back to >> this month diary

2003.05.30
昨日は月に一度の「好きな映画一人で見に行っちゃうデー」だった。
今や「金持ちの情けない伊達男」を演じたら世界一のヒューグラントと、「男より男前」なサンドラブロック主演のラブストーリー「ツー ウィークス ノーティス」を観た。ライトなストーリー展開で非常に清清しかった。
さて映画見て、買い物して、ごきげんな気分で歩いていた。
するとこの
暑い中「献血お願いしまーす。」と熱心に献血をお願いするスタッフと献血カーが見えた。足早に通り過ぎる人々。ああ、東京砂漠。でもそれにも負けずお願いを続けるスタッフ。正直胸を打たれた。よしっ、ちょっと注射は恐いけど献血するぜ、わたしぁやるぜと鼻息荒く献血カーに突進。しかし、、、献血前の検査で今回は軽い貧血だと言うことが判明。献血できなかった。
「血取ってくれよ〜。社会の役に立たせてくれよ〜。」再度チャレンジするぜ。I'll be back.

2003.05.29
「ting ting」を御存じか?
この「ting ting」、頭に装着してスイッチを押すとビビビと頭をマッサージしてくれるスゴイやつなのだ。もう今まで経験のしたことのない「あああああぁぁ」と言う頭の快感。
使い慣れたら、自分でツイストや上下運動を加えて、快感度をアップさせることも可能!
さあ、ストレスが溜まったら、ting tingを装着!

余談だがこのすごいモノ、私はお年玉としてナガシマさんに買ってもらった。
まだ正月の3日、このting tingを買いに東京駅「王様のアイデア」ショップへGO!。誰もとめる人がいない私達の暴走は留まることを知らない。。。

2003.05.27
昨日の地震は恐かった。普段地震にはそんなに敏感でもない私だが、昨日は恐かった。
ゆらーり、ゆらりと大きく横揺れ。時間も長かったのであお君を抱きかかえ、テーブルの下に避難。それでも揺れ続けるから、本気で酔ってしまった。
恐くなり、ナガシマさんに電話。「今、机の下に避難してるからっ」と必死に訴えてみる。「でもその机、ガラスで出来てるから余計危ないんじゃない?」と冷静なアドバイスをするナガシマさん。おう、そうだった。我が家のテーブルはガラストップ!

と、言うことで今日は本気で避難訓練および防災意識の改革をしたいと思っております。はぁ。

東北のみなさんは大丈夫だろうか?心配です。

2003.05.25
臭い!臭い臭い!
4年程使っていた掃除機、排気臭がもう我慢ならない。
近所のおばちゃんが買ってくれた、結婚祝の掃除機。でももう限界なのです。ごめんなさい。
紙パックもマメに替え、大切に使ってきたけれど、掃除の度に気分が悪くなるのではもうダメだ。と言うことで、掃除機を買いに行った。
お試しコーナーがあったので、軽やかに店内を掃除してみた。
で、結局選ばれし掃除機がコレ→
サイクロンなので、紙パックいらず。排気の臭いもヘパフィルターと竹炭パワーでやっつける。掃除機のヘッドも水洗い可能。おおお、掃除機も進化しているのだなぁと感心。
今日からバリバリゴミを吸ってくれ。頼むぜ銀二。(←掃除機の名前をつけてみた)

2003.05.24
今日は愉しみにしていた飲み会だ。
胃痛がぶり返すことなく、無事に飲み会を堪能できた。
と言うかむしろいつもより絶好調でガンガン飲みまくった。今回の飲み会のテーマでもあった「激辛マーボ」も無事に食することが出来て良かった。楽しかった!!

二次会は我が家で開催。なぜか「乾麺」を持ち込んだ人がいて笑えた。
一杯飲んだ後のそばは旨かった。
昨日からおでんを煮込んでいたのだが、なぜかちょっぴり酸っぱい。「え??」何かの味がしみでたのか?そ、それとも。。。みんな大丈夫ですか〜?お腹痛くないですか??心配です。

さてっと。みんなおつかれさま!!!

