授業研究用指導案  English Lesson Plan 14th                                                    Sept  11 , 2003
   ◎この授業は『「ENGLISH  TIME 1」』(外山節子著 2002年 オクスフォード大学出版局)を主教材としている。
    テキスト→「ENGLISH  TIME 1」、CD→「付属CD」、ポスター→付属ポスター、を指すものとする。
1 language Focus
 (1) What's this(that)? / It's a ○○,
 
 (2) Animals(pig cow cat chiken horse sheep)
2 Function
 
   身近な動物を英語で言うことができる。
3 Materials Needed
 
 CD  絵カード(pig cow cat chiken horse sheep)   動物のぬいぐるみ

  Min                                         Contents                         Notes
       2
 1 Greetings 
Good afternoon. / Hello! How are you? / Fine, thank you.
 子供たちに英語ですぐに話しかけ挨拶をする。
   


できるだけたくさんの子供たちに話しかける。
       2 Chants  
   Classroom Language (CD bP)
   教師は子供たちの前に椅子を置き座る。「Listen and do the action.」と言ってからCD1を流す。
 CDのチャンツに合わせ、教師はジェスチャーをする。子供たちにも一緒に動作をするように促す。

子供たちが慣れていないようだったら、いくつかの動作を取り出して練習する。「Stannd up.」と言いながら教師はその場に立つ。しっかりと立てた子供たちを大いにほめる、という具合にである。
     
 3 Song   
  The Alphabet』 (CD 2) 
 
CDを流して一緒に歌わせる。テキストのアルファベットのページを開き、歌に合わせて文字を指し 示しながら教師も歌う。

教師はCDに合わせて大きな声で歌う。子供たちが少しでも一緒に歌えたらほめる。
    5  3 Activity
     Guess What ?     袋の中の物は何だろう?

 
袋の中に動物のぬいぐるみをいくつか入れておく。それを握り『Guess what?』と聞く。
 子供たちには『It's ○○.』で答えさせる。     
できるだけテンポよく進める。
    7  4 Song 
  『What's This?』(CD No37)

 
1. CDをかけてカラオケバージョンの前で止める。「どんな動物が出てきたかな?と聞く。
 2.もう一度CDをかけて、絵カードを歌詞に合わせて見せる。
 3.教師と一緒に歌わせる。
 4.グループで歌えるように練習する。
 5.CDにあわせて歌ってみる。
少しでも歌えるようになったらほめる。
l全部歌えなくても、答えの部分の繰り返しの2回目だけを歌ってもよい。
余裕があれば役割分担して歌ってもよい。
       
 5 Activity
  What's this ?   鳴き声あてっこ
 動物の鳴き声が日本語と英語では異なった音で表されていることを学習する。
 『この鳴き声の動物は何?』と順に聞いていく。

  豚 → オインク オインク     牛 →  ムー
  馬 → ネーイ            鶏 → コッカドゥードゥルドゥー
  羊 → バアー            猫 → ミャーウ             


子供たちの答えもできるだけ英語で答えさせる。

 戻る