潮見櫓・・・きもの日々徒然
恥ずかしながら着物姿を出してみました。
自宅や周辺ではポリや木綿ウールです。
お出かけは小紋か紬です。
2003年07月31日

涼しいです♪
母の度派手な銘仙を単衣にして上から紺色をかけました、後の赤っぽい格子は元の柄が透けてるのです。生地が薄いのでお尻がメルのを気をつけてます。電車でも座らない(~o~)でもまるでカゲロウの羽のように薄くて真夏の涼感演出に欠かせません!帯は見たとおり、博多献上です。

2003年07月29日

祖母のXXXXX
祖母のサマーウール?浴衣?意味不明な生地です。木綿ではないがウールでもなさそう?袖丈が短かったので作業着にしてます。裄、身幅は出しました!帯はもめんの八寸を半分にちょきん、半幅帯(はんちゃ)にしちゃいました!ばばあコーデかな?

2003年07月21日

休日普段着バージョン
下からのアングルは苦手です。自宅でどうでもいい着つけでおはしょりモコモコ(^^ゞこれで寝転がってるあざらしとは私のこと?幅広の4寸5分の夏小袋帯は抑えが効いて普段着には便利です。長着はポリの紗紬亀甲柄です。涼しげでこれは購入正解でした!

2003年07月20日

親子で浴衣でぶらぶら♪
娘はブランド浴衣です。帯は裏の色変わりを利用して華やかな蝶結び!私は白地に花菱の浴衣に薄紅色のポリ紗蜻蛉柄帯、紫の蜻蛉珠を通した組紐でやの字結びです。私のこの浴衣?なぜか棒襟のため着づらいです。

2003年07月11日

むしむしするので涼感演出
梅雨の明けやらぬこの季節、気温というより湿気でむしむし、見た目の涼感を大切にしました。雨がひどいので着物はポリの紗です。薄水色の紗の博多献上やレースの帯〆が涼しさを感じさせてくれます。でも中は麻の長襦袢でできるだけ爽やかに過ごすようにしてます

2003年07月07日

七夕の日の浴衣
紺地に白だけのオーソドックスな浴衣です。織りが縦絽風な感じです。この鳥をその日の気分で鶴やらなんやらに見たてます。今宵は七夕ゆえにカササギという気分でしょうか?白の綿の博多献上で渋めのコーデかな?昨年生まれてはじめて縫った浴衣です。ここから和裁に・・・

2003年06月25日

なんかどアップ?
透け感のある化繊の単衣です。化繊の単衣はこのごろ生地に面白さがあってなかなかです。袷はあれって言うのもあるけど・・・単衣に関しては自由な発想で面白い生地が増えて遊べます。これも洋服地を着物にしたような意外性があります。柄は寒色で木の葉の柄です。帯揚はその色をとって浅黄色の絽の帯揚、帯は八寸博多献上帯〆は白と赤の帯〆、これは太ったときに同じ二本を後で継ぎました。

2003年06月26日

浴衣その1
浴衣も見たいなんて言われちゃって、調子にのって恥ずかしながら浴衣もUP(^^ゞグレー地に薄い紫と黄のアクセント、紺地の竹がレトロなくせに涼しげです。でも裾も袖口もミシン縫いで注文して届いたときにはがっかりしました(>_<)そのため外へは来ていかない浴衣です。帯は紫で合わせてやの字結び、とんぼ玉を通した細めの帯〆で押さえてます。

2003年06月23日

てふてふでうるさいかな?
蝶の柄の山吹色の夏紬です。帯も青地に黄色の蝶が飛んでます。苦手な色なので帯揚、帯〆も黄色系で統一してできるだけすっきり感をだしたつもりです。やはり暖色系は顔映りが私の場合はイマイチだなあ?中学になってカメラマン(娘)が不在が多く、せっかくの単衣が画像upができないでいます。

2003年06月10日

帯留めがずれた(^^ゞ
帯留めがあっち向いてホイ?してる(>_<)とーても地味な夏お召しです。でも実はラメ入りなんです。帯はくすんだ朱の三分紐、帯留めは中国製の玉に帯留め金具をつけました♪わかりますか?実は袖のしつけをはずしていません。躾糸は殿方に抜いてもらうもの!旦那と喧嘩中なので、躾糸を切る殿御が見つからず上からコートを羽織ったのでそのまま出掛けました(>_<)

