銀座の産婦人科 不妊治療の専門医

銀座ウィメンズクリニック

TEL.03-5537-7600

東京都中央区銀座 婦人科/産科/不妊治療 確かな経験に基づく信頼・安心のクリニック 『ここに来て良かった』の一言が私たちの誇りです

症状

月経について心配がある
月経不順/無月経/月経過多/月経痛/月経前の体調不良(月経前症候群PMS)

生理不順が心配(月経不順・無月経・過多月経)

卵巣機能が十分に成熟していないと排卵がおきにくいため月経不順になります。 精神的なストレスや極端な体重の増減などが原因になることもあります。 放置するとますます治りにくく、不妊症の原因にもなりますので、早めの対処が必要です。 超音波検査で卵巣の状態を調べたり、ホルモン検査を行ないながら治療を進めていきます。
ホルモン検査は血液で検査をします。月経不順、無月経、過多月経、不正性器出血などがある場合、 卵巣から周期的に分泌される女性ホルモン、卵巣の働きをコントロールする脳下垂体ホルモン、 その他の内分泌器官から分泌されるホルモンなどを調べることによって、病気の原因が明らかになります。
基礎体温は、婦人体温計を用いてご自分で測っていただくものですが、卵巣の働きを、時間を追ってみていくことが可能で有効な方法です。
月経の量が多い場合は子宮筋腫、子宮腺筋症などの可能性もあります。超音波検査で調べ、必要があれば手術などの方法をご説明します。
費用は超音波検査、ホルモン検査それぞれ2,000~3,000円程度です。


生理痛(月経痛)が強い

月経痛のある方は、まず筋腫や子宮内膜症がないか調べる必要があります。原因がみつかればその治療が必要です。 月経痛が強くても婦人科的な異常が認められない場合も多く、そのような例では鎮痛剤やピル、漢方薬の服用が痛みの軽減に有効です。
費用は2,000~3,000円程度です。


生理前に体調が悪くなる(月経前症候群PMS)

生理前に頭痛、いらいら、めまいなど不調を訴える方は少なくありません。根本的に治す方法はありませんが、対症療法のほか、 ピルを服用することで症状が軽減する場合も多く、試してみる価値はあるでしょう。
低用量ピルは1周期分税抜3,000円です。


  • ホーム
  • 当クリニックはこんな所
  • 診療ご案内
  • 症状
  • 不妊検査・不妊治療・男性不妊
  • アクセス
  • ドクター紹介
  • 費用
  • 夜間カウンセリング・電話相談
  • お問合せ
ページのトップへ戻る