トップページ● 仕事部屋 練習でゴー!井戸端掲示板秘密日記同人関係リンク更新履歴 プロフィール

2001年に世間に出た仕事

下に行くほど古い記事です。



 
 
 

『DOLL MASTER』続編その19
24ページ
2001年12月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載予定
 前回はシリアスっぽくまとめましたが、まあ、クリスマスと言う事でおばかモードに逆戻りですな(笑)。
話的には何となくラブラブな雰囲気。…雰囲気だけね。実の所全然進展してないのだが(爆)。
それにしても葵川君、良く動くよね。君。
『DOLL MASTER』第2巻 単行本 12月17日発売!
180ページ
2001年12月17日発売 メディアワークス 電撃コミックス
 B6版の電撃コミックスから出てます。あとがき3+2ページ程描いています。よろしく〜。

1巻はフィギュアを自作しましたが、今回の裏表紙用のフィギュアはすんごい原型師の方が作って下さいました。
 とにかく立体好きな人は必見!!。余りにも人形が凄い出来なので今月、同メディアワークスから出る予定の、フィギュアマニアックス誌上にも紹介記事が載るそうです。

『DOLL MASTER』続編その18
24ページ
2001年11月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 今回はかなり初期の頃からやろうやろうと思っていた怪談話ッス。夏場でないのが玉に傷。ホントなら時期的にもう少し前にやっておくべきエピソードだったんですが、イベントネタが長引いてしまったのでまあ仕方ないです。
 平素のノリとは大分毛色の違う話だったので少々ネームにてこずったのですがどんなもんでしょうか?。
描き手としてはこういうのがオッケーかどうか、かなり気になる所なんですけれども。
『DOLL MASTER』続編その17
24ページ
2001年10月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 前回引いたイベント話の続き、アクション編です。…って、また考えていたのよりもアクション少なめになってしまいました。とほほ…。やはり一回分のページ数と、一話の中でこなしたいエピソードの分量のバランスが取れてないんだろうなあ…(>自分)。
もちっと飛んだり跳ねたりやらせたかったです。みゅみゅう(泣)。

派手目な衣装って描いてて楽しいですのう。いや〜、アクションシーン楽しんで描いたです。時間が掛かるのが珠に傷だけど。
あと、今回は俯瞰のモブシーンに異様に時間掛かりました…。その割にホワイトトーンで結構飛ばしちゃったりしたんだけどねえ(苦笑)。

『DOLL MASTER』続編その16
4ページ+24ページ
2001年9月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 夏のイベント話〜〜。雛子の正式なディーラーデビューでげす。
んで、後半ちょいとアクションシーンとか入れようと思ってたら全然入り切らないので、例によって前後編に分けてしまいました。トホホ…。

だから、エピソードが多すぎるんだってばよう(>自分)。この回で一応単行本2巻分になる予定なのですが引いちゃったよう。ごめんよう(泣)。

 あと付属の短編4ページは葵川君メインの馬鹿話。ページ調整の為に入れました。
買い手サイドから見た同じイベントと言う感じで。

『DOLL MASTER』続編その15
24ページ
2001年8月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 予告通り摩耶のお引っ越しです。欒(まどか)さん最登場。いや、もう、おそらく皆様の御期待通りって事で今回そう言う話です。
 それにしてもまんがらしいまんが描いてるなあ…わし。最近じゃあ、こういうバカっぽい表現使う人って少ないかも。……………………………………………………ハイクオリティな最先端コミック誌では。
『マンガでわかる 元気あふれる「社会起業家」』
3ページ
2001年7月7日発行 社団法人日本青年会議所、東海地区協議会 発行の小冊子に掲載
 地元の青年会議所のチームが「社会起業家」を紹介する為の冊子を作るにあたって、わかりやすく漫画で説明したいので、企画として漫画が描ける人が必要〜〜と言う事で、旦那の実家の方のツテから地元在住の私に白羽の矢が当たりました。

青年会議所のサイトで例題として挙げられるような簡単なお話を公募して、そのエピソードから漫画をおこす作業をしています。頂いたお話からネームを作って作画したのですが、とりあえず1ページに収まる紹介漫画を3点と、イメージキャラクターのカット数点をカラーで描きました。

 冊子は東海地区協議会の総会?でメンバーに配られたらしいです。普通に入手できるかどうかは不明…(^^;)。ホームページで公開するかもしれませんと言われたのですが、どこら辺に掲載されるのか、掲載されてないのかも、ちと不明です(^^;)。

アントレ君というディフォルメのキャラが原案のエピソードに沿って動く説明まんがなので、特に面白いとかそう言うものではないです。とりあえず。

 最初にこの企画を頼まれた時、先方からどんなものを描かれるのか見せて下さいと言われて渡した単行本に「おじゃる丸」が入っていたので、「すごいよ〜!!!!おじゃる丸だよ〜!!!!」と、えらく誤解されました。だからちがうっちゅーのに…。
 超メジャー作品ですから仕方ねえですが、「単に漫画版を担当しただけです」と説明したものの、やっぱり色紙をねだられました。たくさん(爆).