2003年06月09日

雨コートその1
入梅です。私の雨コートは6枚、これは4〜6月、9〜10月用かな?私のだいすきなおねえさまのコートを気に入ってしまい、似たような感じを探したがありませんでした。そこで口説き倒して無理やり譲り受けてしまいました。薄手なので、旅行用にも重宝しています(~o~)

2003年06月08日

単衣の紬じゃ
仕立て下ろしの単衣の紬です。現実の色味はもう少し青ぽいです。グレーの夏帯に絽の黒の帯揚げ、帯〆もレースにするとちょっと夏すぎるのでカジュアル用の皮ひもおびじめにしました。帯は角だしにして、しかし、織りの着物は単衣だとどうして身体のラインに寄りそう感じがなく硬いですね。

2003年06月02日

単衣だよ(^。^)
今日の熊本は29,6度でした。でも風があって、まさに単衣元旦かな?5月の辛抱と6月1日の衣替えの苦労が今日に集約されてます。この紺の夏お召しは祖母の着物でした。洗い張りして裄を目いっぱいだして、繰越揚げもおろして精一杯サイズ変更しました。でもおはしょりはぎりぎりです。でもこの着物だいすき!シュスのようなシャリ感がなんともきていても清涼感があります半襟は絽に紫陽花の刺繍襟、帯はくすんだ青の博多献上、帯揚げはまだ綸子、ブルー系のグラデーションです。帯〆には蜻蛉玉で涼しさ選出。ブラは黒木氏のガラスのペンダントトップを根付に改造!

2003年05月28日

最後の意地です(>_<)
あと少しで単衣です。それまでは根性だ!単衣仕立てのサマーウールです。生成りな色目にピンクとブルーの芙蓉の柄行がいかにも季節っぽいです、珍しく同系色の帯にピンクの帯揚げで何気に奥様風なおとなしめのコーデにしてます。淡いグリーンのおびじめに蜻蛉玉を通して気持ち涼しさを演出しましたが、サマーウールはやはり暑いです。風を呼びこむために夏バージョンの襟あわせです。夏場はかなり襟を抜いてゆったり目に合わせます。でもこの着物は抱き幅が結構あるので襟袷を浅くすると脇で着物が余って逆に太め強調なのがつらいです。涼しさをとるか見た目の細さを取るか?究極の選択を余儀なくされてます。

2003年05月17日

結婚式です♪
さあ、ついに結婚式です。ベージュの色留袖です。スワトウ刺繍で金銀の熨斗目模様が入ってます。本当は比翼仕立てにするところですがそうするとかなり着ていく場が減るので普通に仕立ててもらって訪問着感覚で着ています。帯ももう少し金銀の方が格が合うのですがこの有職文様の刺繍袋帯が色目がばっちりこれと合うのでこういう組み合わせが多いです。こんな中間色ってあまり好きではないのですが刺繍の見事さに惚れぬいて手が出てしまいました(-_-;)

2003年05月09日

最終秘密兵器
ふふふ!これが私の皐月専用の秘密兵器です。母の夏結城を薄手の胴裏と八掛で袷にしちゃったんです。母はいやーな顔をしたがもう一枚夏結城はあるし、どうもこの柄は涼しげとは言いがたいので・・・・しかしおかげでこの着物は大変涼しいのです。この着物があるから五月もがんばれるのかもしれない。月末はこの着物に絽の襦袢かめちゃ暑ければ麻の襦袢で逃げて涼しげに博多献上なんかを結ぶことにしてる。

2003年04月28日

珍しくレトロ調
黒地にベージュのよろけ縞の小紋です。八掛けは桜色の桜柄!なんと(@_@)これってポリの洗える着物なんです。ポリに見えないくせに洗える利便性から旅行用の着物です。帯もポリの昔風の裏が赤の帯でボリュームを生かして角だしにしてみました。姫路にはこんなコーデでした、帯は旅行用の軽い黒無地の帯にしましたが・・・・

2003年04月23日

2の腕付き画像(^^ゞ
流水柄の小紋です。もう娘にあげなきゃって思いながら決心がつかない着物です。さわやかな柄なので四月五月の定番かな?薄手なのもうれしいです。ただ帯合わせが難しい着物です。次回は青の無地の帯を合わせようかな?

