My Machine
  Old but I love her

mymachine.jpg (5848 バイト)

1998年の7月に近所のパソコンショップで買いました。コンパックのプレサリオシリーズの4640というホームコンピュ
ータです。CPUがペンティアムUの266Mhz、HDが4GBです。今はすっかり古い型になりましたね。この世界、進化
が早過ぎます。

メモリーを128MBに増設して、特殊なソフトで外部クロックを80Mhzほど持ち上げて、処理速度を速めて使っていま
す。体感としては内部クロック266Mhzが320Mhz同等程度になったのかなあ・・・・というところです。

さらには、アイコンの表示を小さくし、あるいはクイックスタートは止めて、とにかく負担を軽く軽く抑えて、スクリーンセー
バーなどは一切使わず、各種設定で極力身軽にしています。そうするとかなり使えるPCとなります。こうして私の好き
なPHOTOSHOPのようなソフトでもちゃんと動きます。。

インターネットの回線はケーブルTVで、ベストエフォートが、30Mbpsで画面切り替わりも十分早くストレスは、ほとんど
感じません。ですから、まだ新しいパソコンは欲しくても買えません。決して安いもんじゃありませんからね。大事に使え
ばもうちょっといけるのではないでしょうか。

それよりも脳出血の精神面のリハビリに活躍してくれた”マイ・マシン”ですから手放せないのです。