2004.03.26
いよいよ4月からまた大学の授業が始まる。最短で卒業の為に、今学期は単位を一つも落とせないかなり綱渡りな単位取得戦争になりそうな予感。そして敢えてフランス語はひとつ上のコースに挑戦するのでかなり緊張している。止めときゃ良かったとも思うが、挑戦しなければ大学に入った意味がないと自分を鼓舞して申し込んだ。前学期の痛い痛い痛ーい教訓を活かし、さっそく予習をしつつ、試験に向けて今から勉強しようと教科書を開いた。
「ひぃ!全然分からない!!!一つレベルを上げただけでこんなに違うの??(;_;)」

と、言うことでかなり苦戦を強いられそうですが、負けずに頑張ります。
く、 くそぉ、負けないぞぉ!

 

2004.03.25
今日も雨。春はいつやってくるのだろう?
でも、この調子だと私達の花見宴会(4/3)に桜が満開になるかも。がんばれ桜!
花見に備え、体調を万全に整えねば。花見と聞くと、気合いが入るぜぇ!

 

2004.03.24
只今、メガネっ子である。
普段はコンタクトレンズを使用しているのだが、ちょっと目に傷が入ってしまったようで、1週間程はメガネで過ごすように医師に指導された。
普段かけないメガネは非常に疲れる。早く治らないかな〜〜。
(皆さん目は大切にしましょう! )

 

2004.03.20-21
週末、新幹線(しかもグリーン車!)で友人夫婦と4人で苗場にスキーに行った。
集合は朝6時45分東京駅。この集合時間の前の時点で鰺すしやらシュウマイやらと飲みおかずを買い込む博士&アマグリ。我ながらあっぱれと自分で自分を誉めた。当然朝からビールで乾杯♪するだろうとビールも買い込んだ。完璧。新幹線に乗って朝7時の段階で絶好調な飲み会を車内で敢行。朝が故に周りの人はテンション低い。が、私達の空間だけ別次元のように明るく、それはもう陽気であった。

浮かれ気分でそのままスキーに突入した。昼にはビールとカレーとラーメンと豚丼を食べた。この店は食べ放題なの?と思う程私達のテーブルにはビールと食べ物が山になった。気持ちよく滑った後はお腹がすく。そしてビールも旨い。

翌日は朝6時に起きて早朝スキーを楽しみ、昼過ぎ迄思う存分滑った。すでに3月中旬なので、雪質を心配していたが、苗場を越え隣のかぐらみつまたスキー場までゴンドラで行ってみたら雪質も良く、気持ちよく滑れた。さすが春スキーのメッカと呼ばれるだけあると納得。この8年のブランクを取り戻すために、スキースクールのごとく基本練習を繰り返した。ああ、スキーが楽しい♪とわくわくしながら滑り続けた。

さて怪我もなく無事に帰途へ。バスと新幹線との連絡時間の関係で越後湯沢の駅で一時間程時間があった。この越後湯沢駅、屋台が軒を列ね、そして生ビールが売っていたりとかなり御機嫌な駅なのである。「越後湯沢は分かっているね〜〜」と大絶賛を繰り返した。そして何故かスキーの間中ずっと食べてくて仕方なかった「モツ煮込み」が屋台で売っているのを発見!しつこい程皆にこの事実を告げたら友人が「もう、ここで食べちゃおうよ」とモツ煮込みを買ってくれた。北国の駅でモツ煮込みとビールを持つアマグリ。これ以上ない見事なコンビネーションであった。更に新幹線にもモツ煮込みを持ち込めるようにテイクアウト仕様にまでしてもらった。ラブ★モツ煮込み!御機嫌で新幹線に乗り込んだ。

もちろん帰りの新幹線でも楽しく飲んで帰って来たのだが、何故か車掌さんが私達の席だけ検札しなかった。なんで?異空間だったの?グリーンの切符見てくれよ〜〜!

