back to >> this month diary

2003.10.31
先日「テリーヌ」を食べたら、すんごーい美味しかった。
チャレンジャーアマグリ「いっちょテリーヌでも作ってみるか?」とレシピをゲットし、さっそく作ってみる事とした。

「はぁっ!!」
またもや「寒天」と「ゼラチン」を間違えた。
どうしようかと思ったが、マンゴープリンでは成功したので、この際寒天でやってみることとした。しかし案の定、テリーヌ固まらず。
「あああ〜、時間を返せ〜!おのれ寒天め〜〜!」
寒天に八つ当たりするのであった。


2003.10.29
昨晩、博士が遅くなるとの事だったので、ひさしぶりに実家に御飯を食べに行った。実家にはたまにしか行かない事もあり、行くと御馳走が出て非常に嬉しい。しかも、実家は酒屋なので、酒も飲み放題だ。父も母も「好きなだけ飲みなさい♪」と言ってくれるのでお言葉に甘えて、売り場から冷えたビールやらワインを持ち出しガツンガツン飲んで来た(笑)
そして昨晩はなんと「和牛しゃぶしゃぶ」が用意されていた。「うんめー!うんめー!最高!」ともりもり食べていたら、父が一言。「たくましいなぁ、頼りになるなぁ」ですと。意外と小食な(私を除く)アマグリ一家。私が嫁に行ってからは御飯を炊く量も、食費もがくーんと減ったそうだ。
あはは、立派にたくましい高エンゲル係数娘に育ちました。ありがとう、父&母よ★
博士にお土産にとビールやら魚、そしてお茶漬けでも作ってあげなさいと御飯とお新香とシャケまで持たせてくれた母に愛を感じた。母は偉大と再認識。ごちそうさまでした!


2003.10.27
筋肉痛である。まるで壊れたロボット、もしくは出来損ないのASIMOのような緩慢な動きで移動を続けている。特に下りの階段がきつい。ふぅ。仕方ないか10キロも走ったんだから。。。

さて、今日は後楽園・東京ドームの側に新しく出来たスポット「ラクーア」に行ってみた。温泉あり、新しいジェットコースターあり、レストラン&ショップありの複合アミューズメント施設らしい。噂で「ムーミンカフェ」の存在をキャッチした。無類のムーミン好き?!のアマグリ、行くしかないでしょう。
「ムーミンカフェ」の店内は北欧をイメージ。壁や小物にムーミン谷の登場人物がちりばめられ、ちょっとした小物(例えばニョロニョロのトング)などがすべてムーミン谷チックなのだ。「す、素敵!」意外と純粋なわたくし、まんまと「ムーミンカフェ」の戦略にはまってしまった。だってメニューからして「ムーミンママのあったかスープランチ」「ミーの手作りキッシュ」なぞ言われたら、そりゃー食べるでしょう。すっかり「ムーミンカフェ」を堪能してラクーアを後にした。ショップも充実しており、買い物だけでも十分楽しめるスポットである事が判明した。思いのほか気に入った服がてんこもりで、予定外の出費もありつつ、ラクーアを堪能した一日であった。



↑店内&ミーのキッシュ?!


↑アトラクションが施設と併設

2003.10.26
さあ、マラソン大会本番!心の中で「雨降ればいいのにぃ」と祈ったが快晴であった。
さて、さっそくスタート時間を間違えた。9時50分スタートなのに、9時5分スタートと勘違いし、朝すんごい早くから会場に向かってしまった。ま、遅刻するよりいいと言う事で皆には許してもらえた。

会場はかなり本気モードの選手が溢れ、「飲んだくれ練習不足の主婦ランナー」等どこを探してもいなかった。すっかり会場のムードに飲まれた。超緊張と後悔の嵐。しかし、久しぶりに競技場に立つ緊張感(すーーーごい昔陸上部に入っていた記憶がある)に清清しさも感じていた。
ナガシマさんとは離れてのスタート。心細い。周りの人早そうだし。頭の中ではヨロヨロになって係りの人に支えられながらリタイアする自分がぐるぐる回っていた。そうしてドキドキしている間にスタートである。こうなりゃヤケだ!と腹をくくった。気が遠くなる程長い距離を走るわけだから、何も考えず走る事にした。 もう、とにかく走るのみである。

「もう7キロぐらい走ったかな?」と思った瞬間、「あと5キロでーす」とスタッフの無情の叫びが耳に届く。まだ半分。走っても走ってもゴール見えず。更に走り8キロぐらいであろうか、坂があった。きつい。歩いちゃおうかな?と思った瞬間後ろを走っていたおじいちゃんランナーに「老人だって走ってるんだ!頑張れ!」と激を飛ばされ、走らざるを得なかった。そんなこんなでヨロヨロになりながらも10キロを走り抜いた。57分31秒、31位(一般女子の部69人中だけど)でゴール。先にゴールしたナガシマさんがゴール地点で待っていてくれたのですんごい嬉しかった。アマグリ、頑張りました。もちろんナガシマさんも無事に完走(タイム54分)してました。友人のO氏(10キロ)、アマグリ妹(3キロ)、アマグリ妹友人(3キロ)も無事に完走!ほんとお疲れ様でした。も、もう止めようねっ来年の出場は!


