ジャン・ギャバン

『大いなる幻影』

1937年 フランス

出演:ジャン・ギャバン、ピエール・フレネー

監督:ジャン・ルノワール

内容:第1次世界大戦下、ドイツ軍の捕虜となったフランス軍中尉の決死の脱出を、ドイツ軍将校との友情を絡めて描いている。残酷な戦争における人間同士の絆を描いている名作映画。第1次世界大戦下、フランス軍のマレシャル中尉とボアルデュ大尉は、ドイツ軍の捕虜となってしまった。2人は、収容所からの脱出を試みるが。

『獣人』

1938年 フランス

出演:ジャン・ギャバン、シモーヌ・シモン、フェルナン・ルドー

監督:ジャン・ルノワール

内容:機関士を演じたいというジャン・ギャバンの希望から生まれた作品。機関士のジャックは、汽車の中で殺人事件を目撃する。しかし、犯人の妻のことを考えて証言しなかった。

『霧の波止場』

1939年 フランス

出演:ジャン・ギャバン、ミシェル・モルガン

監督:マルセル・カルネ

内容:港町で知り合った脱走兵と薄幸な女との束の間のほろ苦い恋を描いているラブ・ロマンス映画。人生に疲れた男女が出会ったことから悲劇が起こる。脚本は、詩人のジャック・プレベール。

『現金に手を出すな』

1954年 フランス、イタリア

出演:ジャン・ギャバンジャンヌ・モロー

監督:ジャック・ベッケル

内容:アルベール・シナモンの原作を基に映画化。5000万フランの大金を盗んだ2人組が、その金をめぐる争奪戦に巻き込まれて、復讐と裏切りに傷ついていくギャング映画。

『地獄の高速道路』

1955年 フランス

出演:ジャン・ギャバン

監督:ジル・グランジェ

内容:現金強奪事件の犯人の1人を誤って轢き殺したばかりに、犯人一味から執拗に追われるトラック運転手の運命を描いているサスペンス映画。

『ヘッドライト』

1955年 フランス

出演:ジャン・ギャバン、フランソワーズ・アルヌール、ピエール・モンティ

監督:アンリ・ヴァルヌイユ

内容:男と女の細やかな愛情と人生の哀愁を描いている秀作のメロドラマ映画。長距離トラックの運転手である初老男のジャンは、宿屋の娘クロチルドに出会って恋に落ちる。しかし、彼女は彼の二まわりも年下で、ジャンには家庭があった。ジョゼフ・コスマによる主題歌も大ヒットした。

『医師』

1956年 フランス

出演:ジャン・ギャバン

監督:ジャン・ポール・ルシャノワ

内容:南フランスの小さな村で、保守的な村人たちを説得して、近代的な無痛出産技術を広めようと努力する医師の情熱を描いているドラマ映画。

『殺人鬼に罠をかけろ』

1958年 フランス

出演:ジャン・ギャバン

監督:ジャン・ドラノワ

内容:ジョルジュ・シムノンの小説を基に映画化。女性ばかりを標的に狙った連続殺人の謎を追うメグレ警視の活躍を描いているサスペンス映画。

『ギャンブルの王様』

1959年 フランス

出演:ジャン・ギャバン

監督:ジャン・ドラノワ

内容:ギャンブルが好きで、その日暮らしをしている没落した貴族の気ままな人生をユーモラスに描いている人情コメディー映画。

『サン・フィアクル殺人事件』

1959年 フランス

出演:ジャン・ギャバン

監督:ジャン・ドラノワ

内容:ジョルジュ・シムノンの小説「メグレ警視」シリーズの1編を基に映画化。目の前で心臓発作を起こした幼なじみの伯爵夫人の死に疑惑を抱いたメグレ警視が、伯爵夫人の莫大な財産を狙う犯人の犯罪計画を暴いていくサスペンス映画。

『冬の猿』

1962年 フランス

出演:ジャン・ギャバンジャン・ポール・ベルモンド、シュザンヌ・フロン

監督:アンリ・ベルヌイユ

内容:冬のノルマンディー地方を舞台に、人生の冬を迎えた初老の男と若くて奔放な男の心の触れ合いを詩情豊かに描いているヒューマン・ドラマ映画。冬のノルマンディーの小さな町でホテルを経営している初老の男アルベールは、酒に酔っては大暴れてして警察の世話になる町の鼻つまみ者の若い男フーケに親近感を覚えて親しくなる。フランスを代表する名俳優ジャン・ギャバンとジャン・ポール・ベルモンドの最初にして最後の共演作品。日本での知名度は低いが、フランス映画史上に残る傑作。

『地下室のメロディー』

1963年 フランス

出演:アラン・ドロンジャン・ギャバン

監督:アンリ・ベルヌイユ

内容:5年の刑期を終えて出所した老ギャングが刑務所仲間の若者と組んで、カジノの大金を狙うサスペンス映画。

『シシリアン』

1969年 フランス

出演:ジャン・ギャバンアラン・ドロンリノ・バンチュラ

監督:アンリ・ベルヌイユ

内容:フランス映画界3大スター共演のフィルム・ノワール。パリ・ニューヨーク間を飛ぶジェット機に積まれた莫大な宝石奪還を巡るマフィア一家の確執を描く。

『暗黒街のふたり』

1973年 フランス、イタリア

出演:アラン・ドロンジャン・ギャバン

監督:ジョゼ・ジョバンニ

内容:銀行強盗で12年の刑に服し、更正しようとする男を待ち受ける非情な社会を、彼を見守る老保護司との友情を絡めて描いている。12年の刑に服役中、仮出獄した男が、犯罪を企んでいると疑う警部の悪辣な罠にはまり、殺人を犯してしまう。刑務所体験のある異色作家、ジョゼ・ジョバンニ監督の問題作。

『美女誕生ソフィア・ローレン』

1980年 アメリカ

出演:ソフィア・ローレンジャン・ギャバンアーマンド・アサンテ

監督:メル・スチュアート

内容:大女優ソフィア・ローレン自らの半生を演じる異色ドラマ。イタリアを代表する大女優ソフィア・ローレン。貧しかったナポリの少女時代から女優として世界的なスターとなるまでを彼女自身と彼女の母親役を1人2役で演じている。

 

BACK   TOPページへ