ダウンウォッシュ
(Down wash)




 コナンが操縦するヘリを墜落させた原因は「ダウンウォッシュ」にあったが、
「ダウンウオッシュ」とは一体何なのか。

 ヘリコプターのローターは飛ぶ為に下方へ風を作り出しており、
この風の事を「ダウンウォッシュ」と言う。
ヘリのダウンウォッシュは広大な畑への農薬散布に利用したり、
その強風を消火に用いたりもされている。」

 ヘリの胴体を持ち上げるほどの風を作り出しているという事は、
ローターを境に下は空気の圧力がかなり高くなっていて、
逆に上は空気の圧力が相当低くなっている。
その状態で降下速度を上げすぎるとどうなるか?
自ら作り出したダウンウォッシュの影響でローターはその役目を果たさなくなり、
ヘリは簡単に墜落してしまう。
コナンはこれを分り易く「ダウンウォッシュに入った」と表現したが、
正確には「セットリング・ウイズ・パワー」と言う。
また、技術者の間では「ボルテックス・リング・ステート」と呼ばれている。

 「セットリング・ウイズ・パワー」にはベテランの操縦士でも陥る事があり、
これが原因の事故は多々起きている。
ただ、最近ではヘリの性能も良くなり、昔と比べて降下速度を上げても、
「セットリング・ウイズ・パワー」には陥り難くなっている。