↑証拠

↑このゲートをくぐるとゴールは間近

2003.10.25
いよいよ明日はマラソン大会。
忙しくほとんど練習らしい練習をしないままの本番突入である。
ど、どうしよう、10キロ走れるかな?不安になって来た。
取りあえず前日の今日、路上を走る練習でもしておこうと思ったのだが、疲れていたので昼寝をしてしまい(しかも3時間も爆睡してしまった)、練習できなかった。緊張感ゼロ。そして夜は前夜祭と謳い、ジンギスカン飲み会まで開催している。いいのか?自分!
よし!ぶっつけ本番、気合いとドーピングで10キロ走り抜いてみせようではないですか!もし途中でリタイアしたら、マラソンに関する記述のある日記および掲示板の書き込みは全て削除の方向で考えている。そう、なかった事にしてしまえばいいのだ!明日は早起きしなければいけないので早く寝ようと思う。


↑ドーピング疑惑

2003.10.21
昨夜ついにナガシマさんがNHKに出た。
取材中など、意外に夫婦とも冷静でそんなに盛り上がってはいなかったのだが、いざ放送となると俄然盛り上がってきた。もちろん友達、実家の家族、親戚、近所のおばちゃんもビデオのセットに余念がなかった事だろう。私は録画失敗を恐れ、5時台からNHKにかぶりついていた。家事もすべて午前中に済ませ、あお君とナガシマさんの放送を待つ。
そして6時のニュースの直前である、今日の特集の主役予告編でナガシマさんが出たではないか!「おおおお!」普段見ているナガシマさんが、テ、テレビに出てるぅ。なんか笑えて来た。
そしてついに、件の首都圏ネットワークなる番組が始まった。初めは首都圏のニュースから始まった。順調に番組は進む。「はい、次はお天気!」などと自分で番組を仕切りはじめる私。気分はディレクターである。 次か!次か!と待ちわびる。そしてついに「夢をかなえるために」とか言うタイトルが仰々しく現れ、ナガシマさんのアップから特集は始まった。
「・・・ぶわははっ〜!」編集者の悪意ともとれる(笑)ニカ〜〜っと笑ったナガシマさんの静止画像が画面いっぱいに映り、アナウンサーがナガシマさんのプロフィールと特集内容を語っている。「は、早く違う画面にしてやってくれ。も、もう少しナガシマさんはかっこいいよ。。」妻の悲痛な叫び。そしてプチ密着取材のような特集が流れ始めた。さすがプロ、すべてが上手くまとまった素晴らしい特集だった。(←ええ、身内なので大絶賛してます)
(静止画像は受け狙いとして受け止めるとして)非常によく映ってたし、いい内容であった。あの番組だけ見た人は、ダーツに負けてふて寝するナガシマさんなんて想像できないであろう。立派な人に編集されていた。
「 今思えば、美容室に行ったり、ダイエットしたりすれば良かったねぇ」等と呑気に笑っているナガシマさん、あんたは大物だよ。私だったらテレビってだけで大変ですよ。いいなぁ、私も密着取材してほしいなぁ。

と、言う事で一夜限りですがスターナガシマ誕生であった。もちろんスターの為に大好物の豚カツを揚げ、ビールでこじんまりお祝いもしたのであった。

2003.10.18-19
フレンチブルーミーティング(FBM)と言うフランス車の祭りが長野県の車山高原で開催された。前日から「泊り飲み会」を参加者で行い、当日のFBMも存分に楽しんだ。
>>車山高原FBM旅行記はこちら

2003.10.16
ナガシマさんがなんとNHKの取材を受けた。
ナガシマさんは今年から区の科学センターという所で、土日地元小中学生に科学の実験等を教えている。実はナガシマさんもこの区の科学センターの出身。小さな頃から科学が大好きだったナガシマさん。大人になって本当に科学者になって、今度は先生になって戻って来た!と言うお話の取材だそうだ。いやね、テレビに映るって事より、自分がした事が皆に喜んでもらえて、認めてもらえる事が嬉しいってナガシマさんが言ってるのを聞いて、私も本当に嬉しいのである。彼の仕事がこんな風に認めてもらえ、妻アマグリとしても本当に良かったなぁとしみじみしている。
さて、
自宅でもインタビュー撮影を行うと言う事で、取材クルー達が我が家にやって来た。
私ももしかしてテレビに映っちゃうかも??と入念に化粧をし、お気に入りのトレーナーを着てちょこんと座って待っていたのだが一秒もカメラは私を映す事なく取材は終了した。なんでい、ちょっとぐらい映せや。