2003年04月22日

青葉がまぶしくて
青葉がまぶしくて、負けないように緑の無地の紬です。グレーの濃淡の市松模様の帯にグレーの帯揚げと黒の帯締めです。中国製の黄の玉が本日のぶら、扇子は大好きな日本画家鹿見先生から頂いた牡丹の柄、今月いっぱいかな?

2003年04月19日

珍しく白地の着物です。
ほとんど白地の着物を着ることがなくなった私です。この着物は母から譲り受け、高校生のころはこの着物に朱のちりめん地の帯を合わせてましたが、年相応に黒の帯で締めてみました。地はちりめんですが薄手なので春秋用です。柄は紅型調です!昨日HPの更新がうまくいったのでひさしぶりに旦那に着姿を撮ってもらいました(~o~)

2003年04月09日

娘の入学式でした
娘の中学の入学式!108名の生徒に着物姿の母親は四名のみ、小学卒業式は生徒36名に着物母3名ですから、かなり割合低下(-_-)さて今日は緑の付け下げです。手書きの春の花がぼかしたように入っていて濃いグリーンが際立ちます。金銀が入ってないので小紋感覚できてもいいのですが・・・・帯は白地に銀、帯揚げおびじめは付け下げの柄の菜の花の黄色を使いました。帯留めは黒地に鳳凰でお祝い気分を演出!

2003年03月29日

PTA懇親会だったので
PTAの卒業の懇親会でした!これでさよなら小学校(~o~)黒地に白で線描きの蝶柄の小紋です。ほとんど黒の無地ぽいのですが、敢えて帯は黒地に赤の花柄の帯をあわせてかなり個性的なコーデにしてみました。帯揚げもおびじめも黒です。

2003年03月23日

オフ会のようす
この画像で5kgの激太りを発見!顔がアンパンマンになってるよ(T_T)着物もいつもの濃い色にすればよかった(T_T)極妻ルック失敗編

2003年03月26日

濃青の小紋
青い小紋です。具象化された花がなかよく並んでます。柄がうるさいので帯は無地、帯締めも帯揚げも帯地より濃い目の臙脂ですっきりまとめたかったので・・

2003年03月25日

卒業式です!
薄紫の桜の辻が花訪問着です。今日が仕立て下ろしです。三年ほどまえにあつらえました。友人の結婚式のために!でもようやく結婚するそいつは5月の結婚式になったので、娘の卒業式に着ることに、それにしても生活感漂う背景に(^^ゞ白の桜の刺繍半襟に白地の銀の紗綾柄の袋帯、帯揚げは着物と同色のちりめん地、濃い紫の三分紐に桜柄の帯留めで暑苦しいほどの桜尽くし!

2003年03月21日

娘の卒業祝いに焼肉ディナー
焼き肉やさんで娘の卒業祝いをすることに、もし、こぼしても目立たない柄行で今日のチョイスは紺地の蝶柄の紬です。蝶柄の帯も考えましたがそこまでやるとやりすぎかなって?無地の無難な朱の帯を持ってきました。ちなみにこの着物は朱の八掛けを掛けてます

2003年03月22日

半襟は白が好き!
白襟、白足袋派の私です。こんなオーソドックスな紺の紬には白い半襟が効きます!紺地に多色な柄が入ってます。無難な光沢のある明るい黄土色の帯です。帯締めは多色の組紐タイプのものです。

2003年03月22日

普段着バージョン
絣調の柄の木綿の袷にピンクの市松模様の半幅帯です。自宅ではこんな感じです。

2003年03月23日

今日は着物オフ会
着物でくっまおとのリハーサルでした。極妻ルックです。縞の小紋に黒無地の帯を角だしで結んでます。画像では見えづらいのですが細い組みひもの帯締めに通したとんぼだまが今日のこだわりかな?扇子は桜、根付は朱のミニ印籠で唯一の差し色にしてみました。

2003年03月15日

PTA対応地味目コーデ
PTAだったので、かなり地味目にまとめてみました。グレーの紬(白い花)市松のグレーの帯、濃いグレー(ほとんど黒)の中羽織をあわせました。でもここら辺が年相応のコーデかな?

