バナー

はまどら
おさかな
良心回路
掲示板
リンク

他の日付の過去ログ
過去ログ(アクア)
2004. 7~12  ← Go
2004. 1~ 6   ← Go
2003. 7~12  ← Go
2003. 1~ 6
2002.  ~12   ← Go



現在の回路に戻る
back
  良心回路      hata
  不良品の良心回路で感じたいろいろなこと。
  こちらは過去ログのページです。


・ ファインディングニモ
g_bata (03.6.27)
 ネズミーの新作アニメ映画が全米で封切られて、すでに様々な社会現象を起こしているそうです。
 グレートバリアリーフを舞台にした海水魚の物語で、主役はクマノミの親子。
 実は私も予告編を見て楽しみにしていましたし、海に対する興味やマリンアクアリストに対する
 理解が深まってくれることを密かに期待していました。
 ところが実際に起きた現象はそればかりではないようです。
 まずキャラのモデルとなったカクレクマノミが大人気となり、向こうのショップでは売り切れ続出。
 当然値上がりなどもあるでしょうし、需要が高まれば乱獲の心配もあるでしょう。
 また、人間に捕まったニモを助けるというストーリーのせいもあって、ショップで売っている魚を
 買い占めて帰り、海に帰そうとしてトイレに流したりする子供もいるとか…。(あのなぁ…)
 一番ビックリしたことは、この映画を紹介していた番組のコメンテーター・デーブスペクターが
 「塩水の魚だから普通の水の魚みたいに飼うのは簡単じゃないみたいですよ」って言ってたこと。
 デーブがまともなこと言ってるの、初めて見ました。(笑)
 アナタも映画を見に行った子供達にお魚を海に逃がしてあげろとか言われるかも知れませんよ〜。
 (日本では今冬に公開予定だそうです)
 ※ストーリー
 クマノミの親子であるマーリンとニモはグレートバリアリーフに囲まれて安全に暮らしていました。
 ところがある日幼いニモは父の心配をよそに、遠出をしてしまいます。
 ニモは人間に捕らえられ、歯医者さんのオフィスの水槽に入れられてしまいました。
 こうしてニモを救うためのマーリンの大冒険が始まります。
 …だそうです。
 (歯医者さん、また悪者にされてるよ… 。・゜・(ノД`)・゜・。 )

・おかしいぞ
cherb (03.6.25)
 いつも聴いているFMで天気予報が流れていました。
 「雨足(あまあし)が強くなるでしょう」って言ってたのが「なまあし」に聞こえました。
 (足フェチじゃないし、なまあしが強くってもなぁ。でもうみうしが強いよりいいかぁ…。)
 一体どうしたんだ、はまどら…。

・更新停止(してました)
afrcn (03.6.9〜16)
 気持ちのすれ違いはいつでも、また、誰にでも起こりうる事ですが、この「良心回路」がその
 きっかけになろうとは…。
 私がこの良心回路をコンテンツに加えるにあたって、一つだけ胸に決めていたことがあります。
 それは格好をつけたり、善人ぶったりしないで感じたことを感じたままに表現しようということ。
 例えそれが歪んだ感性であっても、です。
 ただ、当たり前ですが、傷ついたり傷つけたりは嫌ですね。
 私もかなり凹んでいましたが、落ち込んでばかりもいられません。
 これからも、自分の感性、というか自分そのものをしっかり見つめながら生きていきます。

・許容範囲
tuno (03.6.9)
 某アイドルグループに曲を提供しメガヒット、自身の新曲も保険のCMで使われ、再ブレーク
 しているアーティストがいますが、この人、麻薬で逮捕歴があるし(有罪)ホモなんですよね。
 逮捕され、社会的制裁も受け、本人も辛い時期を過ごしたことでしょう。
 それでも楽曲の良さ等でフォローされちゃう芸能界ってスゴイと思いますし、復帰を歓迎し、
 許容しちゃう、いわゆる「一般」の感覚(?)とやらもスゴイと思います。
 ※よく考えてみましたが、以下、決して差別ではありません。
 私はマイノリティはマイノリティとして尊重されるべきだと考えています。
 しかしクリミナルやアブノーマルを、マイノリティと同列に扱っていいのでしょうか?
 例えば、身近な例に置き換えてみましょう。(私にとっての身近な例かな?)
 麻薬で逮捕歴があるホモの医者がやっている病院に、患者として行きたいと思いますか?
 彼がもし医療人であったならば、その人のプロデュースするものがどんなに素晴らしくとも、
 恐らくその人は「一般」に受け入れられることはないでしょう。
 他人の性癖にも文句をつける筋合いはありませんが、同性嗜好の感覚はやっぱり気持ち悪い。
 オフィスから駅へと向かう道にホモ映画を上映している映画館があるのですが、夕暮れ時に
 その前で出会いを求めてたむろしている男達には、どうしても薄気味悪さを感じます。
 そういうものも個性(?)として認めてしまおうとする人権派に煽動された、最近の一般社会
 の感覚(?)にはついていけません。
 良い世の中になってきているのか悪い世の中になってきているのか解りませんが、このカオス
 は理解しがたいと思います。
 それともう一つ、ホモの人は♂役と♀役が決まってるのか交代でするのかとかも解りませんが
 解らないままでも、別にいいと思います。(爆)

