トップページ● 仕事部屋 練習でゴー!井戸端掲示板秘密日記同人関係リンク更新履歴 プロフィール

DOLL MASTER 2巻

(メディアワークス刊) 電撃コミックス  2001年12月17日発行 B6判 550円(税別)
月刊コミック電撃大王 2001年4月号〜2001年11月号掲載分収録
 電撃大王にて連載の『DOLL MASTER』の単行本第2巻。お陰さまで第2巻が出るまで続きました。ハイ。

この巻は摩耶が大活躍な感じです。一時「主人公が替わった」と言われてたくらい。取りあえず久具津周辺の設定の地固めに多用してたら、雛子よりも登場頻度が高くなっただけなんですが。一応、久具津も主人公だしね(笑)。基本的に集団劇なので、話によって主人公が替わるとか、まあ、そいういうこともアリかと。

んで、この巻の後書きにも描いてありますが、担当さまの薦めで、今回裏表紙用の人形制作をプロの原型師様にして頂きました。立体好きならおそらく名前をしっているであろう、プロ中プロの原型師、安藤賢司さんっだああああッッ!!!!。

 立体用の色設定等を3枚程描きおこして送ったのですが、出来上がって来たハヤテ丸はそれはもう、とんでもないものに…!!!。(もちろん良い意味で。)
編集部で実物を拝見しましたが、人形はそれこそS.I.C.のキカイダーシリーズと同寸くらい。(思っていたよりもでかかったです。)
とにかくカッコイイんだよう。個人的には裏表紙とは逆の向きも表情としては良いなあと思ったりするので、単行本の裏表紙のこーんな小さな3カットだけじゃ勿体無さ過ぎ!!。

…と、編集部の皆さんも思ったらしく、余りにも人形の出来が凄くてイカスので、メディアワークスより2001年12月発売のフィギュアマニアックスvol.3に、このハヤテ丸の記事が特別掲載されました。ワーイ!よかったね!。でっかいサイズでいろんな角度から見られないと勿体無いにょ!!。
…この本、載っている作品の9割以上が美少女系のフィギュアなんで妙に場違いにも見えますけども。

でも、私の単行本を買うかどうかは置いておいても、コレは見ないと損だと思うですよ。

  海外版表紙へ EXIT