2003年03月17日

大島紬その3
わたしの大島紬は計4枚です。その中でも大のお気にいりです。母からのものです、今は見かけないとても大柄の柄行が素敵です。泥大島です。昔は若い時から着物なのでこんな大柄のしゃれた柄があったんでしょうね。このごろの大島は着る人購入する人の年代むけに地味過ぎてるような気がします。

2003年03月18日

大島紬その2
グレーみの大島紬です。亀甲柄で無地感覚できれるので、春らしく白地に花柄の帯にして見ました。あまり白地の帯ってすきじゃないけど、春になると白地の帯を締めたくなる!

2003年03月18日

とても好きなコーデ
黒の大島に赤の短冊模様が、大好きな白地の木綿の帯赤の蝶柄が効いてるでしょう!

2003年03月13日

自宅バージョンです。
濃紺の縞の紬風ポリです。帯は有栖川紋の臙脂の小袋帯です。半襟は黒です。自宅では汚れ目のしない黒の半襟は出番最多!

2003年03月11日

春めいて
明るいグレーの綸子の小紋です。かなり光沢があるので軽いパーティーにもいい感じなんですが何せ、艶があって色が明るいので太って見えるため単独できるより上から羽織つきで着ることが多いです。黒に花輪の帯を大きく角だしにしてボリュームに負けない帯に結んでます。帯揚げは八掛けが黄色なので黄色、帯締めは黒に多色使いです。

2003年03月11日

背景に洗濯物が・・・・
ひえええ、背景には素敵な作業中の洗濯物が散乱してる(^^ゞでも生活感があっていいかな?自宅用の普段着バージョンです。仕事にいくだんなを捕まえての撮影タイムなのでご容赦を(~_~メ)
高校生の時に祖母が縫ってくれたウールの単です。黒に赤で麻の葉模様が入ってます。帯は白地の本筑博多献上の半幅帯です。例によって普段用皮ひも帯締めです。

2003年03月10日

小豆色のちりめんです。
最近買った中ではちょっと失敗したかなって思ってるちりめんです。市松模様にウサギがはねてます。長着として着るには印象が強くなってしまって、着まわしが不便かなて?帯は先日購入のポリの古代紫の袋帯、角だしに結んでボリュームをつけてます。帯揚げは古代紫、帯締めはグレーと臙脂の帯締めです。八掛けがピンクなので、半襟は桜の刺繍のピンクの半襟です。

2003年03月10日

自宅での普段着バージョン
よく普段は何を着てるのって言われるので、前回のHPの爆発で普段着バージョンが消失してしまったので新たに普段着の撮影です。着物は無地の木綿の単です。帯も木綿の半幅です。矢の字か貝の口に結ぶので必ず帯び締めをします。帯締めは手芸用品店で黒の皮ひもを買ってきて好きな長さにして使います。これてカジュアル感があって普段には何気におしゃれでお勧めです。実は太目のため普通の帯締めが短いという事情もあるのですが・・・

2003年03月09日

着物で温泉へ
日曜日の温泉は洋服で行くのですが洋服を出すのが億劫だったのでそのまま、普段着物ででかけました。最近は娘も思春期で大浴場を嫌がるので娘と二人で家族風呂へ、これだと更衣室がゆとりがあるので温泉も着物でいいかなって?木綿の袷にデニムの刺し子の帯(半幅)です。

2003年03月08日

結婚式おでかけ
この日は寒かったのですがすでに三月でしたので、うすでのコートにしました。もともと母の白地に臙脂の羽織でしたが上から濃い青をかけて道中着に仕立て直してます。悉皆前は化粧櫓に画像があります。

2003年03月08日

あららこれも腕が・・・
どうも袖の柄を見せようと張り切ると2の腕に気が回ってないな反省m(__)m、今日は結婚式でしたので総絞りのブルーの訪問着です。蝶の縫い取り刺繍がはいってます。ただし総絞りなのでただでさえ太目がさらに太く見えるのでかなり、胸の周囲は気を使いました。白地に銀の紗綾型の袋帯を2重太鼓にしてます。帯揚げは着物と同系色のブルー、帯締めは金と銀の平うちの礼装用、半襟は白のちりめん地に金の桜の刺繍の半襟、ぶらはブルーのガラス玉、礼装なので塗り骨の扇子を挟んでます。

