本文へスキップ

TEL. 03-6427-9535

〒150-0011 東京都渋谷区東2-23-13
サンブリヂ渋谷ビル5階

JAVITとは?


JAVITは、一般社団法人 日本振動技術協会の英語名 Japan Association for Vibration Technologies の略称です。

Why JAVIT ?


※ 上図をクリックすると詳細をご覧いただけます。

設立主旨および目的

 機械、車両、構造物などの振動に関する計測、解析、制御、試験等の技術(以下「振動技術」という)は、広範な産業分野における基礎技術として、また近年では、国民生活に直結した身近な技術として、その役割は非常に重要なものとなっている。
 しかしながら、振動技術はわかりにくい技術の一つとされ、従来からある防振装置の場合でも、ユーザーが性能を事前に評価できないことも多い。特に、近年になって登場した建築・土木構造物の免震装置や制振装置の場合には、地震や強風などの発生頻度の低い自然現象を対象としているため、ユーザー(ゼネコンなどの技術者)が振動の専門家の場合でも、耐久性も含めた性能の事前評価はそう簡単なものではない。特に今後の普及が期待される戸建て住宅の免震装置の場合は、ユーザー(住宅メーカーや工務店などの技術者)が振動の専門家でない場合が多くなり、ユーザーによる性能の事前評価は一層困難になる。また、産業分野でも、近年の半導体製造装置の除振装置などでは、ユーザー(半導体メーカーなどの技術者)が振動の専門家でない場合が多く、やはりユーザーによる性能の事前評価は困難である。しかしながら、このような状況を放置すれば、怪しげな性能の装置も価格さえ低ければ普及することも考えられ、これらの装置の健全な発展が阻害される恐れがある。これを防ぐためには、免震/制振/除振/防振装置のメーカーが、業界としての性能評価体制を確立し、社会に対して信頼を確保する必要がある。
 一方、振動技術は日進月歩の技術である。振動試験機や振動計測器はもとより、振動制御技術においてもアクティブ制御を用いた制振/除振装置が登場し、振動技術全般にわたって、その技術内容は一段と高度化している。将来においても、技術の高度性を維持し発展させることは一社だけでは困難になってきており、業界が共同で調査研究したり、人材を養成することが必要になっている。 本協会は、以上に述べたように、振動技術の社会的重要性に見合った信用を確保し、振動技術の高度性を維持し発展させることを目的として設立されたものである。



バナースペース

一般社団法人 日本振動技術協会

〒150-0011
東京都渋谷区東2-23-13
サンブリヂ渋谷ビル5階

 アクセス方法  地図

TEL/FAX : 03-6427-9535
E-mail : javit@td5.so-net.ne.jp