内視鏡検査を受けられる方へ
・内視鏡検査は、午前中が上部消化管(食道・胃・十二指腸)内視鏡検査、午後からが下部消化管(直腸・結腸)内視鏡検査になります。
・上部消化管内視鏡検査は、午前9時より30分刻みで11時30分まで予約制にて承っております。その日での飛び込みでも検査可能ですが予約の方が優先です。検診で要精査指示など持病のない方は電話予約も可能です。持病のある方、特に高血圧、心臓、腎臓、中等症以上の糖尿病の方は受診のうえ予約をお取りいたします。
・受診の際は、今服用しておられるお薬の内容が分かるようにお願いいたします。また、特殊体質(抜歯の時の麻酔でショックをおこした経験のある方、出血傾向のある方など)のある方は、必ず申し出でください。
・鼻からの内視鏡検査(経鼻内視鏡)も行っております。オエオエという嘔吐反射は少なくその点では楽ですが、鼻の痛みを強く感じる方もいらっしゃいます。
・より「楽な内視鏡検査」をご希望な方には、「経口内視鏡検査」の場合鎮静剤を使用いたしますが、検査後の車の運転は非常に危険です。ご自分が運転してのご来院はご遠慮ください。(経鼻の場合そういう薬を使用しないですむのがメリットですので使いません)
・下部消化管内視鏡検査は、下剤(マグコロールP)を服用しないと検査できませんので完全予約制です。
・下部消化管内視鏡検査でポリープが発見された場合、ご希望により切除できますが、術後3−7日行動制限(運動制限、食事制限、自転車・車乗車制限など)があります。また、「抗凝固療法(血液さらさら・血が止まりにくくなる治療法)」を受けている方はポリープ切除はできませんので初回の受診時に申し出てください!
 当院の内視鏡は、オリンパス社製のEVIS260を使っております。上部消化管用内視鏡は、XP260シリーズで「極細」です。下部消化管用は硬度可変式(内視鏡の硬さが変化する)+挿入形状記憶装置つきの最新式です、詳しくは下記をご覧ください。http://www.onaka-kenko.com/endoscope-closeup/endoscope-technology/