・素
tatekin (03.6.5)
 自分とは一体何なのだろう。
 人間としての自分に目を向け、その内面を掘り下げようとする時、ともすれば個としての自分
 だけに目を向けてしまいがちですが、人間とは間柄的存在(※)ですので、他者との間にある
 自分にも目を向けなければなりません。
 向かい合う人が異なれば、当然その間柄として存在する自分も異なります。
 社会や全体性を考慮すれば、様々な自分の存在を認め、その非整合性をも認めなければならず
 その本質さえ見失いかねないこともありますが、そんな中、素の自分でいられる瞬間を見つけ
 られるようになりました。
 年を重ね、思考や視点なども変遷を重ね、今の自分があります。
 自らの理想を追求し続け、いつも、いわば他者になろうとしていた自分から脱却しようとして
 います。
 苦しいことはたくさんありますが、今、ささやかな幸せを感じています。
 ※和辻哲郎
 倫理学者:倫理学を「人間関係・従って人間の共同態の根底たる秩序・道理を明らかにしようと
 する学問」と定義づけた。
 彼によれば、人間とは他者とのあいだに存在する間柄的存在であり、個人と全体性の二つの契機
 により成り立つとされる。

・すごいぞ!週刊文春
sumire (03.5.29)
 以前、当コラムで取り上げた某週刊誌ですが、またしてもスゴイ広告を出してます。
 ブチ抜きワイド「帰ってきたバカ」←タイトルだけでもかなりのインパクト。
 そして、またしても「上戸彩の映画 見どころは「太モモ」だけ」との見出し。
 先日のバッシングに続き、ここまで書くとなるともう何らかの恨みがあるとしか思えませんナ。
 記事の内容よりも、確執の本音が気になったりして…。(爆)

・レアレア
pplfire (03.5.23)
 「レアレア」って知ってますか?
 以前、南の島のTV番組で聞いた言葉で、私のお気に入りなんです。
 ハワイの言葉で「お気楽に」とか「喜び」という意味になるそうですが、言葉だけにとどまらず、
 「人生は楽しむものだ」というハワイのライフスタイルを表すそうです。
 確かに自分の人生、楽しく過ごすのも悲しく過ごすのも自分次第ですね。
 そう考えたら、一度しかない自分の人生、もっと自分の為に楽しんでもイイよね。
 某所で使われる「マターリ」という言葉の感じに近いけど、それよりポジティブな感じですかね。
 自分自身を楽しませる為にちょいと頑張って、それからちょいと肩の力を抜く。
 そういうふうになれたらいいなぁ。
 
・職業差別
pepmnt (03.5.21)※言葉の勢いからか、多くの方に違うニュアンスで伝わってるみたいなので改変。
 大騒ぎされているSARS。
 アウトブレイクしたばかりの病気なので感染の機序や治療法が確立されていないこともあり人々
 が不安になるのは解ります。
 しかし、感染者が日本を旅行していたことについての報道には、どうも疑問を感じるのです。
 どのメディアを見ても該当者を「台湾人医師」と表記していますが、なぜ「台湾人男性」と表記
 されないのでしょうか?
 例えばこの患者が、会社員、塗装工、料理人など他のどんな職業だったとしても「台湾人会社員」
 とか「台湾人塗装工」とかの表記では報道されないんじゃないかと思うと、やはり医師に対する
 職業差別を感じます。
 報道の根底には「医者の癖に(←ココ重要)感染症に罹ったうえで国外旅行なんかして感染拡大の
 可能性を更に広げた不心得者」という認識があるのではないでしょうか。
 しかし罹患のリスクは誰にでもあり、潜伏期間中は罹患の自覚はないのですから、不幸が重なった
 という事もあるでしょう。
 確かに発症後の、彼の自身への対応には不注意な点もあると思いますが、正直これが自分だったら
 死の恐怖などもあるだろうし、的確で冷静な対応が出来るかは自信ありません。
 なんだか、病人を犯罪者扱いしているみたいだし、証拠もなく買春してたんじゃないかとか不躾な
 質問をできるA新聞の記者の方が、よっぽどたちが悪いとも思えるのですが…。