2003.05.23
昨日は本当にびっくりした。朝、起きたら胃をわし掴みされたような激痛。
結局午後3時頃迄その激痛にのたうちまわっていたが、そろそろヤバイと思い、半パジャマ状態で病院に駆け込む。二日前に胃ガン検診をしたばかりなのに。。先生も焦って、検査した病院に問い合わせ、私はその間、半白目で点滴。結果胃には異常はなかった。水も飲めない状態で、フラフラ。なんとかタクシーを呼んでもらって帰宅できた。帰宅後、発熱。ナガシマさんが早めに帰ってきてくれて、看病してくれた。不謹慎だが看病されて嬉しかった。朝から
何も食べられなかったのだが、なぜか「タラミの白桃ゼリー」だけは食べられた。ゼリーを食べた直後から?、体が軽くなり回復傾向。ナガシマさんの看病のおかげで、今日には起き上がってネットができる状態までに回復。明日の飲み会には何があっても行きたいので、気合いで治すつもりだ。
あお君も看病に来てくれたのだが、お腹の上に乗ったり、ボールを見舞いに持ってくるので今回だけは遠慮して頂いた。

2003.05.22
発熱にて撃沈。

2003.05.21
ついに、やつが来た。我が家にやって来たのだ。その名はMr.ピーナッツ。(5/12日記参照)おそるおそる箱を開けると、やつはその全貌を明らかにした。取り出して、そっと手を押してみる。小振りなその体からはとても予想が付かない程大きな声で叫びだし、ちょっとびびった。
「Peanuts! Peanuts! Get your peanuts here!」しかも
英語をしゃべるではないか!あお君も目を見開いてびっくりである。暫くしてからあお君を大きさ見本にMr.ピーナッツの写真を撮ってみた。
その後、恐る恐るピーナッツを入れてみたが、あまりの声の大きさに何度もピーナッツを出すことが出来ないことが判明。ピーナッツを出す度にビクビクである。あお君と二人でナガシマさんが帰ってくるのを待つ事にした。やつはかなりの強者だ。
ちなみに左がMr.ピーナッツ、右があお君で、あお君からはピーナッツは出ません。

2003.05.20
行って参りましたよ、胃ガン検診。以下ドリフのコント並の体験記を綴ろう。

受付後、ナガシマさんと私はな、なんと生き別れに!ちょっぴり不安になる私。先にさっさと検査を終わらせた(前日の牛丼は問題にならなかった様子)ナガシマさんと検査を待つ私が待ち合い室ですれ違う。そしてナガシマさんは嬉しそうに「す、すげーよ。胃ガン検診」とだけ告げた。「え?何がすごいの?何がすごいんだよ〜〜?」と叫びつつ、私は検査室に向かう。
着替えを済ませ、戦闘準備万端。いつでも来やがれ胃ガン検診!と鼻息荒い私。
まず、胃を膨らます発泡剤を飲む。「ゲップが出そうになりますが、出ないように頑張って下さい」「ゲ、ゲフ」あ、ちょっと出ちゃった。技師さんに分からないようにごまかす。その後、ショットグラス程度のバリウムと思わしき液体を飲まされる。「楽勝ジャン!」とこの時は思った。パシャ。まず一枚。心の中で医学の進歩ってすごいな〜、こんな少量のバリウムで済むのかと思った瞬間、「はい、じゃあその大きいコップのバリウム飲んで下さい〜」とマイクの声。ええええ?終わりじゃなかったの?仕方なくコップを掴み一口ずつバリウムを飲み込む。が、まずくて体が受け付けない。気が付くと口からバリウムが流れ落ちていた。ほぼ一割のバリウムを口から垂れ流す女。「す、すいませーん、こぼしちゃったんですけど、ゲフゲフ。」雑巾を渡され、検査着に付いたバリウムを拭くように言われる。情けない、かたじけない。慌てて手で口を拭ったので、手も真っ白だ。胃ガン検診ってこんなに真っ白になるのか?否、私だけだろう。
その後本格的な撮影に入ったのだが、機械の上でゴロゴロと回転させられたり、機械が水平にぐおーんとなったり、これって新しいアトラクションですか?と聞きたくなった。ナガシマさんの言う「すごい」の意味がようやく分かった。が、ある意味私の方がすごかったんだけど。
そして検査終了。「バリウムが固まると大変なことになりますから、できるだけ早く下剤を飲んで出しておいて下さい」と言われる。「た、大変なことに???」びびった私は着替えもそぞろに下剤をグビグビと飲んだ。まさかこの後お腹にバリウム爆弾を抱え、苦しみながら帰宅するとも知らずに。。。。そして着替えが終り鏡をみたら、口から垂れ流したバリウム跡がビッチリ付いていた。こんな顔を人に(技師さんに)見られたかと思うと、穴があったら入りたかった。

