医療制度研究会とは?
  高齢化や財政危機、多発する医療事故など、我が国では今、医療制度の改革が求められています。我が国の不幸は、病人の救済としてあるべき医療を、病人の立場で考える仕組みがないことです。医師の団体は提供側、保険側はお金を払う側の論理で考えます。本来、医療を受ける国民の立場に立つはずの厚生省は、伝統的にみて病人の立場に立つ実感はありません。国民は病気になってはじめて医療に関心を持ちますが、そのときはもう権利を主張する力はなくなってしまいます。

 このような背景から、当研究会は21世紀における国民のための医療を、現場に働くものの立場で考える勉強会として発足しました。勉強が進むに連れて、日本の医療は他の先進国と比較して、少ないマンパワーのもとに、著しく安い経費で運用されており、福祉関係に使われる国家予算の比率も著しく低いことを知りました。
  私たちは21世紀にふさわしい国民の医療制度を確立するために、医療者として内部改革を行いながら、この制度改革の一翼を担いたいと願っています。インターネットを通じ私たちの実績と議論を公開し、多くの医療従事者と広く国民の参加を要請いたします。

代表幹事 事務局
●済生会宇都宮病院院長 中澤堅次 ○坂詰 清(代表)
●済生会栗橋病院副院長 本田 宏 ○酒井 勇二
●東北労災病院外科部長 徳村弘実 ○久保田 三紀男
●北里研究所病院副院長 宮川 健
●仙南病院理事長 本多正久
●ヘルスケアサポートオフィス
   代表 折原威男
●栃木県宇都宮市民 八雲井素彦
○本音医療!メルマガ編集長 市川直明



Copyright 2001-2003 A society for the study of a medical system
No reproduction or republication without written permission
次回講演会予告:「尊厳死の系譜」new
日本尊厳死協会理事長 井形昭弘先生
>>詳しくはこちら
 
前回の講演会要旨:
「医師の過労死の現状と労働法規」
松丸正先生 過労死弁護団全国連絡会議代表幹事
new
>>詳しくはこちら
 
   

●会員受付、資料請求・講演依頼
個人会員受付中 資料請求または講演依頼はこちらから
 
●スライドショー
日本の医療を問いなおす
社会舗装国日本の医療、その現実
メールマガジン -ともに本音で話し合える衣料のために-
「登録無料です!お申し込みは、登録メールアドレスの中に、電子メールアドレスをご記入頂き登録ボタンをクリックするだけです。メルマガに登録しても当研究会に個人情報は一切流れませんのでお気軽にご登録下さい!」
>>メルマガ サンプル
>>バックナンバーはこちら
 
  登録メールアドレス:
  
  解除メールアドレス: