2011年

1月の特別研究科
『フランボワヤン』 角仕上げ
パートシュクレ・バタークリーム・ジェノワーズ・チョコレートを層にして組み立てていきます

仕上げのチョコレートはテンパリングをして、にじんだ模様に仕上げます。

1月のFree
『チョコ・クッキー 』
      
焼いているのにチョコレートを食べているような口溶けの良いチョコレートサブレ。
カプリコのような食感になっています。今までにない食感です。


2月の特別研究科
『ショコラ・フランボワーズ』 
型抜きショコラ。
フランボワーズのガナッシュがセンターに入ったショコラ。


2月のFree
『ふんわりブッセ』
      
ハチミツ入りのふんわりブッセ。
クリームがミルキーでお子さまにも大人気です。


3月の特別研究科
Charlotte au Jasmin  シャルロット・オ・ジャスマン
ジャスミンティーのババロアとチョコレートの組み合わせ。
上品なジャスミンの香りがほのかに漂うケーキです。

3月のFree
『Cake au chocolat au lait et fleur de sel』
ミルクチョコレートを使った、スリムパウンド型で焼き上げていくケーキです。
アクセントのフルールドセルが後を引く美味しさです。

4月の特別研究科
ロイヤル・フレーズ
苺がいっぱいで、思わずほほえみたくなるようなのケーキです。
ピンクと白のラインが美しいデコレです。

4月のFree
『ガトー・ド・ボア』
ココアのシュー生地を使ったトヨ型仕立ての苺のケーキ。
シュー生地とクレームディプロマーとの軽やかな味わい。苺が春の香りを漂わせてくれます。
18pトヨ型2本


5月の特別研究科
『タルト・フロマージュ』

ブルーベリーとアプリコットが入ったチーズタルト。
クランブルをのせて焼き上げていきます。クランブルの食感が引き立っています。

5月のFree
『抹茶とココアのアーモンドサブレ』
抹茶の香りと、ココアのほろ苦さが効いたサブレ。
薄くスライスして焼き上げていきます。

6月の特別研究科
『ショコラ・ポワール

チョコと洋梨のクリームの組み合わせ。
チョコゼリーと洋梨のまろやかなクリームが新鮮です。


6月のFree

『ダクワーズ・オ・スリーズ』
コーヒーとバニラクリーム、グリオッティーヌをサンドしたダクワーズ。
グリオッティーヌのほどよい酸味がアクセントでクリームの濃厚さを和らげてくれます。
コーヒーとご一緒にいかがでしょうか?

7月の特別研究科
『リモーネ
チョコとレモンのアントルメ。15p仕上げ
黄色と茶色と黒のコントラスが美しいケーキです。

7月のFree
『チョコバナナちゃん』
チョコとバナナの焼き菓子。
バナナ嫌いの方でも美味しく食べれます。

9月の特別研究科

『Gateaux de vosges Napoleon ガトー・ド・ヴォージュ・ナポレオン
コーヒー味のアントルメ。
コーヒーガナッシュで作る、サイドのロールの渦巻きが可愛らしいです。


9月のFree
『紅茶のショートケーキ』

ミルクティーを生地、クリームに使い、カソナード入りのスポンジがコクを出しています。


10月の特別研究科
『サブレ・カンパーニュ
木の実やドライフルーツを使ったサブレ。
ガナッシュでサンドします。


10月のFree
『タルト・ポワール』

クレームダマンドに生クリームが入り、リッチな配合の洋梨のタルト。

11月の特別研究科
『TARTE DES ANTILLES   タルト・デ・ザンティーユ
クリームチーズをベースにした、バナナ、プルーンとレモンの香りが聞いたタルト。18センチタルト型

11月のFree
『マロンのパウンドケーキ』
パウンド型
マロンペーストを使った、重厚なバターケーキ。
栗の渋皮煮も高級感を出しています。

12月の特別研究科
『Buche Marron Vanille  ブッシュ マロン ヴァニーユ』
生地だけでも美味しいビスキュイマロンをベースに、クレームバニーユ&マロンの2種類のクリーム。
カットした断面が楽しい絞りで組み立ててゆきます。 トヨ型2本

12月のFree
『Charlotte aux Fruits シャルロット オ フリュイ』

シャルロット生地でロールを作っていきます。サイドはサブレのツリーでデコレします。
クリスマスデコレで華やかに演出していきましょう。