TOP
   
   
伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)は夫婦神であり、天津神の命令で「このただよへる国をつくり固めなせ」ということで高天原より天下り、日本の国土を国生みした。国を生み終えた二神は35神の神々を生んだが、最後の火神を生むことにより、母神伊邪那美神は火傷を負い、死んでしまう。伊邪那岐神は妻神を亡くした事をいたく悲しみ、黄泉国に赴き、帰ってくれるように願う。伊邪那美神は黄泉神と相談する間、決して私を見ないことを約束させるが、伊邪那岐神は待ちきれなくなり見てしまう。妻神は恥をかかせたと伊邪那岐神を恐ろしい神々に追いかけさせ、最後は自分自身で追いかける。とうとう黄泉国の境である黄泉比良坂まで追いかけ、ここに大きな岩石を置いて交通を遮断し、夫神に離別の言葉を述べ、「あなたの住む国の人々を1日に1000人も絞め殺しましょう」といった。夫神は「私は、1日に1500もの産屋を建てよう」を返答した。これにより人々の生死を司ることになったという。黄泉国から帰った伊邪那岐神は穢れた心身を清めた、その時、左目をすすいだときに天照大御神、右目をすすいだときに月読命、鼻をすすいだときに須佐之男命の3神が生まれた。


TOP
   
   
天照大御神(あまてらすおおみかみ)。伊邪那岐神(いざなぎのかみ)より生まれた女神。伊邪那岐神より高天原の統治を託された皇室の祖神。弟である須佐之男命と誓約(うけい)を行って、3女神5男神を生み合う。須佐之男神はうけいに勝ったと天照大御神の田や畦、溝を埋め乱行を働く。怒った天照大御神は天岩屋(あめのいわや)に籠もり、高天原と葦原中つ国は暗闇となり混乱に陥った。そこで神々が協力し丁重に祭祀を行ったところ、それに応えて天岩屋から出て、国は明るくなり秩序が回復した。その後、御子の天之忍穂耳命を降臨させるべく葦原中つ国の平定を命じ、天孫邇邇芸命に豊葦原・水穂国の統治を委ねる。伊勢神宮の内宮の祭神。


TOP
   
   
大綿津見神(おおわたつみのかみ)。わた(海)+つ(の)+み(神霊)という名のとおり、海の神であり、山中諏訪神社の祭神、豊玉姫命の父神。伊邪那岐神と伊邪那美神が35神を生んだときの8番目に生まれた神。山彦、海彦の物語で火遠理命(ほおりのみこと)こと山彦が兄の火照命(ほどりのみこと)こと海彦から借りた釣り針を海中に落とし、海彦に責められ、探しに出かけ際、豊玉姫命と出逢ったのが大綿津見神の宮である。豊玉姫命と結ばれ、3年後、鯛ののどからみつかった釣り針を海彦に返しに地上に帰還する時、大綿津見神は山彦に海彦を懲らしめる為、呪詛の言葉と、しおみつたまと、しおひるたまを授け、山彦を地上に帰す。この物語により大綿津見神は海神として海だけでなく地上の水さえも調節する力を持つ水の支配者でり、豊玉姫命も同じ力を持つと考えられている。


TOP
   
   
大山津見神(おおやまつみのかみ)。伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)から生まれた速秋津日子神(はやあきつひこのかみ)と速秋津姫神(はやあきつひめのかみ)との間に生まれた神。須佐之男命(すさのおのみこと)と大国主命(おおくにぬしのみこと)の祖先を生む櫛名田姫(くしなだひめ)の祖父神。また、山彦(火遠理命)を生む木之花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)の父神。木之花開耶姫命の夫神である邇邇芸命(ににぎのみこと)が大山津見神に木之花開耶姫命への結婚を申し入れると、大山津見神は喜んで姉の石長姫(いしながひめ)を副えて奉じた。ところが、醜いいう理由で石長姫が帰されてしまい、大山津見神は「御子の命は雨風が吹いても石のごとく不動であれという祝いの意味があった」と大いに恥じ抗議をした。これにより、天皇の命が長命でない理由とされている。山神の象徴であり、三島大社の祭神である。


TOP
   
   
豊宇気姫神(とようけびめのかみ)。伊邪那美神(いざなみのかみ)が火神を生んで火傷を負い、ふせっているときに、尿(ゆまり)に成った和久産巣日神(わくむすひのかみ)の御子神。「豊かな食物(宇気)の女性神」という意味で「延喜式」の「大殿祝(おおとののほがい)」に現れている。伊勢神宮外宮の祭神。


