バナー

はまどら
おさかな
良心回路
掲示板
リンク

お気楽だったあの頃。
規格水槽時代
小さな水槽はこちら!
  おさかな      g_bata
  部屋の中の小さな海、心を癒すCoral&Fishたち。
  いよいよオーバーフローによるNatural systemに突入。
  はまどらマリンアクアリウムのご紹介。
  

Tank

新はまどら水槽 Natural system version

line

multicolor ・メインタンク
 コンセプトは“The Cave”
 マルチカラーの為の水槽を立ち上げるべく、やや深場の
 洞窟をイメージしてレイアウトしました。
 照明も強すぎない程度にして、現在はソフトコーラルを
 中心に楽しんでます。
nejirinbou ・隔離用ケース → more info!
 プラケースをオーバーフロー仕様に改造。
 メインタンクとエアチューブで接続されています。
 元々は問題児サラサゴンベの為の独房でしたが、本人は
 身投げして☆に…。
 現在、ランドールとゴビーを共生水槽になっています。 
subtank ・サブタンク  → more info!
 30cm規格水槽です。
 生体の変更や設置場所など、幾つもの変遷を乗り越えて、
 ベッドサイドに居座っている静かで、じみ〜な水槽です。
 現在サブタンク45cm化計画にて、存続の危機を迎える。
 メイン水槽のお下がり(スキマー&クーラー)待ちです。

メインタンク 60×45×45cm オーバーフローグラスタンク (マーフィード製) Special thanks to Mr.gazi 
サンプ
60×36×30cm 規格水槽を転用
鑑賞用照明
蛍光灯20W×3 (興和BB450×2&12000K×1)
育成用照明
サンライトアクア70W & コンバージョンフィルター Special thanks to Mr.acha
循環用器材
メインポンプ:Rio2500 水流:ナチュラルウェーブ&パワーヘッド(MJ500×3&Rio800×1)
スキマー
レッドシー プリズム
クーラー
ニッソー NC-180 (循環用にエーハイムエコ2233)
生物濾過担当
PVさんのライブロック & CPFさんのライブサンド & アラガマックス
コーラル
スターポリプ,コハナガタ,ヤナギカタトサカ,ウミキノコホワイトポリプ,ミドリイシ,エダコモン
おさかな
マルチカラーピグミーエンゼル,レッドヘッドゴビー,ゴールデンネオンゴビー
特殊部隊
撹拌部隊:ヤドカリ,マガキガイ コケ取り部隊:ヘソアキクボガイ(めっかり君)

サブタンク 30cm規格水槽
好気濾過担当
テトラOT-60
嫌気濾過担当
エーハイムエコ2231+テトラナイトレイトマイナス
生物濾過担当
PVさんのライブロック
冷却ファン
ジェックス 冷却スリムファン&ファン専用サーモスタット
タンクメイト
ヨスジリュウキュウスズメ,マガキガイ,ヤドカリ

Natural systemへ:憧れのマリンアクアリウム。
        昔のはまどらにとってはとても遠い存在でした。
        細々と熱帯魚を飼育していましたが、海水魚は飼育が困難で、飼育の為の設備も費用
        も莫大にかかるという偏見的マイナスイメージが先行して敬遠しちゃってたんです。
        でも、ある日気付いたんです。
        どことなくグロい熱帯魚じゃなくて、やっぱり綺麗な海水魚を飼いたい自分に…。
        何とかローコストかつイージーに目的を達成できないかと思い、全く何の知識もない
        状態から、ネットで海水魚飼育のノウハウを収集し、淡水熱帯魚から転用した60cmの
        規格水槽からスタートしました。
        トライ&エラーを重ね、サイフォンボックスで規格水槽を上下に連結、水量も確保し
        あの環境では結構ベストに近い生体均衡を維持できるようになっていました。
        マリンアクアリウムはお金や居住空間に余裕のある方の特別な趣味じゃないんだって
        反骨心みたいなものもあったし、お気楽にかつ安上がりに美しい海水魚を楽しむ事に
        ささやかな幸せを感じ、それなりに満足もしていました。
        しかし、どうしてもぬぐえない亜流というか邪道感。
        やっぱり、たった一つの没頭できる趣味なんだから、自分に正直にならなくちゃ。
        スミマセン。
        オーバーフローでナチュラルやってみたいです。
        なるべく器材を増やさないとか、マニアックにならないとか、言ってましたが嘘です。
        ウソつきな私です。
        カミングアウトしてしまえばもう恐いものは無い。
        家族の冷たい視線も恐くなんか無いぞー。(すみません。また嘘をつきました。)
        と、そんなある日、偶然gaziさんの転勤でオーバーフロー水槽を引き継がせて頂く事に
        なり、移設立ち上げにまたしても悪戦苦闘。
        それでもマルチカラーを飼う為の水槽というコンセプトもあり、いよいよ主役も降臨。
        新はまどら水槽 Natural system versionをご紹介させていただきます。


ホーム