2003.05.19
明日は夫婦揃って、初めて「胃ガン検診」を受ける。普段元気な私達は、なにかキッカケを作らないと病院にも行かないので、今年からは年に一度検診を受けることに決めたのである。
さて検査の前日は夜8時までに食事を済ませ、その後検査までは絶食するようにとの指事が出ている。私は7時頃に消化の良い食事を取り、明日の検査に備えていた。
仕事で遅くなるナガシマさんは、到底家で食事するには間に合わないので、職場近くで食事を済ませてくるように伝えておいた。しかし仕事が押して、8時迄の食事には間に合わなかったようだ。
8時20分頃、「まだ大丈夫かな〜」と電話があったので、「大丈夫、大丈夫20分ぐらいぃ」と電話を切った。はっと嫌な予感がして「消化の良いものを食べた方がいいよ」とメールしたが時すでに遅し。牛丼食べてたよ、ナガシマさん(笑)思わず大爆笑してしまった。今やしきりに「牛丼の消化」を心配しているナガシマさん。きっと大丈夫だよ。うーん、、、明日検査できるといいねっ。

2003.05.18
江戸っ子の血が騒ぐ浅草の三社祭にくり出した。神社に辿り着く前に、「生ビール&焼き鳥」の誘惑に勝てずに一杯。お参り前に「ぷはっ」とやってしまった。「ぷはっ」と一息ついたので、お参りに再出動。屋台が並ぶ参道では多くの子供が「買い物に来てるんじゃないんだから!」と怒られていた。ああ、大人で良かったと心底思った。きっと今私が子供だったら、親に頭を叩かれながら、同じ台詞で怒られていたことだろう。今はもう大人なので自分のお金で好きなだけ屋台で買い物して、飲み食いできる。ビバ大人!ビバ社会人!!
粋な神輿を見ながら、じゃがバター、チヂミ、たこやき、やきそば、からあげetc&ビールでジャンクフード天国。その後、カッパ橋道具街で皿やキッチン小物の買い物三昧をし、両国で地ビールを飲んで帰ってきた。下町万歳な一日である。帰宅後もつまみをキチンと用意している素晴らしい主婦ぶりを発揮し(飲みおかずだけには余念がない)明日仕事なのにも関わらず飲んだくれるのであった。。。。それにしてもこんな私達にいつも付き合ってくれる友人夫婦に乾杯なのである!!

2003.05.17
焼肉ですよ、焼肉!
無類の焼肉好きの私達が向かうは近所でも人気の焼き肉屋さん。炭火で焼く本場韓国の味は、そんじょそこらの焼き肉屋とはちと違うのである。土曜日の今日はちょっとした行列が出来ていた。列に並んでいる私の顔を見るなりお店の人が両手で手を振ってくれた(笑)かなり通っているので、お店の人に顔を覚えて頂いているようだ。恥ずかしながら両手で手を振り返し意思疎通OK 。席についてからは思いっきり食べて飲んで、気分最高な夜である。しかもお店からサービスでおつまみも出た。更に最高!常連も多いであろう、その店で顔を覚えてもらえるのは、その豪快な飲みっぷりと食べっぷりのおかげであろう。何はともあれ、焼き肉最高!なのである。

2003.05.16
近所に温泉が湧いた。(と言うか掘った。)
健康ランドといった風情で、たくさんの趣向をこらした温泉とサウナ、食事が楽しめるちょっぴりおばさんチックな素敵な場所だ。あやしげなアロハの上下を着て、館内を歩くシステム。これまた場末感たっぷりで良い感じ。アロハを着て、入浴後に生ビールを「ぷはぁっ」とやるのが通である。
そんな温泉に、サービスデーがあると言うことで、色々調べたら。 金曜日はカップルデーで、通常の半額で入浴できるらしい。そんな事は知らずに、普通の日に何度か遊びに行ってしまった。く、くやしい。教えてくれよぉぉ。
「金曜日はナガシマさんを誘って温泉ランデブー♪」を目論んでいるのだが、まだ実現していない。