TOP
   
   
建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)。鹿島神宮の祭神で、武神である。国譲りの神話の際、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の命により、葦原中つ国を天孫に国譲りするように、大国主命(おおくにぬしのみこと)に会いに行った神。大国主命との交渉中、現れた大国主命の御子神、建御名方神(たけみなかたのかみ)と争い勝つ。建御名方神は諏訪まで逃げていき諏訪の地にとどまる。それにより、建御名方神は諏訪神社の祭神となる。また、その際、建御雷之男神が使用した「ふつのみたまの剣」が神武天皇東征時に天皇の手に渡る。


TOP
   
   
邇邇芸命(ににぎのみこと)。天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫神で、木之花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)と結ばれ、山彦(火遠理命)を生む。神武天皇は曾孫になる。国譲りの神話後、天之忍穂耳命(あまのおしほみのみこと)が降臨できるようになった際、代わりに天降った神。その際、三種の神器でる「八尺の勾玉(やさかのまがたま)」「八尺の鏡」「草薙の剣(くさなぎのつるぎ)」を持ち、高千穂の山に天降った。


TOP
   
   
木之花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。日本随一の霊峰、富士山の神。その神を奉るのが、浅間神社である。大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘神で、邇邇芸命(ににぎのみこと)と結婚し、山彦(火遠理命)を生む。神武天皇は曾孫にあたる。また、山中諏訪神社の祭神、豊玉姫命(とよたまひめのみこと)の姑にあたる。邇邇芸命と一夜の契りを結び、身籠もったが、邇邇芸命は一夜で身籠もったのはおかしい、国津神の子ではないかと疑う。木之花開耶姫命は「もし国津神の子であったら無事に生まれることはないだろう」と云い、出入口のない産屋に籠もり、中から火を放ち、その中で無事、火照命(海彦)、火須勢理命、火遠理命(山彦)を出産し、邇邇芸命の子であった事を証明した。この火中出産の神話から浅間神社も安産の信仰を集めている。山中諏訪神社から橋を渡った隣にあるのが、山中の浅間神社である。この他、富士吉田に北宮浅間神社等がある。


TOP
   
   
火遠理命(ほおりのみこと)、火照命(ほどりのみこと)。山彦、海彦の神話の神。邇邇芸命(ににぎのみこと)と木之花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)との間に生まれた神。山彦は神武天皇の祖父神にあたる。神話では兄の海彦は漁をして暮らし、弟の山彦は狩猟をして暮らしていたが、ある日、山彦は海彦と互いの道具を交換する事を海彦に提案する。海彦はしぶるが、説得し、道具を交換した。山彦は海彦の釣り針を持って海に出かけたが、魚は釣れず、大事な釣り針を海中に落としてしまった。山彦は自分の剣からたくさんの釣り針を作り、謝ったが海彦は許してくれず、落とした釣り針でなければとだめだ、と云った。山彦は途方にくれ、海辺に佇んでいる処に、塩椎神(しおつちのかみ)が現れて、大綿津見神(おおわたつみのかみ)の宮に行く事を勧めた。山彦は大綿津見神の宮に行き、豊玉姫命(とよたまひめのみこと)と出会い結ばれた。3年間、宮に留まっていたが、海彦の釣り針のことを思い出して、大綿津見神に相談すると、大綿津見神は魚を集めて釣り針を探させた。すると鯛ののどから釣り針が発見され、山彦にそれを渡す。大綿津見神は、海彦にその釣り針を返す時、海彦が恨んで攻めてきたら、「しおつみたま」を使って溺れさせ、謝ったなら「しおひるたま」で水を退かせて助けるように云って、山彦に2つの珠を持たせ、地上に帰した。山彦は云われた通りに海彦を苦しめて、海彦が守護人として仕えることを誓わせる。海彦の子孫は隼人を云われている。その後、豊玉姫命が山彦を訪れ、出産をする。その際、豊玉姫命が産屋が葺き終わらないうちに産気づき、山彦に産屋を覗いてはならぬと云い、出産をする。山彦はそのいいつけを守らずに、覗くと、豊玉姫命が八尋(やひろ)もある鰐(サメ)になっているのを見てしまう。豊玉姫命は恥をかかせたと怒り、無事出産するも、陸と海の境をふさいで国に帰ってしまう。その時生まれたのが、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)、神武天皇の父神である。