今回も友人達のおかげで楽しいスキー旅行が出来た。感謝!早くも来シーズンが待ち遠しい。


新幹線に乗りました。

意外と人が少なかった。

2004.03.13
今日は、電車に乗って友達のお家に遊びに行った。久しぶりの再会。
近所の美味しい和食屋さんに連れて行ってもらいで再会を祝い大いに食べて、そして飲んだ。私の誕生日と試験合格のお祝いも更にしてもらい、本当に嬉しかった。ありがとう!
そして博士が、、、寝た。和食屋さんで急にガクンと来たらしい。再度友達の家で少し仮眠を取らせてもらい帰宅の途に付いたのだが、友達のワンコに添い寝してもらい眠る博士は最高に気持ちよさそうだった。

 

2004.03.11
今日、大学の単位認定試験の結果が来た。正直8教科中2教科はダメだったと諦めていた。が、奇跡が起きた!!全部合格!!!やった〜〜!ばんざーーい!信じられなくて何度も通知を見たが、全部合格だった。これで最短2年で卒業の夢も少し現実味を帯びて来た。うひょひょ。
全教科単位取得おめでとう!ってことでこれから焼き肉屋さんで祝ってもらう予定。

 

2004.03.10
先月、8年ぶりにスキーをしたのだが。。。はまった。スキーめちゃくちゃ楽しいじゃん!なんで8年間もスキーしないなんて勿体無いことしたんだろう!と只今後悔の嵐である。
8年ぶり初回のスキーが、非常に快適で楽しかったのが大きい。友人H氏のプジョーに便乗させてもらったのだが、スタッドレスタイヤにETC、そしてカーナビと私から見たら贅を尽くした車に見えて、それはそれは眩しかった。って事で来シーズンは我が家のプジョーも輝かせたいと。。。今シーズンには間に合わないよな〜〜。もう春だもんな〜〜。
さて今シーズンの締めに来週「飲んだくれ新幹線deスキー」に行こうと思っている。これを楽しみにお仕事を頑張っている私であった。

 

2004.03.09
私の誕生日の数日前、宅急便が届いた。
それは、、、タコ焼きマシンであった。
毎年、色々考えてくれる博士である。普通の奥さんなら「またもう、こんなもの買って!」と怒るところなのかもしれないが、私は「ひゃっほう!!」と喜んだ。

もちろん誕生日当日はTHEタコ焼きバースデーパーティーに決定した。
このタコ焼き、焼いているうちに自分の中にある「職人魂」が刺激され、はまってくる。ものすごい数のタコ焼きを焼いては食べ、ビールを飲んだ。
最高に楽しい誕生日だった。
次は花見会場でタコ焼き、これを狙っている。

2004.03.06
3/3は私の誕生日であった。が、この日の日記より今日の出来事をまず記したい。
久しぶりに妹が「いい店を見つけたので飲み行こう!」と誘ってくれた。単純に妹と私と博士三人の飲み会だと思って普通に店に出向いた。お店に到着したら、、、突然ハッピーバースデーの音楽が流れ、カメラのフラッシュがたかれた。そしてロウソクがともったケーキが私の前にやって来た。その後花束を渡されても全く状況が分からず、本当に頭が真っ白になった。そこには大勢の友人が笑顔でいた。状況の分からない私はただただ呆然と立ちすくんでしまった。しばらくしてやっと状況が理解出来た。今日はなんと妹と博士が主催となった私へのサプライズパーティーだったのだ。皆が私には分からないように集まって誕生日を祝ってくれたのだ。正直涙が出た。遠くから来てくれた人、結婚式のパーティーから駆け付けてくれた人、本当に皆が忙しい中集まってくれた様子を見て、本当に、本当に、本当に嬉しかった。妹と博士が私に分からないように皆に連絡をつけてくれたそうだ。本当に大変だったと思う。それを思うと、なんて自分は幸せ者だと嬉しくなった。博士は私に内緒でメールを打っているので浮気と間違われないかとヒヤヒヤしていたそうだ(笑)私は全く気が付いていなかったのだが。。。
しかし人間は本当に驚くと言葉も出ないものだ。驚きのあまり思考回路が止まり、ぽかーんとする事を初めて体験した。とにかく、こんなにも幸せで嬉しい日はそうそうないだろう。皆にこの喜びと感謝の気持ちを表現したくても言い尽くせる言葉がない。ありがとう!!本当に本当に嬉しかったです。

 

2004.03.01
今日は珍しくお仕事であった。
朝、「ずる休みしちゃえ〜〜」と言う悪魔の囁きに負けそうになりながらも頑張って出勤した。そして職場に着いたら、、誰もいなかった。
何故か今日は私を除いてほとんどの人が一時間以上の遅刻であった。皆自分の悪魔の囁きに負けたらしい。遅刻した負い目かいつも以上に皆今日は親切で優しかった。お菓子もくれた。まあ許してやるか。

 


Copyright 2003 amaguri to nagomi All rights reserved.