2003.05.15
スポーツジムに通い出して、ほぼ一年になる。
ナガシマさんは順調に結果を残し、なんと7キロも体重を落とした。私はと言えば、すっかり健康になって順調に筋肉も付き、体重は、、、ほとんど落ちていない。(涙)まあ、そんなものだ。
さて普段は筋トレなどのジムの方に行っているのだが、今日はめずらしくプールに行ってみた。ちょうどスイミングスクールの上級の子供達が隣のレーンで泳いでいた。いやはやびっくりする程のスピードで泳ぐ子供達は疲れ知らず。ちょっと真似をして同じようなトレーニングをしたら死にそうになった。お、覚えてろ、スクール1級のトビウオ軍団!
帰宅してからビールを飲んだ。ハハハ!子供じゃ分からないだろう、この旨さは!!

2003.05.14
近所の方に「ズッキーニ」の苗を頂いた。
きちんと育てばバナナのようにズッキーニがなり、収穫し放題?!とのこと。
噂では成長後4日でドンドン、実をつけていくそうだ。
早速、ズッキーニ大作戦と言うことで、大切に育てている。
やはり愛情が大切だと思い、時々声もかけている。「大きくなれよ〜」
意外と元気なズッキーで、ぐんぐんと成長を続けている。
ズッキー君、収穫祭が楽しみなので元気に育って下さい。

その前にあお君にいたずらで食べられないように監視せねば。あお君はハーブや花をこよなく愛し、そしてそっと食するニクイやつなのだ。

2003.05.13
先日スーパーに行ったら、メロンがど〜んと並んでいて、それはそれは美味しそうだった。急激に、そして猛烈にメロンが食べたくなった。しかしそんなに安いものじゃないし、でも食べたいしとちょっと迷っていた。で、出た言葉が「メロン買ってケロ」
この台詞が相当ナガシマさんの心に響いたらしく、メロンを買ってもらえた。
しかし「ケロ」はないだろうと自分に突っ込み。

2003.05.12
ナガシマさんがすごいものを発見した。
あえて名前をつけるなら「ミスターピーナッツ」。

背中のボックスの中にピーナツを入れ、手のひらを下に押すと”ピーナツ!ピーナツ!”と言いながらお腹の中からピーナツが出てくるピーナッツディスペンサーだ。
なんと目と口も動くらしい。
多分邪魔になるけど、欲しい逸品(←私達夫婦にとっての逸品)だ。
ええっと、誰か私達を止めてくれる人はいませんか〜〜?

2003.05.11
え〜、昨日の庭仕事が裏腿に来ました。すごい筋肉痛です。私だけだと思っていたら、ナガシマさんも「腰に来た!」と言っていて少し安心しました(笑)

ビデオをいっぱい借りていて、気が付けば今日が返却日。
夜中の1時30分までかかってビデオ鑑賞。いやー、連続3本はきついっす。

2003.05.10
なかなか手をつけられなかった(つけたくなかった)裏庭のお手入れ大作戦を決行した。将来的には、ハーブガーデン、家庭菜園など夢は一杯なのだが、まじで大変。とにかくフロンティアスピリットで開拓あるのみなのである。さて、今日一日かけて、開拓した我が家の裏庭。今後どうなるのか要チェックだ。 がんばるぞっと。。

2003.05.09
OLの愉しみといえばランチ。私の場合、このために会社に行っている感もある。
さて最近 会社のそばにある、台湾料理屋がお気に入り。従業員も台湾人なので、ランチタイムに海外旅行気分まで味わえ、ひと粒で二度美味しい店なのだ。
特に「酸辛麺」という、ちょっぴり辛めの麺が私にドンピシャ。
でもなぜかこのお店の客層はオヤジ率が90%ぐらいとかなり濃いめムード。かなり気合いを入れないと行けない店なのだ。本当は毎日でも行きたいのだが、同僚には言い出しにくい。だからちょっぴり気取ってパスタ屋などに行ってしまう。今日も心の中で「ああ、酸辛麺〜!」なのだった。