・理性の男
nanyo (03.5.20)
 本日、私の理性が吹っ飛びそうになる一瞬がありました。
 でもね、自分に正直になりたいってちょっぴり思ったりもしてね。
 だいっきらいだ、理性なんて…。(意味不明)

・なぞどくの理由
kanihaze (03.5.5)
 すっかりメジャーになった格闘技K-1。CMなどでも活躍中の角田選手が統括プロデューサーに
 就任するため、現役選手を引退することになり、その引退試合を中継する番組がありました。
 番組内で角田選手の奥さんにインタビューがあったのですが「夫の職業を聞かれると何と言って
 いいか戸惑う」と悩みを語り、そういうことも嫌なので早く引退して欲しいと言っていました。
 (K-1選手と言ってもいいし、格闘家と言っても空手道場の師範代と言ってもいいと思うが…)
 TVを見ながら、うちの家族も同じような事を考えているのかな、とふと感じました。
 というのは、私自身も基本的に職業を公表しないようにしているからです。
 自分の職業は天職だと思っていますし、誇りもあります。
 ただ相手の方からは強い先入観で見られることが多く、私自身そのリアクションからストレスを
 受ける事が実に多いのです。
 それこそ「人に聞かれたら何て答えるの?」と言われ「元格闘家とでも言っておけ」と答えた事
 もありましたが…(笑)。

・素直な心
kakure (03.4.25)
 父親として子供達にしてあげられること。
 私にとって子育てはありのままで全力でぶつかることです。
 まだまだ小さい彼らに常々厳しく教えていることがあります。
 それは「はい」という返事、「ありがとう」という感謝、「ごめんなさい」という反省。
 この三つを素直に言えるようにということです。
 やがて自分の人生を自分のものとして歩み始める時まで、素直な心で育って欲しい。
 そう願って子供達を見守り続けています

・侮辱
hata (03.4.20)
 出勤途中の電車のなか、某週刊文春の中吊り広告に目が留まりました。
 「深キョンでさえ卒業した堀越芸能コースを中退した上戸彩」という見出し。
 やり玉に挙げられているアイドルのことはあまりよく知りませんが(顔と名前が一致する程度)
 蔑まれているご本人よりも引き合いに出されているアイドルと学校の方が、よっぽどイメージ
 悪くなる書き方ですよねぇ。所詮ジャーナリストの良心ってこんなものなのかな?
 なんか、それでも笑っちゃう自分も失礼なんだけど…。

・バランス?
gbata (03.4.15)※話がムズカシイとのご指摘があり改変しました。
 今週の日曜日は勉強会で潰れました。
 勉強会と言っても、閉鎖的でレベルの低い集まりだったので正直、時間の無駄でガッカリでした。
 その中でも、参加者の一人がバランス論を振りかざしていたのには全く閉口でした。
 生体が生理的恒常性を維持できなくなり病気になると言う意味で、バランスという言葉を使う分
 には勿論異存はありません。
 しかしそのDr.は、身体のズレや歪みが万病を惹起するという考えでバランス云々と言うのです。
 ちょっと聞くと納得してしまいがちなのがこういう話の恐いところで、「あなたの病気は身体の
 バランスが悪いからだ」と言われたら、患者さんなら誰でも信じちゃいますよね。
 考えてみると、彼はその論拠も、それを証明する科学的データも呈示していない状態で、勝手に
 原因を特定している訳です。(原因:身体の歪み→結果:病気と断定)
 それでは、他の何かが原因となって病気を引き起こしており、身体の歪み自体は現れている病気の
 一症状に過ぎないと言う可能性を、どのように否定するのでしょうか?
 右と左の状態が違うから病気になると断言するなら、右手と左手の握力が違う人は全員病気になる
 のでしょうかね。
 その論理でいくと、シオマネキ(ハサミの片方だけが巨大なカニ)なんか、重病ですよ。(笑)
 ズレ・歪みが悪くないと考えてる訳じゃないんですよ。
 ただ、科学的データも無しに全ての原因を一つのものに帰結させ、それを悪いと妄信するその姿勢
 は科学者(Dr.も自然科学者なのです)というよりむしろ宗教家ですね。胡散臭いなぁ。