TVカメラって600万以上するんだって。

2003.10.12
今日は区民の楽しみ「区民祭」である。
区の特産物(野菜とか植物等)の即売会があったり、世界各国の出店が出たりと意外やビックで楽しい祭なのだ。私は異常な程楽しみにしており、今回は友人も誘い繰り出した。
私達は祭のプロなので(のんべいなので)、携帯用の椅子やテーブル、そして冷やしたビールやワイン等も持ち込む。いわば祭にかこつけた「屋外飲み会」なのである。
さてさて会場に到着。気のせいか年々祭の規模が大きくなっている気がする。私の住む区は前区長が「無類の祭好き」で有名であった。新しい区長になってもその「祭好き精神」は受け継がれているようである。当たり前だ。もし私達の区の区民祭や花火大会の規模を小さくしようものなら「何のために高い区税を払っているのだ!」と暴れる区民が続出するであろう。もちろん私も暴れる1人だ。それぐらい区民にも「祭好き精神」が根付いている(と思う。)
知り合いのコーヒーショップが毎年出店しているのだが、今回勝手に手伝わせてもらった。にわか店員の私は3つ以上お客様が購入すると計算が出来なくなるダメ店員であった。しかし、祭の内側も楽しめて私は非常に楽しかった。(マスターすんませんでした)
トルコのケバブ、タイヌードル、韓国チヂミ、焼き肉etc最高の肴を揃えての飲み会は最高であった。その後、自転車をかっとばしてダーツの店へ遊びに行き、そして締めはやはり焼き肉であった。楽しかったなぁ。来年も区民として「ビバ区民祭魂」を忘れないぞと心に誓った一日であった。


無類の祭好き


3つ以上は注文しないでね。

2003.10.8-10
大阪&京都旅行に妹と行く。非常に楽しい旅であった。>>大阪&京都旅行記こちら

2003.10.07
私が風邪をひいているのか?はたまた東京が寒いのか?とにかく今日一日寒くって、毛糸のカーディガンまで着てしまった。冬になったら何を着るんだ、私。
主婦特権で本日のメニューは「おでんの日ぃ〜!」に決定。おでんと日本酒できゅっと行きたい夜である。でも飲み過ぎは注意である。

2003.10.06
二日酔いから復活。次こそは飲み過ぎには注意しよう。
あさってから妹と京都・大阪に行く。たまった家事をすっきり終わらせたので、気分よく旅行に行けそうだ。

2003.10.05
昨日楽しくって楽しくって仕方なく、調子に乗って飲み過ぎてしまったようだ。結局午後になってもグダグダとし、元気なナガシマさんに「調子わるいよぉ、かまってよぉ、看病してくれよぉ」と絡み続けた。しかし二日酔いに効く薬もバカにつける薬もないようであった。結局、夜7時に就寝してしまった。7時って。。。深く反省した。

2003.10.04
友達がすごい車を購入した。その納車を祝おうと多くの友達が我が家に集まった。すごい車に(いや、本当に格好いい車でした。)試乗させてもらったり、眺めたりと楽しい時間を過ごした。
さて、購入した本人が用事で帰った後も楽しく我が家で歓談を続け、せっかく皆が集まったのだからと焼き肉屋に行く事となった。大勢で食べる焼き肉は旨く、そして何より楽しいものだ。人数も7人程いたので、同じテーブルでも焼き場(七輪)が2つとなった。しばらくは自分の焼き場を守る事に専念をし、大いに食べて飲んでいた。
その時であった。
そう「焼きたてのチヂミ」がやって来たのだ!私は「ひゃっほう」と食べていた。すると隣の焼き場で「焼きたてのチヂミ」を七輪で焼きはじめた人がいた。(ふーん、通なんだな)とその場の全員が思っていた。が、余りにも丹念に焼きはじめたのでこれは違うと同時に皆が気付いた。
「チヂミはもう焼いてあるよ」と同時に突っ込みを入れられ「???」な彼。 マジボケで、チヂミを焼いていたらしい。大爆笑。いつもおいしい所をごっそり持っていく彼。悔しいがそんな天然な彼に完敗の夜であった。



Copyright 2003 amaguri to nagomi All rights reserved.