カレーの講釈


1997年9月13日のカレー
材料
 人参,茄子,赤ピーマン,玉葱,大蒜,大蒜芽,シメジ,まいたけ,なめこ,長芋,鷹の爪
 牛筋肉,剥きエビ,帆立貝柱,(六甲のおいしい水)
調味料(?)
 かつお削り節,四川豆板醤,XO醤
辛さレベル
 20(俗に言う20倍程度,私にすれば甘口)
調理時間
 2時間(圧力掛け30分,圧力蒸らし10分)
考察
 カレールゥのせいか辛さが弱い。筋肉の脂肪分が多すぎたせいかも。圧力鍋が
3リットル程度なので、これ以上材料が増やせないのが不満。味は旨みが出て
そこそこいけます。また、3日間ほどカレーばかり食べるのだ。

1997年10月9日のカレー
材料
 人参,茄子,赤ピーマン,レッドオニオン,大蒜,大蒜芽,シメジ,白まいたけ,なめこ,長芋,鷹の爪
 白キクラゲ,牛もも肉角切り,牛ロース薄切り,剥きエビ,帆立貝柱,(六甲のおいしい水少量)
調味料(?)
 かつお削り節,四川豆板醤,蒜蓉豆鼓醤,XO醤
辛さレベル
 20(なぜか辛くない?)
調理時間
 2時間(圧力掛け30分,圧力蒸らし10分)
考察
 赤ピーマンが更に高くなっている。困ったものだ。(1個158円)
今回、野菜を多めにして極力水を少なくするのに成功しました。入れた水は300ml
で、いつ焦げるか心配していましたが、なんとかのりきりました。このカレーは
濃いですよ。やはりキクラゲはおいしいです。薄切り肉は、ひき肉のように砕け
ています。まぁ、そこそこおいしいです。

1997年11月20日のカレー
材料
 人参,茄子,赤ピーマン,玉葱,韮,大蒜,大蒜芽,シメジ,まいたけ,なめこ,長芋
 鷹の爪,牛もも肉角切り,剥きエビ,帆立貝柱
調味料(?)
 かつお削り節,四川豆板醤,蒜蓉豆鼓醤,XO醤,ミックスフルーツチャツネ
辛さレベル
 25(適度)
調理時間
 2時間(圧力掛け35分,圧力蒸らし10分)
考察
 香辛料の辛みは適度、旨みもなかなか、でも塩辛い。少しだけ塩分が多かったみた
 い。塩分には気をつけているのですが、調味料に使っている醤関係が多すぎた様で
 少し塩辛くなってしまいました。御飯にかけるなら良いのですが、そのまま食べる
 にはちょっと不満。次回から気をつけねば。

1997年12月16日のカレー
材料
 人参,茄子,赤パプリカ,玉葱,韮,大蒜,大蒜芽,シメジ,白まいたけ,なめこ,長芋
 鷹の爪,牛もも肉角切り,剥きエビ,帆立貝柱,(六甲のおいしい水)
調味料(?)
 かつお削り節,四川豆板醤,蒜蓉豆鼓醤,XO醤,ミックスフルーツチャツネ
辛さレベル
 25(適度)
調理時間
 1時間50分(圧力掛け30分,圧力蒸らし10分)
考察
 香辛料の辛みは適度、旨みもなかなか。今回は醤系を控えめにしたので塩分は適度。
 チャツネをカレールーより後に入れたため、多少甘みが強め。なかなか美味しく
 できました。なお、赤ピーマンが入手不可能のためパプリカで代用。
 何方か大蒜の皮むき器を売っているところ、知っていたら教えてくれませんか。

1998年1月18日のカレー
材料
 人参,茄子,赤ピーマン,玉葱,韮,大蒜,大蒜芽,シメジ,まいたけ,なめこ,エンリギィ
 トマト,長芋,鷹の爪,牛もも肉角切り,剥きエビ,帆立貝,(六甲のおいしい水)
調味料(?)
 四川豆板醤,XO醤,ミックスフルーツチャツネ
辛さレベル
 