・水槽レイアウト
cherb (03.4.6)
 週に一日の休日。
 遊んでくれるのを心待ちにしている子供達には申し訳ないと思いつつ、朝から水槽に向かいました。
 大量のライブロックを入れっぱなしにしておいた水槽をいよいよレイアウト。
 コンセプトは“The Cave”深場の洞窟って感じです。(いずれアップします。)
 今までの水槽からの移設にはいろいろとトラブルがありましたが、なんとか落ち着いてきました。
 ところが今度は水槽用クーラーの故障。やけに冷えすぎるのでおかしいと思っていたら作動停止する
 気配がありません。調整を試みましたが、水温調節が効かないどころか電源スイッチさえ効きません。
 コンセントを抜かない限り作動しっぱなしなのです。
 修理に出す余裕もなく、しばらくは手動で使用です。
 さて、この水槽が落ち着いて、主役となる予定のマルチカラーが入るのはいつになることやら…。
 (追記:ニッソーさんが善処してくださいました。故障の原因はセンサー部の腐食。水漏れや塩だれ
  には充分注意していたはずなんですけど。)

・一寸先は…
afrcn (03.4.5)
 しかし、とんでもないご時世です。
 領主国は価値観の違う世界に戦争を仕掛け、我が国はというと未曾有の不景気。
 明るい話題が殆ど無く、更新も躊躇うほど…。(と、言い訳…)
 頑張らねば、とは思いますが、かなり辛いなぁ。

・あぽー
tuno (03.3.22)
 Data Back upやOSの移行検討でHPも更新が止まったままでしたが、もう大丈夫。
 ようやくケーブルに縛られないネット環境が構築できました。
 で、Air Macについて…。
 新型のAir Mac Extremeは発表当時OS9にも対応と謳っていましたが、よく確認してみると、OSX
 からでないと認識も設定も不能。一度設定すればOS9からでも使用できますが、設定の変更等は
 出来ず、再設定の際には、またOSXが必要。
 つまりOSXを持ってるOS9ユーザーなら使えるがOS9オンリーのユーザーには全く使えない代物。
 (そういうのは対応するとか言えないと思うのだが…)
 OS9でも使える旧型は僅かな市場在庫を残すのみで、既に生産も販売も終了。
 ユーザーをOSXに移行させるのに必死なのは解りますが、この辛辣なやり口はどうでしょう。
 OS9と共にユーザーも切り捨てられようとしています。
 
・水槽引っ越し
tatekin (03.3.16)
 ネットでいつもお世話になっているgaziさんが転勤されるそうで、オーバーフロー水槽と砂や
 ライブロックを引き継がせて頂くことになりました。
 今日は水槽解体から移動まで、あちゃさんやグッチさんとも合流して、ワイワイやりました。
 普段ネット以外では、このマリンアクアリウムという趣味について語り合う事も少ないので、
 他愛もない話とかをするのも楽しいのですが、話の随所にそれぞれの家庭などが垣間見えたり、
 また、特にgaziさんとは車中でずっと話をしていたので、人間性とか人生観等も感じられて、
 非常に有意義な時間でした。
 時々ジョークで煽ったりもしてますが、尊敬できる友人達と知り合えた事を誇りに思います。

・恥ずかしがり屋さん
sumire (03.2.21)
 ハタタテハゼの為に立ち上げたサブ水槽ですが、ハタタテは残念ながら☆となり、今現在は、
 ネジリンボウとランドールシュリンプの共生水槽となっています。
 仲良く共生してくれているのはいいのですが、ライブロックの下に巣を作り、籠もりっきりで
 滅多に姿を見せません。
 まるで岩だけ(コケ付き)の水槽で、コレ何入ってるの?って感じ。
 鑑賞できない魚達って一体?