2003.05.08
私の髪型はベリーショートなのだが、月に一回は美容室に行かないとこれが大変な事になる。
前回カットしてからちょうど一ヶ月。今が一番大変なのだ 。
特に今日のような梅雨かと思うようなジメジメした蒸し暑い日は最悪。
湿気で髪がボンバイエ状態。
まるでキノコだ。
「きのこのこのこ げんきのこ 頭が湿気でボンバイエ」(ホクトCM)
と替え歌でも歌ってみる。。

→本物の「きのこの唄」はこちらです。。
Copyright (C) 2003 HOKUTO Corporation. All Rights Reserved

2003.05.07
初夏を思わせる気候。ベランダでビール&つまみで一杯。
仕事をした後のビールは格別。このためだけに仕事をしてもいいかと思わせます。

 

2003.05.06
本日からしばらくお仕事の予定。ひさしぶりに満員電車に乗って頑張っている、働く主婦アマグリ。誰かに誉めてもらいたく日記に書いてみた。
********
私は「揚げ物」が苦手だった。昔イカのテンプラを揚げていたら、イカがピーンとはねてオデコに火傷をしたのがトラウマになっているからだ。しかーし、ナガシマさんは無二のトンカツ好き。愛するナガシマさんの為に、命をかけて揚げ物をしている。命をかけているだけあって、最近揚げ物が上手になってきた。 何となく「揚げ物って楽しいかも」と思えるようになってきた。
さ、今日も頑張ってトンカツあげちゃうぞ(笑)
ナガシマさんが太ったのは、多分こんな私が原因だ。

 

2003.05.05
今日は体力回復。
地元、亀戸天神の藤まつりを見に行った。天神様の藤も綺麗だったが、池に亀がたくさんいるのが気になって仕方なかった。「おい、亀じゃなく藤を見なさいよ!」と自分に突っ込み。


この後、「太鼓の達人」を探しに行ったが、「タタコン(ゲーム用太鼓)」がどこも欠品。どちらかと言うとナガシマさんの方が購入に乗り気で、私はそれをたしなめるつもりだったのだが、どこにもないと思うと無性に欲しくなるものだ。今は微妙に立場が逆転している。でも、もし手に入ったら家に引きこもって太鼓を叩くことになりそうで、ちょっと恐い今日この頃。

2003.05.04
友人が新車を買ったので、試乗させてもらった。すごく高級感があり乗り心地抜群だった。
この後、昨日今日とはしゃぎ過ぎたため撃沈。

 

2003.05.03
今日は毎年恒例「ドキっ★生ビールだらけの屋上バーベキュー祭り」を我が家で開催した。日頃の行いが良いので(?)、素晴らしい好天に恵まれた。
案の定調子に乗って飲み過ぎた。しかしながら大勢の友達と飲む酒は旨い!楽しいのでついつい食べ過ぎ、飲み過ぎに暴走してしまう。まあ、これが楽しいのだ。
リビングに戻り、さて二次会。「太鼓の達人」と言うゲームを初めて体験した。
「気分タイコー!」だった。どうしよう、ちょっと本気で「太鼓の達人」が欲しい。

 

2003.05.02
キキトン」ネタの続き。
キキトンは4曲リズムを覚えることが出来ます。新しいリズムを教えたら古いリズムが消えて行く。私は地道に「おいらはドラマー♪」(石原裕次郎)や、「グリーングリーン」など渋いリズムを教え込んでいた。が、キキトンが突然ジャズを演奏しはじめてびっくりした。どうもかっこいいリズムをナガシマさんがこっそり教え込んでいるらしい。なんかくやしい。

2003.05.01
我が家に対象年令6才以上玩具「はことん」がやってきた。
はことんの前でトントンとリズムを聞かせると、手に持っているモノで机をたたきリズムをまねするのだ。我が家に来たはことんは「キキトン」で、家族思いで、モンキーバナナが好きなおサルだ。
いずれ成長するとアレンジや合の手まで入れてくれるらしい。
さっそくリズムを教えてみる。。。えっと、えっと。。。取り合えず三三七拍子を教えてみた。

ごめんよキキトン、リズム感がない御主人様で。。。
ナガシマさんが帰ってくるまで、キキトンを成長させ続けてみよう。あ、別に暇な訳じゃ。。。


Copyright 2003 amaguri to nagomi All rights reserved.