2003.12.30
「超」忘年会である。年末の忙しい時なのに、大勢の仲間が我が家にやって来てくれた。感謝である。ナガシマシェフが腕を奮い、皆で持ち込んだお酒を囲んでワイワイ。楽しい。

楽しい1年が過ごせたのも、こういう楽しい友達のおかげだ。ありがとう!と心から言いたい。そして来年も懲りる事なく皆で飲んだくれることを楽しみにしているのであった。

 

2003.12.29
普段は全くテレビゲーム等に興味もないしプレイもしないのだが、ちょっと気になるプレステのソフトがあった。その名はホラーゲーム「SIREN (サイレン)」である。小学生並みに博士にねだり、買ってもらった。

このゲームは エピソードをひとつひとつクリアーし、その無気味な物語を体験するゲームである。非常にリアルな上、ちょっと気を抜くとあっと言う間に自分が操作するキャラクターがゾンビに殺されてしまう。
私は操作するのも恐いので、自分が欲しいとねだったくせに博士にプレイさせて横で眺める日々が続いている。見ているだけでも非常に恐いので精神的に疲れるが、プレイしている人はもっと疲れるらしい。エピソードをクリアーしても何故かすっきりとした達成感が得られない、なんとも不思議なゲームなのである。

 

2003.12.28
激辛うまラーメン、はまってしまった。
また行っちゃった。。

 

2003.12.27
なんと東京に雪が積もった。昨晩、知らぬうちに雪が降っていたようだ。
さっそくあお君を屋上に連れ出し、雪遊びをさせた。楽しそうに雪の上をスキップするように歩いていて、「か、かわいい〜〜」と親ばか全開であった。


この日はいつもお世話になっている従兄弟のお兄ちゃんを呼んで「忘年会」を開いた。最近の私達の話題は例の「激辛うまラーメン」である。
そのお店はメニューが豊富なので、次は何にチャレンジする?と円陣を組んだ。こんな私達に付き合ってくれる従兄弟のお兄ちゃんが大好きなアマグリであった。

2003.12.25
クリスマスである。
今年で博士と過ごすクリスマスも結婚前からも数えると15回ぐらいとなる。スキーに行ったり、ディズニーランドに行ったり、温泉に行ったり、、。毎年色々な事をした。(いや、本当に博士に感謝である。)
そして考えた。今年の私達にぴったりなクリスマスは何かと!名案が浮かんだ。そう、常連となった「焼き肉屋」でクリスマスを祝おうではないか!!二人とも大盛り上がりで同意。そして、
もうお腹がはち切れんばかりに食べて飲んだ。楽すぃ★
しかしいつもは行列の焼き肉屋さんなのに、ガラガラだった。クリスマスは穴だ。

 

2003.12.24
クリスマスイブ。この日は家でゆっくり祝おう(飲もう?)ではないかと言う事で、クリスマスパーティー班長の私は準備に奔走した。
毎年楽しみにしている、ローストチキンを買いに出かけた。このローストチキンはフランス人の有名シェフが作っており、毎年この時期にだけ銀座プランタンの地下で売っているのだ。
しかーし!なんと言う事か!!空輸ミスでまだ届いてないと言うではないか!コレがなくては始まらない。「じゃ、待ってます」と映画を見たり、買い物をしたりと3時間程時間を潰し、再度チキンを買いにデパートに戻った。
「ご、ごめん。まだ届かない」すまなそうに頭を下げるフィリップさん(売り場のフランス人)。仕方がないよ、フィリップ。至極残念であった。
しかし何とかメニューを立て直し、パーティーの準備は整った。この日の為にとっておきのワインとシャンパンを空け、飲んだくれのクリスマスイブはふけていくのであった。

2003.12.23
従兄弟のお兄ちゃんお薦めの「激辛うまラーメン」を食べに行った。板橋区にお店があるので我が家からはかなり遠い。車で約1時間近くかかり、その噂のラーメン屋についた。
ラーメン通にはかなり有名なお店らしく、激しく行列が出来ていた。普段、行列をしてまでラーメンを食べるのなんて考えられないのだが、「絶対くせになる旨さだから」と聞いて来たので行列に並んで待つ事とした。約1時間ぐらい並んだだろうか、やっと店内に入り、食券を購入。そのお店の一番人気の「蒙古タンメン」なるラーメンを待つ。
ふと隣の席を見ると若いカップル。その男性が震えて顔を真っ赤にしながらラーメンを食べている。どうも私が頼んだラーメンより辛いメニューを食べているようなのだが、その姿は尋常じゃない。え?あんな風になっちゃうの?とかなり不安になった。
いよいよ蒙古タンメンが到着。意を決して食べた。それがすごく辛いんだけど、すごく旨いのである。想像より激辛で、ちょっと体が痺れちゃったけど、汗をかきながら完食した。
「う、うめぇ〜〜!やばいよ、はまったよ」
博士はその店で一番辛い「冷し味噌つけめん」を食べていた。これはめちゃくちゃ辛いらしく、これが美味しいと食べられればこのお店ではベテランらしい。すごろくで言えば「あがり」からゲームを進めている感じか。
博士も真っ赤になりながらも「うめぇ〜」と満足していた。
多分また行っちゃうよこのお店。。

 

2003.12.22
冬至である。
スーパーに行くとカボチャとゆずが飛ぶように売れていた。この日にカボチャを食べて、ゆず湯に入ると風邪を引かず1年を過ごせるそうだ。
「た、試してみるか?」と、カボチャを煮て、ゆず湯にも入った。
で、もう風邪を引いている場合も効果ありなのかな?

