海外からの電波を聴く

このページでは海外のアマチュア無線の信号がどんな風に入感するのか、お聞かせします。
例としてイタリーとアメリカの信号を再生します。

<一般の方のために>

ちょうどイタリアの局が21Mhzで強力に入りましたので、デジタル録音しました。音声は電話並みの
設定ですが、ハムの電話信号はこのようなものだとお考えいただくと良いかと思います。視聴は下の
ファイルをクリックしてください。

 ITALIAN STATION

日本では「朝日のア」「いろはのイ」とか言ってつづりを確認し合いますが、国際的な通信では

「A・・・Alpha]「B・・・Bravo]・・・「M・・・Mexico」とフォネティックスで行います。

ここでは欧州のイタリーであるにもかかわらず、Mexicoといっているのはコールサインに含まれる
Mの字をわかりやすくするための理由によるものです。

4ele.jpg (7202 バイト)

この下のファイルはアメリカの無線連盟主催の通信コンテストの様子です。日本の局を相手に交信
中です。クリックしてお聞き下さい。

 AMERICAN STATION

ハムの世界では交信の共通語として英語を使うことが多いです。