ、英語で言わせる。
A取り出したカードは、子供たち一人に一枚ずつ持たせる。
B1番の歌詞の8枚のカードが出たら、「先生が言ったカードを挙げてください。」と言い、教師はアカペラで一番を歌う。カードを持った子供たちにそれを挙げさせる。
C「今度は、カードを挙げながらその言葉を言ってください。」と言い、教師はアカペラで一番を歌う。カードを持った子供たちにそれを挙げさせて同時に言わせる。
D「今度は、みんなも一緒に言ってください。」と同様に一番を歌う。このころになると、たくさんの子供たちが一緒に歌ってくれる。
E「2番があります。」といって、2番の歌詞に登場する3枚のカードを取り出す。
F2番も、1番と同じように練習させる。
G「テープに合わせて歌ってみよう。」とCDをかけ、一緒に歌う。カードを持った子供たちには、歌詞に合わせてカードを挙げ下げしてもらう。


歌を正確に歌うことが主たる目的ではない。厳密に言葉を指導するよりも、リズムに乗って楽しく言葉を唱えさせることが大切。
「自分で言えそうなところだけ言っていいんだよ。」と積極的に声を出すことを促す。
歌おうとしている子供たちを、できるだけほめること。
     1  6 Greetings 
 See you. と子供たちに言いながら手を振る。そして授業を終える。

子供たちもSee you! と挨拶してくれたら、大いにほめる。

  表紙に戻る