2003年03月07日

あらら身八つ口から2の腕が(^^ゞ
げげげ、腕が見えてる・・・反省m(__)m、おとなしい色目の朱色の地に連続した小花のがらがはいってます。若草色の帯揚げと半襟が春ぽいでしょう!帯締めは朱の革製です。帯留めはこうもりのがらです。こうもりは中国では幸運の象徴です。

2003年03月06日

雨でなんかいいかげん・・
雨なんで正絹小紋では一番ぞんざいな扱いを受けてるレンガ色の小紋の登場です。でもこれってなぜか襟がバチ襟で仕立ててあるので襟がすっきり決まるので着やすくていいんです。かなり八掛けがくたびれてるのでそろそろ悉皆かなって思ってますが、今年は無理なので後回し!帯はグレーの露芝柄、帯揚げはグレー、帯締めは黒です。

2003年03月05日

モダンな長コート
これって母の度派手なお召しでした。白に赤と銀の渦巻きでした。上から落ち着いた臙脂ぽいワイン色を掛けてもらい、長めのコートに仕立て直してもらいました。地が厚めなので寒い時のコートに活躍中です。悉皆前は化粧櫓にUPしてます。

2003年03月05日

きもの祭典にいく
急いだため、おはしょりが後から落ちてきてモコモコになってしまい、最悪の着姿になってしまいました。この色は似合わないのでいやなのですが、間違いなく氏素性の正しい着物なので、こんな見栄張りパーティー用です。人間国宝小宮康孝氏の江戸小紋です。大昔結納でだんなからいただきました。共の八掛けと伊達襟がついてます。ピンクの桜の刺繍の半襟をあわせて帯は総絞りの蝶柄、帯揚げはグレーにして、帯締めはピンク、帯留めは琉球塗りの桜、ぶらはピンクのてでぃべぁでして、ようは桜をイメージしたコーデです。ちょっと年齢的に気恥ずかしいかな?

2003年03月04日

ちょっとだけ春!
更紗柄のちりめんの小紋です。半襟を若草色にして春を演出、帯に同じ若草色をもってきました。帯揚げは帯の中のピンクをあしらってみました。帯締めは着物の多色使いをそのままつかってます。長じゅばんも若草色でコーデ!

2003年03月01日

無難に
エジプト柄の小紋に無地の臙脂の帯です。この小紋は八掛けが臙脂なので無難なコーデを、帯揚げも臙脂、帯締めはおとなしく黒です。

2003年03月03日

考えなしの・・
とくに考えてないコーデです。半襟がオレンジでしたので更紗柄からとったオレンジの帯で全体に同系色でまとめて・・・

2003年02月28日

羽織がメイン
もうひとつ似合わない黄色のつむぎなので上から祖父のこげ茶の羽織で押さえてみました。半襟だけ黒を持ってきて印象を強めました

2003年02月26日

モダンに・・
ちりめんのモダンな洋柄の小紋です。無難にピンクの帯です。柄がモダンなのであまりいじらず着物の雰囲気を大切にコーデ!明るめの光沢のある青の帯揚げがきめてです。

2003年02月24日

角だしで粋に
白大島を朱に染めてます。黒の麻の葉の帯をつのだしに結んでボリュームをだしてみました。

2003年03月01日

柄物たびっくす
外へ色足袋で出かけることはないのでここでだけお見せしました。

2003年02月21日

暗い画像ですが・・・・
天気がよすぎて暗くなってしまってますが、赤の無地の厚めの紬です。白地に赤で蝶がはいってる木綿の帯です。わかりづらいけど、同じ2本の帯締めを背中でついで長さを出してます。そのため左に白、右に赤がきてます。

2003年05月07日

てふてふ帯(今度こそ画像UP)
なぜか、迷子になるこの画像です。蝶ゆえに飛んでいくのでしょうか?いろいろ蝶は持ってるけど一番のお気にいりです。総絞りの帯です、手は白地の綸子になってます、暗くて見えにくいですがこの着物が成人式に作った振袖です。もちろん今は袖を切ってますが!黒の江戸小紋2反で振袖作りました。



戻る