 

2003.12.21
初めは「二日酔い」だと思った。
が、風邪がぶり返したようだ。薬を飲み一日ベットで寝て過ごした。
撃沈。

 

2003.12.20
なんとか体調も復活!本日は楽しみしていた「地鶏料理忘年会」である。
この店は料理も最高!酒も最高!なのでついつい飲み過ぎ食べ過ぎをしてしまう店なので要注意である。以前この店で焼酎を飲み過ぎ、帰宅途中自転車ですっ転び、右肩に大きな擦り傷を作った。この店に飲みに行く時は母から「くれぐれも気をつけて帰ってくるように」と心配される。
さて、今回もすんばらしい料理であった。新鮮な鶏でなければ絶対不可能な鶏の刺身。そしてなんと珍しい白いレバーまで今回は大盤振る舞いなのである。これがまた焼酎とあうんだぁ!!今回来れなかったメンバーには申し訳ないが、本当に旨かったっすよ。
その後も鶏鍋、鶏チャーシュー、地鶏ラーメンと宴会は続き、私ははっちゃけた。そんなには飲んでいないんだけど、自分が病み上がりだって事を忘れて飲んで食べた。楽しかった。

2003.12.18
なんとか休む事なく、今回の仕事も最後までこなした。
しかし家に帰ったとたんに具合が悪くなり撃沈であった。

 

2003.12.15
治りかけていた風邪がぶり返した。
土気色の顔で仕事をしていると、皆が心配してくれる。
でも忙しいし、休めないよな〜。。。

 

2003.12.13
家を建ててからずっと手付かずにいる「裏庭」がある。
いつかやろうと思ってはいたのだが(遊ぶので)忙しいし、面倒臭いので気付かぬふりをして2年が経った。そんな私達にしびれをきらしたのか、両親が突然裏庭に2トントラック二杯分の土を入れた。
「えええええ〜」とびっくりしたが、土が流れては勿体無いので仕方なく作業を開始した。
はぁ。私は農家の嫁にはなれないと思った。明日は筋肉痛の予感。

 

2003.12.12
今日からまた「働く主婦」である。頑張らねば!
今日から新しい男性社員が私達のお目付役としてやって来た。
このお目付役、中々の個性派である。ほぼ初めて会った私に、「おはよう、はじめまして」のかわりに「旦那さんのおこづかいっていくらですか?」と聞いて来た。びっくり仰天である。
他の女性スタッフにも「???」な質問をしまくっているらしく、赴任2時間ですっかり皆に敬遠されてしまった。今度はどんな事を聞いてくるのだろう?と逆に私は結構楽しんでいる。

 

2003.12.11
なんとか声も出るようになり、調子も戻りつつある。
今日は友人と銀座でランチの予定だったので、強行した。
外に出ると気を張るせいか、体調が悪いとは思えない程元気である。
スペイン料理を食べ、アフタヌーンティーで豪華にお茶までして楽しい一日を過ごした。
明日から仕事が始まると思うと気が重いけど。。

 

2003.12.10
なんと言う事か!風邪をひいた。
いつも食欲全開の私なのに、食欲もない。
しかも咳が止まらず、声も出ない。
あああ、年末で忙しいって言うのにぃい。

 

2003.12.06
ありがたいことに無事にボーナスが出た。博士に感謝感激である。
と、言う事でナガシマ家恒例「物欲全開祭り」である。

さっそく合羽橋に向かい、前々から欲しかったルクレーゼの鍋と、そしてそして噂の?「ガッジアのエスプレッソメーカー」を購入した!もう止まらない、誰も止められない物欲の鬼と化した夫婦である。普通どちらかが諭したりするものだろうが、我が家は二人で暴走するので勢いは増すばかりだ。ま、いっか。

そしてなんだか気分が高揚して、お約束の焼き肉まで行ってしまった。このままでは痛風にまっしぐらだとちょっぴり心配になった。


物欲祭獲得商品:エスプレッソメーカー

2003.12.05
昨日の天気とは一転。雨で寒い。
寒いけど、心は熱いアマグリである。
で、何故か気分はまだ「情熱のスペイン」なのである。
時間をかけて「ひよこマメのスープ」や「豚肉のトマトソース煮」「小海老のオリーブ揚げ」「マグロのスペイン風煮込み」などなど、スペイン料理を作りまくった。本日バルあまぐりである。

しかし、すんごい量作っちゃった。誰か遊びに来ないかな。。二人じゃ食べきれないよ。

 

2003.12.04
今日は田町にあるスペイン料理屋に行った。
こじんまりとした店内のムードもまあまあだし、料理も美味しい。
値段もタパス(小皿料理)が300円からと良心的な値段で、スペイン旅行を思い出しながら楽しい時間を過ごした。
でもね、、ナガシマさんが作るスペイン料理の方が美味しいと思うのよ。
店開くか。。。BAR(バル)ナガシマ 。

 

2003.12.03
11月終わりから12月初め迄、珍しく忙しかった。仕事や用事が重なりあい頭がパンクした。HP更新しなきゃ〜〜と思いつつ、疲れた体は爆睡モード。気が付くと朝って感じあった。

しかーし!昨日やっと仕事から解放され、今日はあお君とラブラブモードなのである。
万歳!専業主婦デー!! たまった家事を片付けつつ親子の愛を確かめあっているのであった。

 


Copyright 2003 amaguri to nagomi All rights reserved.