トトップページ● 仕事部屋 練習でゴー!井戸端掲示板秘密日記同人関係リンク更新履歴 プロフィール

2005年に世間に出た仕事

下に行くほど古い記事です。


『超常機動サイレーン』17話
20ページ
2005年12月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載予定
 単行本作業と重なった為、いつもより少しページ数少なめにしてもらったんですけど、12月に入った途端に身内と町内の葬式が2件続いて出席せざるをえずに予定がずれるずれる…。他にも近所で2件くらい葬式が…。うう何でこんなに立て込むんだ。急に寒くなったからですかね…。

 そんなこんなで、とりあえず新キャラ登場。某ページのオヤジ占有率がやたら高く…。ダメじゃン。電撃大王なのにw。
次回は怪人さん作りかな。

『超常機動サイレーン』16話
25ページ
2005年11月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 …丸まる一ヶ月以上、サイトの更新をサボっていた模様。すんません。
私的なイベント盛り沢山だったもんで…。

とりあずここまでが単行本の2巻目に収まります。ラストの辺り、ホントはもうちょっと段取り踏みたかった所なんですけどページ数足りなかったのでさらっとやっときました。

『超常機動サイレーン』15話
22ページ
2005年10月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 劇中はクリスマスということでデート前の準備編みたいなもんですな。一応次の16話目までが2巻収録になる予定。
ぐふう、今回は何やら誤字がいろいろ…。「正正」って…レイザーラモンHGのじゃないんだからw。正しくは「正式」なのでヨロシクう。
『DOLL MASTER ぱられる』4回目 2005年夏
12ページ
2005年9月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 そんな訳で恒例のワンフェスレポート風フィクションまんが。今回、実際のイベントでは特にコレという目立ったネタがなかったんですよねえ。流行に関しても突出したものもなく、全般的に細分化して落ち着いてきてる感じで…。そんな訳でフィクションの方が多めですね。一部実体験を活かしてある部分もありますが。(主に雛子のトホホな所とか。)
『"萌え"のベクトル』に寄稿
1ページ
2005年8月29日発売 『コミックキラリティVol.1(学研』掲載
 昔お世話になった元ノーラの編集の方にお話を頂き、新雑誌の発刊記念に『萌え』をテーマにしてイラストエッセイの1枚物をという事で1ページ描きしました。
まあ、私に「萌え絵」が描ける訳もないのでエッセイの方をメインにと思いましたが、ちと中途半端だったかも。もっと自分に素直になって、強引に博士なメガネ君とか描いた方が良かったのかもしれないですねえ。
『超常機動サイレーン』14話
24ページ
2005年8月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 普通っぽいデート編。予定外に広報の人のキャラが立ったみたいなw。昔撮った資料写真が変に役に立ちましたw。備えあれば憂いなしなんですね。毎度そうならいいんだけども、そうも行かないよね…。終ってからすぐコミケの準備だったのでへとへとになりました。…っていうか予定してたのよりも仕上げが半日程ずれ込んじゃったんだけども。
デスクトップのMacOS9とノートのOS10の間でUSBメモリ使って作画データのやり取りしてるんだけど、下手にUSBメモリのファイルを削除とかすると消したはずの番号が変に残って混乱するとかってのはどうしたもんなのか。ファイル名の記録してあるデータをどっかで消したりしちゃったって事なのかのう。なんかえらく途中で番号の記録がずれたりしたので、今回妙に手間取ってしまった。
『超常機動サイレーン』13話
24ページ
2005年7月21日発売 『電撃大王(メディアワークス)』掲載
 王道(笑)なラブコメ展開にしてみました。俊一郎のダメっぷりが輪をかけた感じに。
当初からやりたかった展開なのでようやくできて、個人的にちょとだけ満足気味。…予定よりもかなり遅くなっちゃった感じですが。
『超常機動サイレーン』12話
24ページ
2005年6月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 広報の人登場の巻。で、戦隊パロディである所を忘れがちになってるかもしれないのでスーツ姿でちょっとアクション入れたりとか。この辺は一応段取り踏む為のエピソードのつもりなんですが、これでラブ米展開がようやく先に進めるね。…って次回回しですが(引っ張ってすいません)。
『超常機動サイレーン』11話
24ページ
