Welcome to

荒木 國臣の世界へ

最終更新日 2019年9月19日
You are the Visitor
th since November6.2002

私とは誰か

主要著作・論文(電子版 2012/3/29更新)

映画・演劇批評
   (2019/9/19更新)

創作・短歌・美術批評
(2017/10/18更新)

 21世紀へのメッセージ
   (2017/11/30更新)

荒木國臣の世界ブログ(試用開始)

地域経済・中小企業情報(2012/3/29更新)
我が最果ての旅行記(2018/7/251新)

メールはこちらから


21世紀を拓くイベント情報2009/5/1更新)

当サイトはリンクフリーです。
Please link this page to any other sites.
平和と研究目的であれば当サイトの如何なる使用も許可されます.
And you can use the all words of this site for peace and research
但し文章及び論文の無断引用はご遠慮ください。

処女論文集『日本絞り染織産業の研究』(同時代社 1997年 3800円)
を上梓致しました(ご注文は書店又は著者まで)

第2論文集『転換期の地場産業−情報化戦略の挫折と展望
(東京経済社 1700円  2001年11月1日刊行)を上梓いたしました。
御高覧のうえご高評下さい(ご注文は書店又は著者まで)。

第3論文集
『発見・探究 地域産業』(2002年10月刊行 1500円)
を上梓致しました。ご注文は電子メールでどうぞ。

第4論文集
『東アジア国際分業の「調整」問題』(2003年4月2日刊行 500円)

第5論文集
『中部経済圏におけるものづくり中小企業の経営環境』(赤磐出版 2003年8月15日 1000円)

随想歌集(赤磐出版 2004年1月28日)

第6論文集
『日本仏壇工芸産業の研究』(赤磐出版 2005年9月15日 1800円)

処女小説集
『最後の舞踏』(赤磐出版 2009年11月25日 1500円)

第7論文集
『戦争芸術と戦争責任』(赤磐出版、2015年8月15日、1000円)

第8文
『現代芸術論の探究(仮題)』(準備中)

第9論文集
『リアリズム芸術の歴史と理論』(赤磐出版、2016年、2000円)

第10論文集
『民主主義芸術運動の歴史と理論』(赤磐出版、2016年)

「管理された美意識と現代リアリズムの可能性」(日本美術会理論部論集、2017年2月)

「抵抗し斃れた美術家からの伝言」
(『アンデパンダン70周年記念誌』2017年3月)

第11論文集
『「いのち」の思想と芸術』(赤磐出版、2019年)

1万ヒット記念拙著贈呈は名古屋市の山口さんです。おめでとう。(2002/1)
2万ヒット記念拙著贈呈は札幌市の林さん、犬山市の江田さんです。おめでとう。(2002/3)
5万ヒットを記念して拙著贈呈は上田市の村松さん、高鷲村の大脇さんです。おめでとう。(2004/2/10)

本ホームページが岡本真氏運営の学術利用ACADEMIC RESOURCE GUIDEに掲載される
こととなりました。未だ未熟なサイトですが皆様のご高評よろしくお願い申し上げます。

掲示板はメンテナンスのため閉鎖します。
ご迷惑をおかけしますがしばらくお待ちください。

 開設の辞・・・21世紀は、私の後半生を刻印するカウントダウンの音がかすかに聞こえてくる世紀となりました。リアルタイムで進行するリターンマッチの許されない毎日の生が、自ら身に覚えのある振る舞いとして記録されていきます。非反省的に展開し疾走してきた前半生も迷い多きものでしたが、後半生をできうる限り反省的に歩んでいく道標として、このホームページをささやかに営んで参りたいと秘やかに期しています。新世紀の初頭にあたって、悪戦苦闘して開設しましたこのページに幾ばくかの愛着が湧いています。みなさまとの熱い交流のなかでうまれいでたこの生命を大切に育てていきたいと願っております。生ましめんかな、呼びかけんかな遙かな希望の彼方へと。(2001年1月1日)
                                                                                    
 開設2年を迎えて・・・ささやかな希望をもって小艇を漕ぎ出してはや1年が過ぎました。このページを支えていただきました延べ5千有余人のみなさまには心より御礼申し上げます。ゼロから構築していくこころおどるような未知への扉を開いてから、進んで参りました私の道程に容赦のないご批判を頂きたいと思っています。ふたたびめぐりきた新しい年は、少し曇り気味の穏やかな風景がひろがっています。いささか気負い気味の開設の辞が本物であるかどうか試されるこの1年ではないかと心中ひそかに覚悟しております。事実と真実にたじろがず真正面からこの世界と切り結んで参りたいとの念ますます強く、みなさまがたの厳しく暖いご支援をこころより期待しております。では、出航!!(2002年1月1日)


  [告知]・・・息子が買い換えを迫ったのでやむを得ず、遂にWindowsXPを搭載したPC本体に換えました。NECPC9821V20に愛着が湧い ていた私には大変な作業でしたが、何とか無事にコンテンツをすべて移し替えることができました。かなり快適に動くのですが、そんなに速度が驚異的に違うとも思えません。あたらしいPC本体は、中国製でブランド名がないという少々怪しい代物ですが、75000円もいたしました。縦横に使いこなすように精進したいと思っています。 もしなにか不都合なことがありましたら大至急メールでご連絡ください。(2002年1月3日)

 
開設3周年を迎えて・・・明けましておめでとうございます。2003年は私にとって格別の意味を持つ年となります。リテラシー不足を克服しながら、より充実した内容にしていきたいと思っています。メモリーを補充してより快適にできるよう大晦日に大須で購入してセット致しましたが、さて結果はどうでしょうか。激動する世界の中で揺るがない灯台の意味を、羅針盤の意味を持ち得たらと願いつつも、道は遠くして思いは半ばです。雲一つなく晴れ渡った青空のもとで、2003年は明けましたが、世界とみなさまの今年を象徴するものとなりますよう願っております。では再びの出航を!(2003年1月1日)

 開設13周年を迎えて・・・21世紀の初頭に開設してはや10年以上が過ぎ、世界も日本の予想を超えた激動が繰りひろげられ、ベンヤミンのいう現在は過去からの呼びかけに応えるという逆説的な歴史を実感させます。このサイトも「21世紀へのメッセージ」は作者のリテラシー不足により休業状態ですが、その他はなんとか稼働中です。夕闇が迫り、夜の帳がおりようとしているのに、未だミネルヴァの梟は飛びたつようにはみえません。すでに飛びたっているのでしょうか。もはやミネルヴァの梟を待っているわけにはいかない時代が訪れているような気がします。作者のささやかな知力と感性をふりしぼって、この時代をきりひらいていくような灯台の灯火を照らし続けようと念願しています。(2014年1月2日)