TOP
   
   
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)。山中諏訪神社の祭神。大綿津見神(おおわたつみのかみ)の娘神。神武天皇の祖母神。浅間神社の祭神、木之花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の嫁神。火遠理命(ほおりのみこと)こと山彦の妻神。山彦は大綿津見神の宮に行き、豊玉姫命と出会い結ばれた。3年間、宮に留まった後、地上に帰る。その後、豊玉姫命が山彦を訪れ、出産をする。その際、豊玉姫命が産屋が葺き終わらないうちに産気づき、山彦に産屋を覗いてはならぬと云い、出産をする。山彦はそのいいつけを守らずに、覗くと、豊玉姫命が八尋もある鰐(サメ)になっているのを見てしまう。豊玉姫は恥をかかせたと怒り、無事出産するも、陸と海の境をふさいで国に帰ってしまう。その時生まれたのが、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)、神武天皇の父神である。その出産神話により安産の神をして奉じられており、また、海の神としても奉じられている。


TOP
   
   
鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)。神武天皇の父神。火遠理命(ほおりのみこと)こと山彦と大綿津見神(おおわたつみのかみ)の娘神、豊玉姫命(とよたまひめのみこと)との間の御子。豊玉姫命は山中諏訪神社の祭神。豊玉姫命が鵜の羽を葺草(かや)にして浜辺に産屋を作ろうとしていたが、屋根を葺き終わらないうちに誕生した御子であることから、その名がついた。豊玉姫命の妹神、玉依姫命(たまよりひめのみこと)と結ばれ、4神を生む。その1人の御子が神武天皇である。


TOP
   
   
神武天皇(じんむてんのう)。皇室の祖、初代の天皇。鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)と玉依姫命(たまよりひめのみこと)の間に生まれた御子。「日向三代」と云われる高千穂に降臨した邇邇芸命(ににぎのみこと)から始まった3代後、神武天皇は日向国から大和に進出する。その過程が神武東征の物語となる。日向を出発した神武天皇軍は、艱難辛苦の末、大和に進軍し敵陣を突破し、天香山(あまのかぐやま)の土を採って祭器「かわらけ」を焼き、祭事を営み、大和を平定する。その後、橿原宮(かしのはらみや)にて初代天皇に即位する。伊須気余理姫(いすきよりひめ)を皇后として、3人の御子をつくる。古事記によると137歳で崩御したとされる。


TOP
   
   
須佐之男命(すさのおのみこと)。伊邪那岐神(いざなぎのかみ)が黄泉国から帰ってきた後、禊ぎをした際、鼻から生まれた神。天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟神。天照大御神と誓約(うけい)をおこなって3女神5男神を生み合う。須佐之男神はうけいに勝ったと天照大御神の田や畦、溝を埋め乱行を働く。怒った天照大御神は天岩屋(あめのいわや)に籠もり、高天原と葦原中つ国は暗闇となり混乱に陥った。そこで神々が協力し丁重に祭祀を行ったところ、それに応えて天岩屋から出て、 国は明るくなり秩序が回復した。須佐之男命は天照大御神から高天原より出雲国へ追放される。須佐之男命は出雲国で勇敢な善神として働き、八俣の大蛇(やまたのおろち)を退治し、草薙の剣(くさなぎのつるぎ)を得て、天照大御神に奉ずる有名な神話がある。大山津見神(おおやまつみのかみ)の孫娘、櫛名田姫(くしなだひめ)と結ばれ、大国主命(おおくにぬしのみこと)の祖神となる。


TOP
   
   
大国主命(おおくにぬしのみこと)。天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟神、須佐之男命(すさのおのみこと)の6世の孫神。出雲大社の祭神。葦原中つ国を治めていたが、天照大御神の命により、建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)が訪れ、邇邇芸命(ににぎのみこと)に国譲りする様に求められ、それに応ずる。しかし、息子神の建御名方神(かけみなかたのかみ)がそれを拒み、争いになるが、破れ諏訪まで建御名方神は逃げる。大国主命は邇邇芸命に国土を譲り、杵築の地に隠退する。また、大国主命は稲羽(因幡)素兎(いなばのしろうさぎ)という有名な神話がある。


TOP
   
   
建御名方神(たけみなかたのかみ)。諏訪大社上社の祭神。下社は妻神である八坂刀姫命(やさかとひめのみこと)。大国主命(おおくにぬしのみこと)の御子神。天照大御神(あまてらすおおみかみ)の国譲りの命により出雲国を訪れた、建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)と争いになり、諏訪国まで逃げ、その地に居住し奉じられる。諏訪大社では上社の男神が下社の女神に会いに出かける跡とする諏訪湖の結氷亀裂「御神渡り」が有名である。