・感謝
ppfire (03.2.14)
 このところ精神的なストレスが激しく、趣味に割く時間も取れません…。
 しかし、ネットを通じて海水魚仲間に随分とフォローして頂き、感謝の念にたえません。
 人間関係の絆が希薄になりつつある現代社会の中でも、思いやりと支え合いの大事さを実感
 してます。暗い気持ちをリセットして、私も人間性を磨かなければ…。頑張ります。

・ネットで誹謗中傷
pepmnt (03.2.5)
 職業が職業ですから「世の為人の為に」日々相当努力しているつもりです。
 しかし、それがどう評価されるかは、対する人によります。仕方のない事です。
 多くの方はかなり私を信頼して下さり、わざわざ遠方からお越し頂く方も少なくありませんの
 で、それに応えるべく、責任感とやりがいはしっかり持っているのです。
 しかし先日、偶然にもネットで悪口を書かれていた事が発覚。
 ネット上の便所の落書き的掲示板に付随する地域限定の掲示板に約二年前に書かれていたよう
 です。現在、当該掲示板には過去ログは残っていませんが、それを複製したと思われるページ
 を晒しているHPを見つけたのです。
 誰が何処で何を言おうと勝手なのかも知れませんが、腐った人間がいるものだと驚くばかり。
 テンション下がりっぱなしです。

・ハタたてられないハゼ
nanyou (03.1.26)
 ネット仲間とチャットをしながら、ふと水槽を見ると、なんとハタタテハゼの背びれが無い!
 ペアと思いこんでいたハタタテハゼにやられたようです。すぐにメイン水槽に引っ越しさせた
 のですが、むこうでもクマノミの洗礼に…。(まあ少し広いので何とかなるでしょう)
 それにしても魚の相性というか、何を入居させるかって難しいですね。
 欲しい魚はあるのですが、今いる魚達の事も考え、二の足を踏んでしまいます。
 (何万円の魚が何百円の魚にやられたりとか、実際ありそうで…)

・捨て台詞
kanihaze (03.1.25)
 午前中の診療を終え、ようやくつかの間の休憩を得たと思ったら、それも儚く消えました。
 乱暴にドアが開き、茶髪の男(20代?)が入ってきました。
 で、開口一番、挨拶も何も無しに「おい、痛てえんだから診てくれよ。」と怒鳴る。
 突然の、しかもあまりの横柄さにしばらく言葉を失いましたが、気を取り直して応対。
 今は昼休み中なので、午後の診療時間になってから受付しますとお話ししましたが、彼の口から
 出てきた言葉は「ふざけんな。おまえ、今なにもしてないじゃんかよ。」
 (昼休みとはいえカルテをPCに入力中だったのだが…)
 この若造にタメ口でオイとか言われるような年でもないのだがなぁ…と苦笑し、まあ、仕方なく
 診療申込書を用意して受付の用意。
 保険証の提示を求めると「持ってねえよ」「別に関係ないだろ」だそうだ。
 保険証がないと10割負担になることを説明すると「なんだてめぇ、脅してんのか、コラ」ときた。
 さらに次の瞬間には「もういいから別のトコ紹介しろ!」である。
 あっけにとられつつ、こみあげる怒りを抑え、当院を出て通りを挟んで向かいに二軒も商売敵が
 あることを告げると「てめえのツラは一生忘れねぇからな」と捨て台詞を吐いて出ていきました。
 まったく対話にならないことを苦慮しつつ、誠実に対応した結果がこれです。
 (しかもこういう輩、最近じゃ珍しくないのです)
 こういう輩に限って後で「あそこで断られた」などと人を悪く言うんですねぇ。
 A新聞などの医療バッシングも、こういう悪意に満ちた偏見がほとんどです。
 処方箋はもはや、ナシ。

・最近の水槽
kakure (03.1.10)
 かつてメイン上段水槽にはスズメくん達が居住していたのですが、どうにも気の荒い方々なので
 ソフトコーラルを優雅に鑑賞できなかったのでした。
 ライブサンド導入をきっかけにレイアウト変更とお魚の引っ越しをして、スズメくん達は下段に
 移っていただいたので、ようやくソフトコーラルのゆらぎを堪能できるようになりました。
 住みかが狭くなった為か、ボス格のネッタイスズメがやりたい放題の大暴れ。
 他のスズメを攻撃しまくりで、すでに二匹を他界させました。
 そりゃ自然界は弱肉強食。
 「タンクの中ではみんなで仲良くしてね」っていうのは人間のエゴかも知れないけど、おいおい
 っていう感じです。

・新年を迎えて
hata (03.1.7)
 昨年の暮れは、なぜかブルーになっていて、あまりプラス思考になれませんでした。
 そんな時、何よりも励みになるのは「おさかな」、ではなく、実は子供達の存在なんですね。
 小さな子供にしてみれば、打算や条件・理由等何も無く、ただ絶対的に大好きなパパのようです。
 そこにあるものは絶大な信頼のみ。落ち込んでばかりもいられません。
 「頑張らなきゃ」と決意をあらたに2003年に望もうと思います。
 さかな達を眺める余裕も実は子供達からもらっているのかも知れません。



ホーム