2005年5月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 …ちっとも進んでないって(笑)。っていうか、状況停滞してるじゃン。いかんいかん。いや、ちゃんと必要なシチュエーションになるように手順を追ってエピソードを入れるようにしたら、結局伸びちゃったですよ。とほほ。
ぼちぼち緊迫感が必要かなあと言う事で、ひさしぶりにスーツ姿を描いてみました。ヒロインのスーツ姿よりもその他の変な物描いている方が楽しいかもしれないと感じる今日この頃。(…昔からかもしれませんが。)
工場萌え〜。(言葉の使い方間違っています。)
『超常機動サイレーン』第1巻 2005年4月27日発売
194ページ
2005年4月27日発売 メディアワークス 電撃コミックス
 電撃大王連載の超常機動サイレーンの単行本第1巻。キリがいいページ数だった為、おまけページが非常に少なくなっています。一応カバー下にちょっとだけあとがきが載っけてありますので、一度カバーを外してみて下さいませ。
『超常機動サイレーン』10話
24ページ
2005年4月21日発売 『電撃大王(メディアワークス発行
 …なんか地味な話になりました。地味なキャラが地味に活躍します。まあラブコメらしいっちゃあラブコメらしい話なんですが…どうもまったりし過ぎかもしれない。
多少は物語のペースをアップテンポにしないといけませんねえ。
次回ぐらいからは、おりゃあ!俊一郎、どんと行けやあ!  …という感じで進められるといいなあ。
『DOLL MASTER ぱられる』3回目
12ページ
2005年3月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 そんな訳でワンフェスのレポート風まんがとして恒例になりつつあるDoll Master番外編です。今回12ページ分。これはと言うようなものすごい注目のネタみたいな物ってそうそうないんですよねえ…。いや、私が買い専って事なら探して押さえるべき所の物は色々あるんでしょうけれど、その辺は個人的な好みの範疇に入る事なのでイベントネタとしてはなかなかまんがに使えないし、レポート「風」まんがであって完全なレポートマンガではないのでその辺ちょっと微妙なのねん。どちらかというと、イベントの傾向や世相を描いておきたいと言う感じのものなので。今回はそういう意味での強烈なネタって言うのはなかったんですよね。
私個人の嗜好やイベントで物買う基準も電撃読者の萌えポイントからおそらく大分ズレてるから、なかなか話題に上げられないんだよなあ美少女フィギュアって(笑)。
『超常機動サイレーン』9話
24ページ
2005年2月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 今回もギリギリネット入稿。…慣れちゃいかんと言いつつ慣れて来てしまっている自分。だめぽ。
内容的にはなんかデートっぽい話です。いや、まだホントのデートじゃないんだけど(笑)。
とりあえず次回は一回休んでDoll Master番外編です。サイレーンの方は単行本作業なのねん。
『超常機動サイレーン』8話
24ページ
2005年1月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 ほんでもってラブコメ展開(笑)。もう少し先の話まで1巻分に入るかと思っていたけど、ちょい無理でした。周辺事情やら色々を同時並行で描いて行くと結果的にメインの二人の話がまったりじわじわな展開になってしまって想定していたよりもエピソードの消化速度遅くなる訳ですが、二人の距離感を縮めるペースはコレ位の方が無理なくて丁度イイかもしれないんで焦らずに行こうかと。
次は車でデートとかにするかのう(笑)。
前回からデータ入稿に挑戦。モノクロ2値600で原稿を作るようになったので圧縮すれば送れるサイズ。…ギリギリまで作業できるのってすごい。…いや、このペースに慣れちゃいかんのだが。
『超常機動サイレーン』7話
24ページ
2004年12月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 そんな訳で今回は戦闘シーンから。っていうか、延々戦闘シーン…。めんどいよう(泣)。なんでこんな面倒臭い戦闘服にしちゃったんだと自分を呪いつつ作画しました。(ダメじゃン。)今回はクモさんが頑張る話。あざとい展開にしようと思って作ってみましたが果たして成功しているかどうか微妙…。ネーム描いてる時は楽しかったんですけどねえ。…作画で疲れちゃって…って、どうよそれって。こんなに沢山トーン処理をするのは嫌かも。うう。クモさん線多いし、なんかもう下絵を入れた段階でへとへとに…。やっぱね、こういうものはシステマチックなデザインでないとだめだよ。>自分。
 まあ、とりあえず次回はラブコメ展開を予定。ふう…。



トップページ● 仕事部屋 練習でゴー!井戸端掲示板秘密日記●同人関係リンク更新履歴 プロフィール