あのHotel Californiaで有名なアメリカの、ロックバンド、The Eagles のギタリスト、
Joe Walsh はとても熱心なアマチュア無線家。コールサインは WB6ACU。先日
の日本国内ツアーでは空いた時間に日本アマチュア無線連盟を訪問したらしい。

無線雑誌のCQ出版は取材をした時に彼から日本のファンのためにと直筆のサインを
預かった。そして、CQ誌の読者に渡すことにした。数が限られているのである種のコ
ンペをした。

それはいわばファンレターコンテスト。ハガキに”シンプルに”文をまとめて応募する。
もちろん大ファンの僕は応募したね。彼の世代は僕らで言う団塊の世代で、昔はベビ
ーブームといったが英語でもBaby Boomerと呼んでいる。ギターとアマチュア無線
の好きな僕のことだからね親近感を覚えずにはおれないよ。

Hi Joe WB6ACU

I am......
     A baby boomer like you are.
     Playing the guitar like you are.
     Loving amateur radio like you are.
That's why I love ya very much.

From Hack JL1EEE

ハイ、ジョー WB6ACU

ぼくは団塊の世代だよ。君と同じように。
ギターを弾くよ。君と同じように。
アマ無線が好きだよ。君と同じように。
だから君が好きなんだよ。

JL1EEE の ハックより・・・・・と書いたよ。

そしたら最優秀賞がとれた!CQ出版社のJH1UNS小磯さんが伝えて下さった。

 

嬉しかったよ。それでみんなにも見せたくてこのページを書いたんだよ。
よくみるとテンガロンハットのデカ鼻のオッチャンがタバコの煙をふかし
ているように見えない?

こんどはお空で会いたいものだね(無線で交信すること)。ビンテージのリグ
コレクションが趣味だそうだ。これはお金持ちでないとできないね。

多分僕はみーちゃん、はーちゃんだね。これまで何人かのアメリカの有名人
に縁があったよ。亡くなったけどモダンアートの「アンディー・ウォーホール」
かれは僕のビデオスタジオを訪ねてくれた。取り巻きがいっぱいいたよ。
真っ白な髪の彼は神秘的な顔をしてた。僕の特許だった特殊な映像製作の
システムを見にきたそうだ。ビックリしたよ。

ロック・バンドの「War」かれらも僕のシステムをステージに応用できないか
研究にきてくれた。きたない僕のスタジオがちょっと恥ずかしかったけど。

「ジョン・デンバー」これは有名。彼も飛行機事故で亡くなった。会社を訪ね
て来たとき、ショールームの案内と通訳を頼まれた。製品の説明をするたび
Far Outを連発していたね。