はじめての海外交信

 

いつものようにCQを出しました

応答がありました

なんか様子が違います

日本のコールサインは頭がJAです

この局はVKといってるんです

言葉も日本語じゃありません

英語か!?

ハックさんは今のようには英会話が出来ませんでした

なんとか相手のコールサインはコピーできました

VK4FHはオーストラリアの局でした

でもその他はまるでちんぷんかんぷん

ただ相手は何か何度も繰り返しています

汗はタラタラ胸はドキドキのハックさんでした

良く聞くと・・・

What... is... your... name?

こちらの名前を繰り返しゆっくりと尋ねていました

Ah...My ah...name is woo...Hiroshi...

学校で英語は習うけど会話は始めてでした

しかも本物の外人とは

あとは何をどの様に喋ったか覚えてません

先方の名前・John・ジョンだけはなんとかとれました

始めての海外交信!

自分の電波が赤道をはるか越えて南半球へ・・

感激でした

でもちゃんと話せなかった

それからハックさんの努力が始まりました

英会話教室にかよったのです

たくさんの外国のHAMと話ができるようになりました

卒業後電気の会社に入り海外ビジネスの担当になりました

そしてあのVK・オーストラリアにも駐在のチャンスが・・

十何年もたってジョンの事を思いだしました

あの外人さんが私の人生を仕事を変えたのかも知れません

ぜひ会いに行こう

向こうは覚えてないかも知れないけれど

感激の対面があるかも

彼と同じクイーンズランド州に住むHAMと交信して

VK4FHのことを知らないか聞きました

Yeah, that's an interesting story.

(イエー、興味深い話しだね)

We know him but,.....

(みんな彼のこと知ってるさ。でも・・・)

I am sorry Hack. He passed away last year.

(気の毒だけど彼は去年、亡くなったよ)

ショックでした。人間は死ぬ。当たり前のことだよね

でもショックでした

どういうわけかとても悲しかった

Silent key.......

(HAM用語で死ぬこと・電信のキーが静かになるから)

Thank you John and best 73.

(ジョンありがとう、73・・お別れの挨拶・・)

ハックさんがオーストラリアでもらったコールは

VK2CEBでした

これで日本のHAM局とQSO(交信)しました

初めてVK局と交信したと感激する人も多かった

そうだよ誰だって嬉しい

今度は私がジョンのように

日本のHAMへ初めての海外局を

プレゼントしたのでした

・・・

オーストラリアの免許で運用したVK2CEBのカードです