『ドリーマー・レイ』
8ページ
2001年8月10〜12日 コミケ会場にて限定発売 『電撃大玉(メディアワークス』掲載
 掲載誌は電撃大王がオフィシャルで発行している同人誌『電撃大玉』。コミケの時に企業ブースのメディアワークスの所で購入できるようです。

『DOLL MASTER』の劇中劇、架空アニメ作品『ドリーマー・レイ』を描いてみました。
ただし劇中に出て来ているハードな展開の部分ではないので念のため。
イメージ的にアニメが始まってから4〜5話目位の感じ。まったり流したかんじのおバカ臭い話って事で。

『DOLL MASTER』続編その14
24ページ
2001年7月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 同居ものの定番パターン?を消化…。なんかまあこんな感じで。
縛りの入った摩耶とか読者サービスの久具津(おいおい)なんかはハタからみると恥ずかしいんでしょうが、自分的には説教くさい久具津が一番恥ずかしいです。
『DOLL MASTER』第1巻 単行本発売中!
196ページ
2001年6月27日発売 メディアワークス 電撃コミックス
 B6版の電撃コミックスから出てます。あとがき3ページ程描いています。
よろしく〜。
『DOLL MASTER』続編その13
24ページ
2001年6月21日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 ロリロリ妹ものを狙いつつそうならないという感じでー(爆)。
こういうのって読者的にどうよ?と思うのですが…どんなもんなんでしょう?。

 妹萌え萌え〜が最近の流行りのようですが、実際の兄妹なんて、ガキの頃はもっとボカスカ殴り合ってても変ではないと思うんで…(年令差がなければ余計に)。

6歳となると結構な年令差な気がするから、「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」とか言われて、兄の方が相当被害を被っていたのかも知れないなあ。…この兄妹の場合。

『DOLL MASTER』続編その12
24ページ
2001年5月18日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 冒頭部分を膨らませたら、なんか今回も2分割っぽくなってしまいしました。っていうかこれだと2分割だってば。(いかんのう。悪いクセがつきそうで…。)

新登場の霜戸君は名前からもストレートに判る通り下僕って事です。ハイ。被害者系トホホキャラっていうのか?。(『雪乃』の時の鵜飼君みたいな。)今後も彼はバリバリ迷惑を被る事となるでしょう。不幸なやつ。
 

単行本1巻(ワーイ♪)の作業をしたのですがですが、最初の方は、キャラの顔が安定していなくて特にヘタクソだったりするです…。雛子なんか描き慣れていないせいもあって1話目はコマごとに違う感じがするしよう。
久具津…えらく丸くなったなあ(態度が。)予定ではもうちっとスレてアナーキーなキャラクターになるつもりだったんだけどなあ…。

っつー訳で、6月27日発売予定ですのでよろしく〜。

『DOLL MASTER』続編その11
8ページ+16ページ
2001年4月18日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 振りたいネタ、描いておかないといけないネタと、その時系列があまりにも交錯し過ぎていたので、今回は話を分割して2本立てにしました(笑)。ネーム始めた当初は一話分で描こうとしたんですが、全然まとまってくれなかったので苦肉の策とも言う(^_^;)。
ちなみに前半は前回からそのまますぐ引いてきている話です。…っていうか、前回、ページに余裕があったのならホントはこの8ページ分まで収めたかった所だったのですけれど、ページ数、作業時間の都合と話のまとまりの良さを優先させました。

 摩耶は描いてて楽しいです。ホント。勿論おやじも(爆)。

『DOLL MASTER』続編その10
22ページ
2001年3月18日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 摩耶のお受験の話です。例によって摩耶、大活躍。うう、なんて好き勝手動いてくれるんだ。美味しいやつ…。
で、又、おやじ描きました。すいません。すいません。凄く楽しいんです。すいません。女の子出したらおやじも描きたくなるんです。すいません。
(おやじを出す罪滅ぼしに女の子を描いているのかも…。わし。)
雛子…主役なのか?。本当に(苦笑)。
『おじゃる丸 約束の夏』 単行本発売中!
132ページ
2001年3月1日発売 角川コミックスドラゴンジュニア
 ドラゴンJr.に連載された『おじゃる丸』の単行本です。A5判の装丁ですが、漫画部分はB6判で、下部分にオマケが色々ついています。コラムとかパラパラ漫画とか。
 よろしく〜♪。
『DOLL MASTER』続編その9
24ページ
2001年2月18日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 ってな訳で眼鏡のおねいさん登場編の後編。なんか思ったよりもページがキツかったっす。(………毎度の事か…。目算が甘いのは…。)

 お陰で自分で期待していたようなアクションシーンが全然入らんかったです(泣)。ワンワンとおやじが、もっとバリバリ活躍できると思ってたのにいい(T_T)。できればこれの3倍くらいは描きたかったなあ…。

『DOLL MASTER』続編その8
20ページ
2001年1月18日発売 『電撃大王(メディアワークス』掲載
 眼鏡のおねいさん登場。おやじとワンワンが活躍出来るように前後編にしてみました。次回アクションやらしたいですのう。(ページに収まれば。)
ここんとこそう言うのは縁がなかったから〜(^_^;)。

 それにしても葵川君は良く動くキャラだなあ…我ながら感心する。これってアレだ。雪乃の時のゆりかさんパターン。ほっといてもどんどん自発的に動いてくれる馬鹿キャラっていいなあ。



トップページ● 仕事部屋 練習でゴー!井戸端掲示板秘密日記同人関係リンク更新履歴 プロフィール