銀座の産婦人科 不妊治療の専門医
Tel.03-5537-7600 
ホーム
紹介
診療ご案内
不妊検査・不妊治療
アクセス
ドクター紹介
費用
お問い合わせ

ホーム > 不妊検査・不妊治療

当院はとくに不妊症の検査、治療に力を入れています。なかなか妊娠しないご夫婦はもちろん、お子さんを望むなら妊娠適齢期を過ぎぬうちに早めに妊娠可能な状態かをチェックしておきましょう。男性不妊の検査も可能です。

 

 不妊検査

不妊検査は月経周期に合わせて以下の検査を4、5回に分けて行ないます。当院で全て対応可能です。保険適用でない検査もありますが、主な検査は健康保険が効きますので費用は1回に数千円程度です。
初回の来院はご都合のよい時、いつでも結構です。ご相談の上、その日にできることから始めます。
主な検査は次のようなものです。

・超音波検査や内診で子宮、卵巣などに異常がないかどうかを調べます。妊娠の妨げになるような子宮筋腫や子宮内膜症の有無をみます。

・月経および月経周期の異常や排卵の有無を確認します。超音波検査で卵胞チェックをします。排卵前後の卵胞の育ち具合をみます。基礎体温の計測も役に立ちます。頚管粘液の状態をみることもあります。

ホルモン検査を行ないます。脳下垂体および卵巣からのホルモンの状態を血液で検査します。月経中と排卵後(基礎体温の高温期)に採血します。AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査も希望があれば致します。AMH検査は8,000円程度です。

・卵管が詰まっていないか子宮卵管造影検査を行ないます。卵管造影検査は子宮から卵管に造影剤を注入しエックス線で撮影します。これは月経後、予約にて行ないます。費用は8,000円程度です。

・精子が順調に子宮内に入っているかをみる検査はフーナーテストと呼ばれています。排卵期に性交の後、来院していただきます。

精液検査で精液量、精子濃度、運動率、奇形率を調べます。容器を持ち帰っていただき、自宅で採取します。院内で採取することも可能です。この検査は事前のお申し込みが必要です。費用は5,000〜6,000円程度です。

・クラミジアに感染したことがないか抗体検査を行ないます。不妊の原因になっていることがあるからです。費用は2,000円程度です。

経過をみて追加していく特殊な検査には以下のようなものがあります。必要な場合は詳しくご説明の上、検査機関をご紹介します。
抗精子抗体検査、抗リン脂質抗体検査
甲状腺ホルモン検査
LHRHテスト、TRHテスト、クロミフェン・チャレンジテスト
腹腔鏡検査、子宮鏡検査、CTスキャン、 MRI検査

 

 排卵誘発

基本的な検査で異常があればその治療を進めることになります。
同時に排卵期にタイミングをねらっていきますが、自然の排卵が起こりにくい場合は排卵誘発剤(クロミッド)の内服や注射(HMG、HCG)をおこなうこともあります。さらに必要に応じて黄体ホルモン剤や漢方薬も使用することがあります。

 

 人工授精

タイミングでなかなか妊娠しない場合は人工授精に移行します。排卵期に精液を採取して持参していただき、洗浄濃縮法により良好精子を集めて子宮内に注入する方法です。卵管の状態に問題がある場合は卵管内精子注入による人工授精法も試みてみます。
人工授精は自費になります。20,000円程度です。また人工授精に先立って夫の血液検査が必要です。費用は7,000円程度です。

 

 

 不妊カウンセリング

不妊治療には不安をお持ちの方、精神的な負担を感じている方が多くおいでです。そこで不妊に関するご心配や治療の進め方についてのご質問ご相談をお受け致します。診療とは別に予約でゆっくりお話を致します。土曜日午後や平日夜間も可能です。お申し込みはお電話で。
03-5537-7600

▲このページの先頭へ

ホーム当クリニックはこんな所診療ご案内不妊検査・不妊治療アクセス
| ドクター紹介費用お問い合わせ

銀座ウィメンズクリニック Tel.03-5537-7600
Copyright (C)2001 Ginza Women's Clinic, All Rights Reserved