調理時間
 2時間(圧力掛け30分,圧力蒸らし10分)
考察
 材料を少し変化させてみました。エンリギィは最近有名になって近くのスーパー
 でも置くようになっています。かつお節を買い忘れたのは痛かった。水を少しだけ
 入れたのですが、圧力なべを開けると結構な量の水分が出ていました。野菜の水分
 だけで作れるようになると良いのですが。大きめのエビを使ったらいつになく美味
 くなりました。

1998年2月27日のカレー
材料
 人参,茄子,赤ピーマン,玉葱,韮,大蒜,大蒜芽,シメジ,まいたけ,なめこ茸,エンリギィ
 トマト,長芋,鷹の爪,牛もも肉角切り,帆立貝柱,剥きエビ
調味料(?)
 かつお削り節,四川豆板醤,蒜蓉豆鼓醤,XO醤,ミックスフルーツチャツネ
辛さレベル
 20
調理時間
 2時間(圧力掛け35分,圧力蒸らし10分)
考察
 失敗したかな、ちょっと水が多かったようで、なんか辛さが落ち着きません。
 なめこ茸はいつものビニール袋入りではなく、栽培されたベースに生えた状態の
 ものです(シメジはこのタイプが多い)。なんかもう茸だらけです。

1998年3月26日のカレー
材料
 人参,茄子,赤ピーマン,玉葱,韮,プチ大蒜,大蒜芽,シメジ,まいたけ,マッシュルーム
 トマト,長芋,鷹の爪,牛もも肉角切り,帆立貝柱,剥きエビ
調味料(?)
 かつお削り節,四川豆板醤,蒜蓉豆鼓醤,XO醤,ミックスフルーツチャツネ
辛さレベル
 25
調理時間
 2時間(圧力掛け30分,圧力蒸らし15分)
考察
 大蒜に比べプチニンニクは皮が剥きやすく扱いが楽です。茸を多少変えてみましたが
 味に影響は無いようです。剥きエビ大きな海老の方が固くならず美味しいです。
 相変わらず赤ピーマンは高価でいけません。どこかで安く売ってないでしょうか。
 

1998年5月21日のカレー
材料
 人参,茄子,赤ピーマン,玉葱,韮,大蒜,大蒜芽,アスパラガス,シメジ,まいたけ,なめこ
 トマト,長芋,牛もも肉角切り,帆立貝柱,剥きエビ,白キクラゲ,(六甲のおいしい水)
調味料(?)
 かつお削り節,四川豆板醤,XO醤,ミックスフルーツチャツネ
辛さレベル
 20
調理時間
 2時間50分(圧力掛け30分,圧力蒸らし15分)
考察
 素材を少し変えてみました。今回の特徴は極端に水を少なくしたこと。ほぼ全て
 の水分が素材から出たものです。このため最初から弱火で処理したので、時間が
 いつもより長めに掛かっています。
 水分が原因か、材料構成か?不思議なうまみがあります。今までのカレーと違う
 感じがします。美味しいのですが、なにか違うものを作ってしまったような・・・。
 


好きなカレー専門店

 その昔、大阪地下鉄堺筋本町の駅の近くに「はち」という専門店がありました。
そこのメニューは「カレー」と「カレー大盛り」だけ、でも普通が他の店の大
盛りなみ、大盛りはその2倍の量でした。その上カレールーは掛けほうだい。
「大盛りを喰った後は仕事にならない」と言っていました。もちろん十分辛口、
なじみの客は、汗をかきながら、時には涙を流しながら食べていました。でも
9年くらい前におばちゃんが体調を崩したとかで閉店してしまいました。復活
したら、また食べたいのになぁ。

 最近よく行くのは、日本橋のデンキカレー商會で、おすすめはデンキカレー、
皿の真ん中に稲妻形(?)のご飯で堤防を作り両側に2種類のカレールーを配置し
ます。温泉卵がアクセントで結構いけます。トンカツがのったデラックスもあり
ますが、ちょっと値段が高め、でも毎週食べに行ってます。

 たまに辛さを自慢するカレー専門店に行くことがあるのですが、確かに辛いが
旨いカレーがない。辛くて旨いカレーを食べさせてくれる店があるなら教えてく
ださい。ちなみに梅田地下のあの20倍カレーはタバスコ味でちっともおいしく
ありません。あんなもの売るんじゃねぇ。たいした辛さでもないし。

お勧めのカレー専門をご存じの方ぜひ教えてください。連絡を待っております。


return 戻る